MESSAGE FOR YOUR OWN WAY

BE AMBITIOUS

「大志を抱け」

01. ヒゲ脱毛は睡眠時間を確保するための「投資」だ

私は研修医として働いています。医者の仕事は小さい頃からの夢です。しかし、実際に働いてみると、想像と違うことも多くあります。当直の際には夜間に呼び出しがあることは当たり前。その場合、すぐに飛び起きて治療に向かわないといけません。そういった激務をこなす生活で何よりも惜しいのが「時間」です。自分の健康維持のために1分1秒でも多く寝たい。しかし、貴重な睡眠の時間をヒゲを剃るという行為が遮ります。普段の仕事や休日などにはヒゲ剃りが必要ですし、この作業のために5分くらい余計にかかってしまいます。身支度にかかる時間を減らし、少しでも睡眠時間を長くすることが重要でした。医者は身体が資本ですし、睡眠時間の確保は最重要です。私にとってヒゲ脱毛は自分に対する「投資」でした。ヒゲ脱毛を受けてみると、予想通りこれまでのヒゲ剃りの煩わしさから解放されました。

病院内はマスク着用が基本。だからといって、身だしなみに気を抜くことはできません。マスクをしていても頬やもみあげ周辺などの横顔は隠すことができず、ヒゲが残っていても患者さんや上司から文句を言われるわけではありません。私はヒヒゲが中途半端に残っていると患者さんたちから「清潔感がない」と思われるのも嫌ですし、マスク内で生じるヒゲと繊維の摩擦も大きなストレスです。

また、食事のタイミングなどマスクを外すシーンは0ではありません。そんな時、ヒゲが残っていたとしても同僚たちは「研修医だし忙しいんだな」と思ってくれると思いますが、私は忙しさを理由にヒゲがある状態、青ヒゲ姿を見せるのはどうしても嫌でした。ヒゲ脱毛によって、そういった余計なストレスを感じなくなったのも大きいですね。

02.決断は、とことん合理的に

ヒゲ脱毛を考えるとき、大きくわけて「エステかクリニックか」という2つの選択肢が立ちはだかると思います。しかし、私の場合は一瞬たりとも悩むことはありませんでした。断然、クリニック一択です。というのも、クリニックなら万が一トラブルが起きたときにもちゃんと対応してくれるだろうと思ったからです。

もちろん、トラブルは滅多には起きないと思います。しかし、私は肌が弱く、荒れやすい体質です。これまでも深くヒゲを剃ろうとすると、カミソリ負けをし、それが原因でニキビがよくできていました。自分の肌が強くない分、万が一のリスクには対処しておこうと思いました。

その点、例えばエステに行って肌が荒れた場合には、皮膚科に行かないといけません。その行動には時間とお金がかかってしまいます。時間が惜しい私にとっては、それはどうしても避けたい。しかし、医療脱毛ならクリニックが施術をしてくれるわけですし、何かトラブルが起きても迅速に対応してくれると思いました。クリニックなら、余計な時間や予想外の出費もかかりづらい。加えて、実際に施術を受ける前には「ヒゲ脱毛の痛みがどれほどのものか」が正直よくわかりませんでした。すると、実際に使うかどうかは別として「医療麻酔」という選択肢も残しておきたかった。こういった判断の結果、クリニック一択になりました。

クリニックで医療脱毛をすることはすぐに決まりました。次に決めないといけないのが「どのクリニックで受けるか」ということ。医療脱毛を行っているクリニックはたくさんあります。数あるクリニックのなかで私がゴリラクリニックを選んだのは「コストパフォーマンス」からでした。正直な話、3回や5回分の費用で比べるとゴリラクリニックは割高です。一方で、ゴリラクリニックは他の多くのクリニックと違い、ヒゲ脱毛6回終了後は3年間追加料金100円で施術を受けることができます。ここに惹かれました。「自分のヒゲ脱毛が何回で完了するか」は、実際にやってみないとわかりません。5回で満足できるかもしれませんが、体質によっては15回してもヒゲが残っている可能性だってある。私のヒゲはものすごく濃いわけではありませんが、意外と回数を重ねないといけないかもしれない。そういった可能性を考慮しておきたいと思いました。その点、少ない回数であれば他院のほうがお得ですが、ゴリラクリニックは回数を重ねていったとき1回あたりの費用は実質的に安くなる。また、金額面に加え、「決まった回数内で終わるか」をいちいち心配する必要がないことも魅力的でした。

03.患者に「運動は大事です」と言いながら、不摂生な生活を送る医者にはなるな

ヒゲ脱毛後、思わぬ副産物がありました。初対面の人からも「肌がキレイですね」と言われるようになったのです。事実、肌荒れも少なくなりました。これまでカミソリ負けが原因で肌荒れすることもあったので、ヒゲ剃りの機会が激減したことが、理由の一つでしょう。

そして、スキンケアに対する意識が高くなったことも大きく影響していると思います。以前は、必要だとはわかっていても化粧水やクリームなどのスキンケアを怠っていました。友達からは「え、お医者さんなのに?」と言われたこともありますが、まあ患者さんには「運動は大事です」と言いながら、自分は運動不足のお医者さんもいますよね(笑)。同じように頭ではわかっていましたが、スキンケアを怠っている時期が長く続いていました。

ヒゲ脱毛を始めてからはスキンケアを真面目にやるようになりました。ゴリラクリニックのスタッフの方から保湿の重要性を何度も説明してもらいましたし、日焼けすると脱毛の効果も落ちるとも聞きました。せっかく受けたヒゲ脱毛の効果を落とさないためにも、そしてもっと効率を上げるためにも、化粧水と保湿クリームを使っています。外出する際は日焼け止めクリームも欠かさず塗るようになり、保湿を意識し、そして日焼けや乾燥を防ぐことでお肌の調子も良くなっています。

 

LAST MESSAGE

私が小さい頃、祖父が脳梗塞を患い、懸命にリハビリしている姿をよく見ていました。そして「世界のスーパードクター」を特集する番組が好きで見ていたこともあり、小さい頃から脳外科の医者になるという夢を持ち続けていました。この科は急患も多く、そしてかなり忙しい現場です。それでもこの道に進んで、一人でも多くの人を救いたいと思っています。私の想いは、「Be Ambitious」。北海道に住んでいることもあり、クラーク博士の「Boys be ambitious」から取りました。クラーク博士の言葉が今の自分にもピッタリ合っていると思い選びました。

思えば、ヒゲ脱毛も将来を見据えた行動です。今後、脳外科医としてやっていくなかで、身近なストレスや睡眠を妨害するような存在は消しておきたかった。ヒゲ脱毛も後半に差し掛かり、ヒゲのストレスからもうすぐ解放されます。自分の大志を叶えるために、これからも邁進していきたいと思っています。

  • SPECIAL
    CONTENTS




ⒸGORILLA CLINIC