たるみの症状について

たるみは、紫外線・刺激・コラーゲン減退など様々な要因がありますが、それらが筋膜のゆるみを引き起こすことで、たるみが発生します。

たるみ引き起こす根本の原因

  • たるみ引き起こす根本の原因
  • たるみを引き起こす大きな原因は、「筋膜のゆるみ」です。肌内部のそれぞれの層が紫外線やコラーゲンの減退・筋力低下などで、ゆるんでいくことでほうれい線や二重アゴ・フェイスラインの消失が引き起こされます。主に脂肪層と筋層の間にあるSMAS層のゆるみが影響していると言われ、このSMAS層に直接アプローチすることがたるみを根本解消する手段の1つになります。

たるみを引き起こす様々な要因

たるみの根本原因である筋膜のゆるみを引き起こす要因は、大きく分けて外的要因と内的要因の2つがあります。 外的要因は主に紫外線と乾燥で、紫外線は、真皮にダメージを与え、肌にハリを与える役割を果たしているコラーゲンやエラスチンなどを破壊します。また、乾燥もターンオーバーやバリア機能の低下へつながりハリが失われる原因です。 その他にも、睡眠不足や栄養バランスの乱れ・喫煙などの生活習慣もたるみを引き起こす要因です。睡眠の質の低下や栄養の偏りは新陳代謝を滞らせ、喫煙は大量の活性酸素でコラーゲンの生成に必要なビタミンCを破壊します。

たるみを改善するには?

たるみを改善するには、当院での高密度焦点式超音波治療などによりSMAS層を引き上げつつ、普段からの紫外線ケアや生活習慣を見直すことが大切です。

  • お電話でのご予約・ご相談
  • 0120-987-118診療時間11:00〜20:00