0120-987-118

診療時間:11:00~20:00

医療レーザー脱毛って何?脱毛が初心者の方でも分かりやすく医療レーザー脱毛について解説

2022/05/13

脱毛には医療脱毛、医療レーザー脱毛、エステ脱毛、光脱毛、フラッシュ脱毛などさまざまな種類や呼び名があります。
脱毛初心者ならば混乱してしまうかもしれません。
今回は「医療レーザー脱毛」の仕組みや他の脱毛方法との違い、脱毛機器の種類について分かりやすく解説します。

1. 医療レーザー脱毛について

shutterstock_1691188564

医療脱毛は医療機関で行われる脱毛を指します。

 

主な医療脱毛には医療用レーザーを利用した「医療レーザー脱毛」と毛穴に針を刺し電気を流す「医療ニードル脱毛(絶縁針脱毛)」があり、医療脱毛のなかでも一般的なのが「医療レーザー脱毛」です。

 

医療レーザー脱毛に用いられる機器には様々な種類がありますが、いずれも医療機関でしか取り扱うことができません。

 

医療機関の定義は、医療法で規定された医療行為を提供する施設です。

 

また、医療行為を行えるのは、医師の資格を有する者や医師の指示を受けた看護師等に限られています。

 

つまり、医療レーザー脱毛は、医療機関で医療従事者が医療行為として行う医療用レーザー脱毛器を使った脱毛です。

1308_300_7

2. 医療レーザー脱毛の仕組みについて

shutterstock_1493890397

医療レーザー脱毛の仕組みについてご説明します。

 

医療レーザー脱毛器の照射口から放出されるレーザーは、メラニン色素などの黒色に吸収される 性質を持っている為、黒い毛に反応します。

 

反応した毛に高温の熱を発生させ、毛を導火線の様につたい、毛根部分の「毛乳頭」や毛包の浅い位置にあるバルジ領域の「毛幹細胞」と呼ばれる細胞を破壊します。

 

毛乳頭は毛を新たに作る役割、毛幹細胞は毛を生やす指令を出す役割を担っているため、毛乳頭や毛幹細胞が破壊されると新たな毛が生えてこなくなります。

 

これが、医療レーザー脱毛の仕組みです。

1308_300_7

3. 医療レーザー脱毛と非医療脱毛の違いについて

shutterstock_1751856569

脱毛には「医療脱毛」の 他にも、エステの光脱毛やニードル脱毛、家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛などの「非医療脱毛」があります。

 

医療レーザー脱毛と非医療脱毛の違いをシンプルにお伝えすると、新たな毛を作る毛乳頭や毛幹細胞を破壊することが可能か否かです。

 

医療レーザー脱毛で使用するレーザーのパワーは強く、毛乳頭や毛幹細胞を破壊する事ができるため「永久脱毛」効果が得られます。

 

非医療脱毛を行うためには資格は不要です。無資格者には医療行為、つまり毛乳頭や毛幹細胞を破壊する行為が禁止されています。

 

必然的に医療脱毛に比べ脱毛器のパワーを落とさざるを得ません。

 

非医療脱毛の弱いパワーで毛乳頭やバルジ領域・毛幹細胞にダメージを蓄積させていくことで得られる効果は、発毛を減らしていく一時的な脱毛、減毛です。

 

医療レーザー脱毛はパワーが強いぶん痛みも強く、火傷などの肌トラブルのリスクもあります。ただし、痛みや肌トラブルのリスクは非医療脱毛にもあります。



大きな違いは、医療脱毛であれば痛みに対し麻酔が使えることと、万が一肌トラブルが発生した際にも施術を受けた機関で医師による診察や適切な処置を直ちに受けられることでしょう。 

1308_300_7

4. 医療レーザー脱毛の機械の種類

shutterstock_1923794252

医療レーザー脱毛の機械は、大きく分類すると2種類あります。

 

・熱破壊式

・蓄熱式

 

熱破壊式と蓄熱式で、どのような違いがあるのかをご案内します。

熱破壊式

熱破壊式は250℃程の熱で毛乳頭を破壊するため、永久脱毛効果を得ることができます。

 

250℃程の熱が毛の周囲にある皮膚にも伝わると、瞬間的な痛みを感じます。

 

照射後は、10日~3週間ほどで、反応した毛がポロポロと抜けていきます。

 

蓄熱式と比べ、効果が早くわかりやすい方法です。

蓄熱式

蓄熱式は65℃程の熱で、毛乳頭に毛を生やす指令を促す毛幹細胞へ熱を与えます。

 

同時に、毛乳頭へも熱を与える事が可能です。

 

65℃程度の熱が繰り返し皮膚に伝わると、熱くチクチクしたような痛みを感じます。

 

照射後、約1カ月経つと毛が減っていきます。

 

「熱破壊式」に比べ、効果が実感できるまでに時間がかかるのは、主なターゲットが毛幹細胞で、これから生えてくる毛へのアプローチとなるためです。

1308_300_7

5. まとめ

shutterstock_1396125254

・医療レーザー脱毛ができるのは、医療機関のみ

 

・医療レーザー脱毛は、毛を生やす「毛乳頭」や発毛指令を出す「毛幹細胞」を破壊でき、永久脱毛効果が得られる。

 

・非医療脱毛は「毛乳頭」や「毛幹細胞」にダメージを与え、減毛効果を得る方法

 

・医療レーザー脱毛では、痛みに対して麻酔が使用できる

 

・医療レーザー脱毛では、肌トラブルがあった際も速やかな診察と適切な処置が可能

 

・医療レーザー脱毛機には、大きく「熱破壊式」と「蓄熱式」の2種類がある

 

もう少し詳しく知りたい方は、無料カウンセリングに是非お越しください。

ゴリラクリニックは永久脱毛ができます

ゴリラクリニックは永久脱毛ができる男性専門の医療美容クリニックです。

 -ゴリラクリニックの特徴-

 

  • 男性専門の医療美容クリニック
  • 医療レーザー脱毛機を使用した永久脱毛が可能
  • 無料カウンセリングを実施

 

ゴリラクリニックで永久脱毛が叶うのは、医療機関として医療脱毛を扱っているから。メンズエステと異なり、医師が常駐する

医療機関だからこそ、脱毛効果の高い医療用機器を使用し、医療行為としての脱毛施術をすることができるのです。

 

ゴリラクリニックは男性専用のクリニックです。

骨格・肌質・毛髪量など男性と女性の異なる部分を考慮して、男性向けに最適化されたメニューをご提供。

 

また、ご来院いただく患者様は男性に限定させていただいております。

女性スタッフは在籍していますが、看護師の約30%は男性で、VIO脱毛は必ず男性看護師が担当いたします。

 

ご相談を希望される方は無料カウンセリングをご利用ください。カウンセリングでは医師が診察を行い、永久脱毛の方法やメ

リット・デメリットについて説明し、適切な治療を提案いたします。永久脱毛と一時的な減毛、どちらがご希望に合っているか

お悩みの方も、お気軽にご相談ください。

ゴリラクリニック総院長稲見文彦医師画像

ゴリラクリニック総院長 稲見 文彦

経歴

2000年
東邦大学医学部卒業
東邦大学形成外科学教室入局
2003年
大手美容形成外科入職
2008年
京都分院長に就任
2015年
ゴリラクリニック総院長就任

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会(JSAPS)

本当に患者様のためになることなのか、患者様にご満足頂くために、自分でできることは何なのか、それだけを考えて行動しなさい。

ゴリラクリニックスタッフの規則の第一項目です。

医療機関としての誠実さ、院内の清潔感はもちろんのこと、美容を謳う者として、よりスタイリッシュで洗練されたサービスを提供するクリニックでありたいと努力しています。患者様に愛されるクリニックを目指して、マニュアルではない、ひとりひとりの患者様に合った最適な治療法とサービスを考えていきます。