ニキビ跡の症状について

ニキビ跡と一括りにいっても、「赤み、凹み・クレーター、色素沈着」と、大きく3種類に分けることができます。またニキビ跡は症状によって治療法が異なります。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類は肌の状態により異なり、「赤み、凹み・クレーター、色素沈着」と自身で判断することも可能です。ニキビ跡に似た症状で、しこりやケロイドといった症状もあるため、不安な方は一度医師の診断を行うことをお勧めします。

ニキビ跡の原因

ニキビ跡は、ニキビが発生することにより、いずれかの症状がニキビ跡として残ってしまいますが、そもそもニキビの原因は皮脂腺です。ニキビ跡はニキビの発生を防ぐことによって抑止することができます。しかし一度ニキビができてしまうとニキビ跡を作ってしまうリスクが伴うので注意が必要です。

  • 赤み跡の原因

    赤み跡の原因

    炎症ニキビの状態が続くと、毛細血管が集中的に集まり、赤く見えるようになります。この時、毛細血管に損傷などがあった場合は血液が酸化してしまうため、赤紫のニキビ跡になる場合があります。

  • 色素沈着の原因

    色素沈着の原因

    色素沈着のニキビ跡は茶色く、メラニンが原因のニキビ跡です。ニキビの発生によってメラサイトが刺激された際にメラニンが大量に生成されるため、ニキビ跡としてシミのように残る場合があります。

  • 凹み・クレーター跡の原因

    凹み・クレーター跡の原因

    ニキビを潰してしまったり、毛穴周辺の肌組織が破壊された場合に、目立つ凹み・クレーターを形成してしまいます。一度破壊された肌組織が完璧に元に戻ることが難しい場合が多いです。

ニキビ跡を改善するには?

残念ながら、ニキビ跡をセルフケアや一般皮膚科で改善することは難しいです。色素沈着や、ニキビ跡の赤みは、肌のターンオーバーが自然に繰り返されたり、セルフケアによって徐々に薄くなることはありますが、凹み・クレーター跡についてはセルフケア等では改善することができません。
ニキビ跡は皮膚の真皮層にまで影響している場合が多く、その場合レーザー治療や、光治療などといった機器の使用ができる医療機関での治療が必要です。
当院では、赤み跡にはジェネシスと呼ばれるレーザー機器を、凹み・クレーター跡にはダーマペン4を使用したニキビ跡治療を提供しております。

  • お電話でのご予約・ご相談
  • 0120-987-118診療時間11:00〜20:00