【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 04】たかだまなみ頑張ってるんですけど!~決して楽じゃないお婿さん採用~

[アイキャッチ]メンヘラ

お世話になっております、株式会社たかだまなみです。

IMG_5589

お婿さんを募集してから早一年。結局この一年どんなことがあったの? ええ、聞きたいですよね! 興味ないけど一応聞いてあげるよという棒読み感満載なアナタにも、耳元でセクシーにささやいてあげます。はぁ~い、おそらく良い報告をそ~ろそろできるのではな~いでしょうかぁ? え? 頭が痛い? セクシー攻撃効いたみたいですね!

お婿さんは自分が決めるのではなく友人で構成される”取締役会”で決定されるため、私にはおそらくとしか言えません。が、きっとお婿さんは私のすぐそばまで来ているはずですよね! うふふ!

しかし盛り上がっている場合ではありません。今回はこの一年に起こった弊社への入社希望者との悲しいエピソードがテーマです。半分悪ふざけで始まった株式会社たかだまなみのお婿さん採用プロジェクトも楽しいことばかりではありませんでした。傷つき、やらなきゃよかったと涙とよだれで枕を濡らした夜もあったのです……。

 

悲しいエピソード①「メンヘラって何?それってただの甘えでしょ?」(35歳男性/不動産会社勤務)

出典:shutterstock

出典:shutterstock

ジョージさん(仮)は爽やかイケメン。大学は中堅ですが、体育会系独特のウェイな雰囲気とノリ、高いコミュニケーション能力で、まぁモテるでしょうね、という感じ。私のことは友人の紹介で面白い娘がいると聞いて一度お食事でも、とコトが進み銀座のダイニングバーで会いました。ジョージさんは私が今自分のウェブページでお婿さんを募集していることを、いかにも興味ありげに聞いてくれました。

しかし

「あのさ、俺メンヘラの意味よくわからないし、俺にはまなみちゃんがメンヘラだとは思えないし、自分をメンヘラメンヘラって言うのは甘えだよ。」

キターーーーーーーーーーっ!!!

体育会系ウェイウェイ人には私のポップで明るいメンヘラの本質が伝わらないのはわかっていました。わかっていたんですよ!

なので彼を責める気持ちなんてありません。メンヘラと黒歴史は私にとってはアイデンティティの一部ですが、彼にとっては異物で異常で気持ち悪さしかないのです。それは生きてきた場所が違うこと以上の意味はありません。

要するに市場(イチバじゃないよ、シジョウだよ)は間違えてはいけないと言う教訓ですね。釣り竿には正しいエサと正しい重りをつけて、海や川、湖どこで釣るのか間違えてはいけないし、私は体育会系の釣り堀にいてはいけなかったのです。

 

悲しいエピソード② 私の価値は20円

出典:shutterstock

出典:shutterstock

私は基本的には気のない方とのデートは割り勘が良いと思っています。おごってもらうと男性は「このあとホテル行こうぜ~」と言いやすくなりますし、カリは作らない方がスッキリできます。とはいえ、とはいえですよ? ヤスシさん(仮)はもう結婚願望汁がダダ漏れの31歳で、面接の店に入るなり

「ここ1本20円の串カツが食べられるんです。最高ですよね。あ、僕の方はもう、結婚の準備、デキてます。まなみさんさえよければ!」

うっ! まじか! 私の価値って20円なのかしら? いや、フレンチをおごれとは言ってないし望んでもいない。そんな表面的なことでヤスシさんを判断してはいけない。けどけど、私は20円の串カツで涙を流して満足する女と思われているに違いない。でなければここでさらりと求婚なんてしないよね! なんか悔しいっ!

その後もやり取りを続けたのですが、彼のドケチ精神にテンションが大幅に下がり、お祈りメールをお送りました。この一件は今でもモヤモヤしています。彼のケチにケチをつけてしまう私の小さい器に……。

今も私のおでこには「弊社の時価総額20円」という透明なシールが貼ってあります。チーン。

 

悲しいエピソード③ 男友達にキモいと言われる

この一年に起こった特徴的な事件といえば、女性からはお婿さん募集してるのスゴいね頑張ってね! と応援してもらえる事が多かったのに対し、意外にも男友達が突然豹変して「お前のSNSはキモい、婿募集とか目障り。」と言われた事です。「本当にその通りですね、私もそう思いますっ!」とオトナな応対でスルーしておきましたよ。ええ、私立派なオトナですもん。ゆるふわっとかわせます。

まぁさすがにSNSにコメントしてくれやがったものは即効削除しましたけどね! でも彼らを怒りたくはありません。だって彼らはかわいそうなんです。私が女でまだ20代だから、なんの武器も持っていなくても恋愛市場、結婚市場で戦うことができる。顔出し実名でちょっと目立つことしたら面白がられて連載だってもらえると言うんです。そういう思いの裏側にはとんでもない心のブラックホールが渦巻いています。抱きしめてあげたくなりますね……。

 

たかだまなみ頑張ってるんですけど。

s_P1270061

まだ悲しいエピソードはちょうど14個あります。引き出しに大切にしまってあるので小出しにしていきますが、こっぴどくフラれたり、私もお付き合いをお断りしたりと私の緑色の体液がドロリと流出した一年でした。

でも、失敗こそ成功への近道! ハイウェイ! 体育会系ウェイウェイ野郎はノーウェイ! 秒速で結婚とはいかなかったですが、地味に痛い傷を増やしながら、今日も胸をしっかり寄せて面接に出かけるのでした。

<続く>

ご質問、ご感想、応援のお言葉等、ぜひお寄せください! お待ちしておりますm(__)m
▶編集部「(株)たかだまなみ係」宛て  gcdig2017@gmail.com

【メンヘラ女による婚活記】他の記事はこちらから

ライター : たかだまなみ

s_たかだまなみ予備2

島根県出身。
1988年生まれのゆとり世代。
何度も恋愛で破滅したスーパーのつくダメ男好き。負のスパイラルから脱し、幸せな家庭を築くことができるのかを自身で実験するため、株式会社たかだまなみを設立。顔出し実名のウェブページで正社員としてお婿さんを募集中。フィリピンのミンダナオ島の孤児院でダメ男に折られた精神を復活させてもらった経験から、学校建設をたくらんでいる。

【関連記事】
【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 01】ムコ募集! 私、結婚したいんです!〜「株式会社たかだまなみ」の会社概要〜
【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 02】胸キュン壁ドンな恋愛したい! 〜「株式会社たかだまなみ」の経緯と仕組み〜
【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 03】童貞さんにも結婚の希望を! 〜DTばかりの会社説明会〜
【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 04】たかだまなみ頑張ってるんですけど!~決して楽じゃないお婿さん採用~
【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 05】メンヘラビッチでも変われるかも!?~フィリピンのミンダナオ島に活路を見出す~
【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 06】たかだまなみミンダナオ島へ行く~メンヘラビッチが孤児から学んだもの~
【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 07】たかだまなみが遂にメンヘラ卒業!? ~ミンダナオ島でみつけたモノ~
【ちょいイタめ★メンヘラ女による婚活記 – 08】帰国後も繰り返される悪夢~普通の恋愛がしたいだけなのに~
【婚活朗報】年収200万台の男性フリーターでも恋愛・結婚できる!? 正社員じゃなくても受け入れてくれる女性のタイプとは

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM