ゴリラクリニック

男性専門の総合美容クリニック

ゴリラクリニック for MEN

ドクター紹介

謎のマスクマン、東京に現る


”I came back as promised”(約束通り帰ってきた)
男の語る”約束”とは何か 男はどこから帰ってきたのか そして、男はいったい何者なのか 常人離れした力、技、そして強さ まるでその素性を隠すかのような声、謎めいたマスク 風纏うマントに刻印された「ゴリラクリニック」とは。 まだ多くは語れない。 いずれその時が来れば、 彼自身の言葉で語る日が来るだろう 「美しくなければカリスマになれない」 この言葉に、悲しすぎる真実が隠されている

ゴリラクリニック総院長


大手美容形成外科で約11年間、多数の研修医、新人看護師の育成に携わる。丁寧な指導と朗らかな人柄には定評があり、技術力に信頼を寄せるスタッフから、自身の施術の執刀を希望する声も多い。国内で初めてSub-Q(ヒアルロン酸)を用いた豊胸術を行ない、雑誌「形成外科」(第49巻 第12号 2006年)にて、医学論文「Fillerを用いた乳房形成術」を発表、美容医療業界の発展に貢献してきた。美容医療のみならず、医療の基本は「優しさ」と「患者様の言葉に耳を傾けること」を理念とし、患者様の悩みや希望を真摯に受け止め、ひとりひとりにとって最善の治療法を提案している。私生活では二児の父で愛妻家、数少ない“イクメン”美容外科医でもある。

医療機関としての高い技術や安全性、十分な説明や安心感、清潔感はもちろんのこと、美容を謳う者として、よりスタイリッシュで洗練されたサービスを提供するクリニックでありたいと努力しています。患者様に愛されるクリニックを目指して、マニュアルではない、ひとりひとりの患者様に合った最適な治療法とサービスを考えていきます。

経歴

平成12年 東邦大学医学部卒業
東邦大学形成外科学教室入局
平成15年 大手美容形成外科入職
平成20年 京都分院長に就任
平成27年 ゴリラクリニック総院長就任

所属学会

日本形成外科学会、日本美容外科学会(JSAPS)