CROSSTALK #01
ゴリラクリニックを
「選ぶ」ということ

入職2年未満の看護師と受付・カウンセラーに部署を跨いで、ゴリラクリニックを選んだ理由について語ってもらいました。

副田看護師

萩原カウンセラー

看護師として、一般病棟ではなく、
美容クリニックを選ぶ理由

萩原

宜しくお願いします。

副田

緊張しますね。宜しくお願いします。

萩原

看護師さんは、色々な地域からゴリラクリニックに転職されている印象がありますが、副田さんのご出身はどちらですか?

副田

僕は千葉県出身ですが、同期のスタッフは北海道から上京した人とかもいますね。確かに遠方から入職する看護師は多いかもしれないです。

萩原

副田さんは、なぜゴリラクリニックを選ばれたんですか?

副田

看護師は、学校を卒業したらほとんどが病棟勤務を選びます。確かに医療現場でやりがいも多いけど、働く人も多いから意外と人間関係が大変なんです。

萩原

白い巨塔やドクターXみたいな?

副田

先生たちは、あるかもしれないですね。僕は「働き方を変えたい」と思ったのが転職の動機かな。プライベートもそうですが、仕事以外でも学びの時間が作れるように、夜勤のない仕事を探したんです。男性看護師を募集しているのも珍しかったし。

カウンセラーとして、新たな挑戦を理由に決めた転職

副田

萩原さんは、何でゴリラクリニックに?

萩原

美容系の学校を卒業してから、化粧品メーカーの百貨店販売員として働いていたんです。接客も美容も好きなんですけど、ちょっと変化が欲しいというか、挑戦したいなって思って。

副田

やったことのない仕事がしたかったってこと?

萩原

そうですね。女性の接客は慣れているんですが、男性を接客するとなると苦手な意識がありました。でも、あえてそこに挑戦することで、スキルの幅を広げることが出来るかな?と思って行動に移したんです。

副田

職場では大人しい女の子ってイメージだったんですが、改めて話してみると、なんだか熱いですね。

驚いたのは男性看護師が多いこと

萩原

副田さんは、看護師としてゴリラクリニックを選ばれてどうでした?働いてみてのギャップなどありますか?

副田

驚いたのは男性看護師が多いことですね。看護師人口でみても男性看護師はまだまだ少ないから、「こんなに集まってくるんだ!」というのが入職して一番驚いたことかもしれません。

萩原

確かに!私も驚きました。しかも美容クリニックだけあって、女性よりも美容に詳しいんですよね。

副田

そうそう。僕なんてズボラだったから色々影響受けましたよ。総師長の並木さんは、身だしなみも礼儀もホスピタリティも完璧で、一番影響を受けたかもしれない。

先輩から学んだことをゴリラクリニックを選んだ後輩へ

副田

萩原さんはギャップがありましたか?

萩原

美容クリニックって一般的には、ゆったりと接客しているイメージだと思うんですが、お問い合わせや患者さまの多さに驚きました。患者さまにはリラックスしていただきたいので、慌てず落ち着いて対応していますが、内心は「わー忙しい!」となってしまっていることも多いです。

副田

確かにカウンセラーさんは、カウンセリング後の電子カルテの登録や会計もありますし、施術メニューも多いから料金とか覚えるの大変そうですね。

萩原

そうです、大変なんですよ。だから先輩カウンセラーって本当に凄いと思います。メニュー改定があっても動じないし、患者さまへの説明も完璧にこなしますし。

副田

萩原さんは、尊敬している先輩がいるんですね?

萩原

はい、リーダーの千葉さんですね。フワっとした雰囲気で後輩にも、いつでも優しいんです。でも、忙しい時や困った時には、明確に指示してくれるのでとても頼もしいです。

副田

僕らも後輩からそう思われるように頑張らないとですね。

萩原

いつの間にか私も先輩になってますからね。大人しい女の子じゃないんですよ(笑)