Skincare

男性の日焼け・紫外線対策(UVケア)に関する意識調査2018

2018年5月16日~18日の3日間
20~50代男性328名を対象
夏場のメンズスキンケア事情/男性の日焼け・紫外線対策(UVケア)に関する意識調査(インターネット調査)

海水浴や花火大会、旅行、野外イベントなど、太陽の下で過ごすことの多くなる夏。そこで気になるのが「日焼け(対策)」です。
肌老化を引き起こす原因の大半が紫外線によるものと言われています。また、紫外線は美肌にとって有害なだけでなく、皮膚がんに代表される皮膚腫瘍のリスクを高めることでも広く知られています。

昨今では美容男子やジェンダーレス男子などの言葉が飛び交い、メディアにおいても「肌男(はだお)」という言葉を耳にするなど、一般男性によるスキンケアが習慣化しています。近年「綺麗な肌でいたい」と望む男性が増えている中で、この紫外線の強い夏に男性たちは、どのような美肌対策を行なっているのか、その実態を調査しました。

【紫外線対策(UVケア)】
男性の半数以上が「全くしない・無関心(53.0%)」と回答
常にUVケアをしている男性は、僅か5.5%
男性の半数以上が「紫外線対策は美肌に必須」だと知りながら、UVケアをしていない

する派  46.9%
・常にする 5.5%【20代 4.9%、30代 8.5%、40代 4.9%、50代 3.7%】
・たまにする 14.9%【20代17.1%、30代14.6%、40代14.6%、50代13.4%】
・必要な時だけする 26.5%【20代25.6%、30代23.2%、40代34.1%、50代23.2%】

しない派  53.1%
・まったくしない・無関心 53.1%【20代52.4%、30代53.7%、40代46.3%、50代59.8%】

「日焼けをしたくない男性」は、全体の約4割(36.3%)と判明
「日焼けをしたい(26.2%)」と考える男性よりも、「日焼けしたくない(36.3%)」男性が上回る

日焼けしたくない派 36.3%
日焼けしたい派 26.2%
無関心  37.5%

調査の結果、男性の半数以上が紫外線対策(UVケア)を「全くしない・無関心(53.1%)」と回答。常にUVケアをしている男性は、僅か5.5%ということが判明しました。

半数以上が紫外線対策をしていない中、調査した男性全体の約4割(36.3%)は「日焼けをしたくない男性」と回答。日焼けをしたくない理由としては、第1位が「シミやしわ、肌荒れの原因となるから(58.0%)」という結果でした。

今回の調査結果では、「紫外線対策は美肌に必須」だと知りながら、UVケアをしていない男性が半数以上存在することが判明しました。この結果を見て、男性美容市場に「紫外線対策」の啓蒙の必要性と更なる市場拡大の可能性を見ることができました。

その他調査結果

上記内容は、ゴリラクリニック独自の調査結果に基づきます。
調査データ提供のご相談やご質問はお問合せフォームをご利用ください。

お問い合わせ先 ゴリラクリニック 広報部 pr@gorilla.clinic 03-5291-5270
特別インタビュー・自分だけの男らしさを選ぼう特別インタビュー・自分だけの男らしさを選ぼう
お電話でのご予約・ご相談
はじめてご来院の方 0120-987-118
Appointment ご予約・ご相談

当日・翌日分のご予約はお電話でご連絡ください。
受付時間:11時-20時

ご予約・ご相談フォーム
お電話でのご予約はこちら