【医師が執筆】デュタステリドを用いたAGA治療とは? 【医師が執筆】デュタステリドを用いたAGA治療とは?

【医師が執筆】デュタステリドを用いたAGA治療とは?

Knowledge

【医師執筆】デュタステリドを用いた
AGA治療とは?

デュタステリドについて徹底解説

デュタステリドについて徹底解説

この記事の執筆医師

ゴリラクリニック総院長 稲見 文彦

・経歴
2000年 東邦大学医学部卒業
東邦大学形成学科学科学教室入局
2003年 大手美容形成外科入職
2008年 同京都分院長に就任
2015年 ゴリラクリニック総院長就任
・所属学会
日本形成外科学会
日本美容外科学会(JSAPS)
美容皮膚科学会

1.デュタステリドとはどのような薬か

男性型脱毛症の治療薬として最もよく知られているのがフィナステリドです。代表的なフィナステリド製剤のひとつが「プロペシア®」で、頭髪に悩む男性であれば一度は見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。
デュタステリドもフィナステリド同様、男性型脱毛症の治療薬としてよく用いられる薬剤で、代表的なデュタステリド製剤に「ザガーロ®」や「アボルブ®」があります。

フィナステリドやデュタステリドは医学的には「5α還元酵素阻害薬」に分類されます。5α還元酵素はテストステロン(男性ホルモン)をDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させる作用があり、DHTが増加すると抜け毛が進行すると考えられています。「5α還元酵素阻害薬」は、テストステロンがDHTに変化するのを阻害する効果があります。この5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型が存在しており、フィナステリドはこのⅡ型を阻害することによって効果をもたらします。

一方デュタステリドはⅠ型とⅡ型の双方を阻害する薬剤で、フィナステリドと同じく「行うよう強く勧める」と「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」において最高の推奨度で評価されています。

デュタステリドには「ザガーロ®」や「アボルブ®」の他にも様々なジェネリック薬が存在します。基本的な薬理作用には差がないとされているので、医師と相談の上でどの薬剤にするか選択するのがよいでしょう。

2.デュタステリドとフィナステリドの違い

フィナステリドとデュタステリドを比較した研究によると、デュタステリドの方がフィナステリドに比べ毛髪数と毛の太さにおいて優れた結果をもたらすと言われています。
一方、その差はわずかであり、両者に差はないとする意見もあります。「デュタステリドが5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の双方を阻害するからデュタステリドの方が強力なのだ」と主張する医師監修記事を目にしますが、そこまで断定できるほどはっきり解明されている訳ではございません。

3.デュタステリドの効果は

デュタステリドの効果はフィナステリドと同様、DHTの発生を阻害し抜け毛を減らすとともにヘアサイクルを正常化することでAGAの進行を食い止めるものです。

毛髪数の変化を調べた研究によると、フィナステリドを半年間服用した群では毛髪量が57本増加したのに対し、デュタステリド0.5mgを服用した群は約1.6倍の90本の増加を認めたと報告しています。このデータだけでデュタステリドの方が優れているとは言えませんが、少なくともAGA治療において「行うよう強く勧める」理由がお分かりいただけると思います。

4.デュタステリドは体内に長く留まる

フィナステリドとデュタステリドの最大の違いは、血中半減期が大きく異なるという点です。分かりやすく言い換えると、デュタステリドの方が体内に長期間留まり作用を及ぼします。
具体的に示すと、フィナステリドの血中半減期は6-8時間程度なのに対し、デュタステリドのそれは約4週間と非常に長いのが特徴です。

この特徴を利用し「デュタステリドを数日に1回だけ服用してもAGAの治療効果が得られる」とする意見をネットなどで散見します。半減期を考慮すると一理あるとも考えられますが、医学的エビデンスに欠ける方法であるため自己判断で行うことはお勧めできません。

5.デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用はフィナステリドとほぼ同じと考えてよいでしょう。ただし性機能障害(性欲減退、勃起不全、精子量減少など)についてはフィナステリドと比べ、やや頻度が高い印象があります。
またフィナステリド同様、肝機能障害が生じる恐れがあります。血液検査を定期的に行い、肝機能をチェックすべきと考えられます。
腫瘍マーカーの一種、PSAを半減させる性質があるのはフィナステリドと同様です。前立腺がんの健診を受ける方はデュタステリドを内服していることを必ず申告しましょう。

6.デュタステリドの服用方法

デュタステリドもフィナステリドと同様、1日1回決まった時間に内服する薬剤です。
前述の通りデュタステリドの血中半減期は約4週間と非常に長いのが特徴的です。数日おきに服用しても効果がある、とする意見もあるようですがあくまで個人的な考えに基づくものであり推奨はできません。用法用量を守って服用するようにしましょう。

7.デュタステリドの服用期間

デュタステリドもフィナステリドと同じく、効果が実感できるまで6か月程度かかります。治療を開始して日が浅いうちに「効果が感じられないから治療を止める」ことのないように注意しましょう。

デュタステリドも非常に緩やかに効果が出てくる薬剤です。5年目、10年目でも治療効果が感じられる場合があるとされていますので、可能な限り治療を継続することをお勧めします。

8.デュタステリドの入手方法

デュタステリドによるAGA治療は副作用が生じる可能性があります。医師の診察を受けたうえで病院やクリニックで処方してもらうことを強くお勧めします。
インターネットなどで個人輸入薬と称してデュタステリドと思われる薬剤が販売されているようですが、安全性の観点から使用を避けるべきです。

9.デュタステリドの注意点

フィナステリドと同じく女性が服用することはできません。特に妊娠の可能性がある方、妊婦の方が薬を服用、または割れた錠剤に触れることで胎児に影響を及ぼすことが報告されています。
また、副作用として肝機能障害が生じる恐れがあるため、重度の肝機能障害がある場合は服用に際し注意が必要です。併用を注意すべき薬剤(リトナビル®等)もあるため、使用している薬剤がある場合は必ず医師に申告しましょう。

10.当院のデュタステリド治療薬

当院のデュタステリド治療薬

ゴリラクリニックでは「デュタステリドカプセル0.5mg」を処方しています。
AGA治療を始める際、大切なのは「本当にAGAなのか」を診断した上で治療を行うことです。ご家族にAGAの方はいるのか、いつから気にしているのか、などの問診、医師による視診、マイクロスコープによる頭髪診察などから複合的に判断します。
ここでデュタステリドによるAGA治療を始めるべき方を列挙します。

  • ■ 家族や親族にAGAの人がいる
  • ■ 若い頃と比べると額が広くなった気がする
  • ■ 細い毛が抜けるのが目立ってきた
  • ■ ハミルトン分類で中程度のAGAと診断された人
  • ■ 40歳以下でAGAと診断された人
  • ■ フィナステリドを内服していたが効果が不十分だった人

AGAも一般的な病気と一緒で「早期発見、早期治療」が重要です。重症のAGAまで進行した場合、または45歳以上の中高年においては高い治療成績が得られないとする報告があります。
上記に当てはまる方は速やかに医師の診察を受け、デュタステリドによるAGA治療を開始すべきと考えられます。
デュタステリドとフィナステリドは効果において変わらないとする意見もありますが、一方でより効果的であるという説も見られます。フィナステリドで満足できなかった方はデュタステリドを試してみてはいかがでしょうか。

11.当院のデュタステリドの価格

ゴリラクリニックではデュタステリドを初月1ヶ月分を3,980円(税込)で処方しています。
カウンセリング・診察は無料で行っていますので、お気軽にご相談ください。

初月 ¥3,980
2回目以降

月々 ¥7,000(12回コース)

※税込料金

<参考文献>
□ 日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dermatol/127/13/127_2763/_pdf/-char/ja

Gubelin Harcha W, Barboza Martínez J, Tsai TF, et al: A randomized, active- and placebo-controlled study of the efficacy and safety of different doses of dutasteride versus placebo and finasteride in the treatment of male subjects with androgenetic alopecia, J Am Acad Dermatol, 2014; 70: 489―498.(レベル II)

Tsunemi Y, Irisawa R, Yoshiie H, et al: Long-term safety and efficacy of dutasteride in the treatment of male patients with androgenetic alopecia, J Dermatol, 2016; 43: 1051―1058.(レベル III)

PDMA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)https://www.pmda.go.jp/index.html

  • お電話でのご予約・ご相談
  • 0120-987-118診療時間11:00〜20:00

無料カウンセリング