HARG療法の特徴や注意点について徹底解説

Knowledge

HARG療法の特徴や
注意点について徹底解説

HARG療法は近年注目されているAGA治療の1つです。
本記事では当院の医師がHARG療法の特徴や注意点などについて解説いたします。

この記事の執筆医師この記事の執筆医師

この記事の執筆医師

ゴリラクリニック総院長
稲見 文彦

1.HARG療法とは

HARG療法とはHARG療法とは
チェックポイント

150種類以上の成長因子を
頭皮に直接注入する
AGA治療法です。

150種類以上の成長因子
を頭皮に直接注入する
AGA治療法です。

HARG療法とは「毛髪再生治療」と称されるAGA治療法です。AAPEと呼ばれるヒト由来のタンパク質を頭皮に直接注入します。
このAAPEには150種類以上の成長因子を含んでいるため、これを頭皮に注入することによって毛母細胞を活性化させ、その結果として発毛がもたらされるというメカニズムが報告されています。

HARG療法によって期待できる主な作用は以下の通りです。

  • ■ 血管拡張作用による毛母細胞への栄養供給増加
  • ■ サイトカイン*1の放出
  • ■ 150種類以上の成長因子が休止期の毛包を成長期へ導く
  • ■ 髪質改善(ケラチノサイト*2の増殖)

*1 細胞の再生や増殖など、様々な作用を持つ低分子タンパク質
*2 毛の構造の主体となる細胞

HARG療法は近年注目されている治療法であり、当院でも改善が認められた症例を多く経験しています。しかしながら作用についてはまだ未解明な部分もあります。

HARG療法とは HARG療法とは

2.HARG療法の特徴

HARG療法には大きく3つの特徴があります。
それぞれについて解説していきます。

2-1.AAPEを使用

AAPEを使用AAPEを使用
チェックポイント

頭髮の成長に影響を与える
成長因子が150種類以上
含まれています。

頭髮の成長に影響を与え
る成長因子が150種類以
上含まれています。

HARG療法はAAPEという生体(ヒト由来)タンパク質を頭皮に注入することで、発毛効果を期待する治療法です。
このAAPEには150種類以上の成長因子*3を含んでおり、それぞれが頭髪の成長に影響を及ぼすと考えられています。
成長因子以外にもビタミンB、H、C、Eなど毛髪の成長を促進するビタミン剤も含まれています。

*3 PDGF(血小板由来成長因子)、KGF(ケラチノサイト成長因子)、VEGF(血管内皮細胞成長因子)などが含まれています。

2-2.副作用がない

副作用がない副作用がない
チェックポイント

副作用はほぼないと
考えられます。

HARG療法には目立った副作用が報告されておらず、安心して施術を受けていただけます。
ただし、注射器または専門の注射機器によって頭皮に直接注入するため、頭皮に若干の赤みや鈍い痛みが生じる可能性はあります。
赤みは痛みが生じたとしても軽微であり、通常の手技で行う限り感染症などの恐れもないと言ってよいでしょう。

2-3.特定の医療機関でのみ施術が受けられる

特定の医療機関でのみ施術が受けられる特定の医療機関でのみ施術が受けられる
チェックポイント

日本医療毛髪再生研究会に
所属するクリニックでのみ
実施できます。

日本医療毛髪再生研究会
に所属するクリニックで
のみ実施できます。

HARG療法は日本医療毛髪再生研究会に所属するクリニックでのみ受けられる治療であり、どの美容外科・美容皮膚科でも受けられるものではありません。
上記研究会のホームページで治療を行っているクリニックを検索した上で来院されることをお勧めします。
当院は施術施設として日本医療毛髪再生研究会に認定された医療機関です。

3.HARG療法を受ける上での注意点

HARG療法を受けるにあたってご理解いただきたい注意点があります。

3-1.AGAガイドラインでの推奨度は低い

AGAガイドラインでの推奨度は低いAGAガイドラインでの推奨度は低い
チェックポイント

「検証が進んでいない」ため、
推奨度は低く
設定されています。

「検証が進んでいない」
ため、推奨度は低く
設定されています。

HARG療法をはじめとした注入法(メソセラピー)によるAGA治療は皮膚科学会が作成した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」において「行わない方がよい(C2)」とされています。
ただし「効果が無い」「副作用が強い」などの理由から「行わない方がよい」訳ではありません。研究や調査が十分に行われれば近い将来、正式に推奨される可能性を秘めた治療法がこのHARG療法なのです。

HARG療法をはじめとした注入法(メソセラピー)によるAGA治療は皮膚科学会が作成した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」において「行わない方がよい(C2)」とされています。

ただし「効果が無い」「副作用が強い」などの理由から「行わない方がよい」訳ではありません。研究や調査が十分に行われれば近い将来、正式に推奨される可能性を秘めた治療法がこのHARG療法なのです。

3-2.通常の注入方法はかなり痛い

通常の注入方法はかなり痛い通常の注入方法はかなり痛い
チェックポイント

注射器を使用した注入方法は
おすすめできません。

注射器を使用した
注入方法は
おすすめできません。

HARG療法は頭皮に針を刺し薬液を頭皮内に注入します。
注入法は定まったものはなく、各クリニックがさまざまな方法で行なっています。その中でも最も一般的な方法が、注射器を使用するパピュール法と呼ばれるやり方です。しかしこの方法は施術者の技術によって精度にばらつきがあったり、注入時に強い痛みを伴ったりするためあまりおすすめできません。
後ほど説明しますが、当院ではパピュール法ではなくニューラジェットという機器を使用して治療を行っています。

3-3.高コストである

高コストである高コストである
チェックポイント

1回の施術あたり
約10万円が
相場となっています。

各クリニックによって独自の料金体系をとっていますが、1回あたり約10万円程度が必要となる治療です。これを複数回数行っていくため70-120万円が必要です(当院調べ)。
医療分割による支払いに対応しているクリニックも数多くあるため、上手に活用するのが良いでしょう。

3-4.日常生活の制限が出る

日常生活の制限が出る日常生活の制限が出る
チェックポイント

施術後はなるべく頭皮を
安静にしてください。

頭皮に針を刺し薬液を注入するため、通常は若干の出血を認めます。このため施術から1週間程度はパーマやブリーチなどは行うべきではありません。
また当院では洗髪は翌日から可としております。

4.HARG療法の治療期間

HARG療法の治療期間HARG療法の治療期間
チェックポイント

効果を実感するまで
3~6カ月は必要です。

HARG療法は1回の施術で効果を得られる治療法ではありません。3~4週間に1回のペースで注入を行い、治療開始後3~6カ月後に治療効果が実感できるとされています。
その後、年に数回のメンテナンス治療を行うことで発毛状態が維持できると言われています。
フィナステリドやミノキシジルを用いた治療と並行しながら受けるのが良いでしょう。

5.当院のHARG療法の特徴

ここまでHARG療法とはどのような治療法なのかを解説してきました。
それでは当院で行っているHARG療法が他院のそれと何が違うのか、説明していきます。

5-1.「ニューラジェット」を用いた施術

「ニューラジェット」を用いた施術「ニューラジェット」を用いた施術
チェックポイント

痛みや出血を抑えて
注入を行うことができます。

痛みや出血を抑えて注入
を行うことができます。

当院ではニューラジェットという機器を用いてHARG療法を行っています。この機器は薬液の1回注入量や、注入を行う深さなどを正確に設定することが可能です。
このため狙った深さに均一に薬液を注入することができ、また痛みや出血量も非常に少ないレベルに抑えられます。
従来の注入法では施術者の技術レベルが結果を左右するリスクがありましたが、当院のニューラジェットを用いた方法ではそのリスクはほぼゼロであり、当院のHARG療法の最大の特徴と言ってよいでしょう。

「ニューラジェット」を用いた施術 「ニューラジェット」を用いた施術

5-2.施術範囲に制限がない

施術範囲に制限がない施術範囲に制限がない
チェックポイント

頭皮全体に対して注入を
行っています。

当院のHARG療法は頭皮全体に対して行っており、施術範囲に制限がありません。
クリニックによっては「施術は前頭部のみ」などと制限を設けており、薄毛を気にしている部分全てにHARG療法を受けられない場合もありますは。
患者様の治療希望部位を最優先に考え、気になる部分については重点的に注入を行うことも可能なのが当院のHARG療法の特徴の1つです。

5-3.内服薬・外用薬を併用した総合治療

内服薬・外用薬を併用した総合治療内服薬・外用薬を併用した総合治療
チェックポイント

内服薬・外用薬と合わせた
総合治療を推奨しています。

内服薬・外用薬と
合わせた総合治療を
推奨しています。

HARG療法単独でも効果が認められる、とする報告がある一方で各種注入療法がガイドライン上で推奨度が高くないのも事実です。
そこで当院は推奨度の高いフィナステリドやミノキシジルでのAGA治療を行いながら、HARG療法をすることで効果が最大化されると考えています。
つまり、内服薬・外用薬・注入療法のコンビネーション治療を行うことが大切です。

6.当院のHARG療法の価格

当院ではHARG療法を1回トライアルとして88000円でご提供しております。痛みの有無などを確認していただくのに有用だと思います。
ぜひご検討ください。

初回 ¥88,000
2回目以降

1回あたり¥99,000(12回コース)

※税込料金

この記事の執筆医師

ゴリラクリニック総院長 稲見 文彦

・経歴
2000年 東邦大学医学部卒業
東邦大学形成学科学科学教室入局
2003年 大手美容形成外科入職
2008年 同京都分院長に就任
2015年 ゴリラクリニック総院長就任
・所属学会
日本形成外科学会
日本美容外科学会(JSAPS)
美容皮膚科学会

<参考文献>
□日本医療毛髪再生研究会
http://www.jp-harg.jp/

□桜花クリニック
https://www.harg.org/

□男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

□雑誌「形成外科」第56巻増刊号149-154頁2013年「サイトカインを利用した治療法脂肪由来幹細胞分泌蛋白を用いて」

  • お電話でのご予約・ご相談
  • 0120-987-118診療時間11:00〜20:00

無料カウンセリング