男性専門の総合美容クリニック

ゴリラクリニック for MEN

【返事・常識】脈あり?脈無し?女子に食事を奢ったときにもらう 「お礼メール」について考える

shutterstock_359708687

数字は嘘をつかない──50歳をとうに越え、いまだ年甲斐もなく“現役”を追い続ける永遠の思春期ライター・山田ゴメスが、さまざまなアンケート結果を素材とし、統計学的な見地から“モテ道”を分析する異色連載だ!

ちょっといいな……と前々から想っていた女子と念願のデートにこぎつけることができました。奮発して洒落たレストランでディナーをご馳走しちゃいました。その日はジェントルに深追いせず最寄りの駅まで送り届けました──さて、問題はその後! 相手が抱いたアナタへの率直な印象は? はたして、より親密な関係になれるのか、それとも食い逃げされるのか……彼女からの“お礼メール”が気になるところだ。

 

女子から「お礼メール」が来る確率は約7割?

shutterstock_228545440

というわけで、まずは20〜30代の女性を対象に、こんなアンケート調査を行ってみた。

Q1.男性とのデートでご飯を奢っていただきました。その日別れた後の「お礼メール」は、自主的に送りますか?

ゴリラクリニックdig編集部調べ 20代〜30代女性112人対象

ゴリラクリニックdig編集部調べ 20代〜30代女性112人対象

賢明なる『ゴリラクリニックdig』読者の皆さんもご承知のとおり、もっとも判断に苦しむのが、44.6%の多数を占める「楽しかったらする、また行きたければする」という、いわゆる“浮遊層”である。

まあ、ここはかなり甘めに見積もって「相手が半分の確率で楽しかった、また行きたくなったと感じる」としておこう。となれば、お礼メールをいただける確率は「44.6+22.3=66.9%」。さらに甘めに四捨五入すると約7割。数字的にはかなり高めだが、逆に「このお礼メールが社交辞令である確率はMAX約7割」なる見方もできなくはない。つまり「お礼メールが来たからといって、脈アリと判断するのは早計すぎ?」ということだ。

 

「お礼メール」を送る女性は、会った次の日までに必ず送る!?

とは言え、社交辞令だろうがなんだろうが、お礼メールが届くと思わず「ヨッシャ!」とガッツポーズをしてしまうのが悲しい男の性……反して、来なければ「ああ、カノジョ今、仕事が大変なんだろうな…」などと、つい希望的観測に逃げてしまい、ズルズルと“相手の脈の判断”を先延ばしにしてしまうのも、また同様。では、その「虚しい希望的観測期間」を我々はどのくらい我慢すれば良いのか? 次のアンケートデータをご覧になっていただきたい。

Q2.「する」と答えた人にお聞きします。どのタイミングでメールしますか?

ゴリラクリニックdig編集部調べ 20代〜30代女性112人対象

ゴリラクリニックdig編集部調べ 20代〜30代女性112人対象

「別れてすぐ」も含む「別れて1〜2時間後」以内に「する」と答えた女性が、なんと42.0%! あとチョットだけ猶予を延ばしても、じつに95%の女性が「その日のうちに」と回答。すなわち「彼女と別れたのが夜中0時前後だったので…」と拡大解釈したところで、次の日にはお礼メールが届かなければ、「もう望み薄」と諦めたほうが精神衛生上にも良いのではなかろうか?
それでも、どーにかしたい! 相手が、Q1で「10人に一人弱しかいない」と定義された「自分からは基本的にしない」タイプの女性であることに一縷の期待をかけ、自分からメールするのもミジメではあるけど、「ダメもと」という発想では“ナシ”じゃない。そんなとき、私だったら下記のような文面で攻めてみる。

「先日は楽しかったです。また飲みに行きましょうね(^^)/(+可愛らしいスタンプ)」

コレで返信が来れば、とりあえずはお礼メールをいただいたケースと同じ土俵に立てたことに……。だが、いずれにせよ、重要なのはこの次に我々男側が送る“2番目のメール”なのだ。

 

「また連絡するね〜」という返信は、ほぼアウト?

shutterstock_339157289

もうコレは奇のてらいようもない。

「前から行ってみたかったビストロ(※←は寿司屋でも馬肉屋でもエスニックでも、なんでも可)があるので、今度付き合ってもらっていい?」

と、なるべく具体的なデート場を設定し、それに対して「行きた〜い」という返信が来れば、

「じゃあ、いつくらいにする? 僕、来週の月木以外なら大丈夫ですよ〜」

と、日程を極力限定し、詰めていけばよいのである。

ただ、いざスケジュール調整のやり取りになってくると、いきなり相手のリアクションが鈍くなり、「まだ予定が見えないので、空いている日がわかったら、○○○連絡するね〜」とお茶を濁されたままフェイドアウトされてしまうのも、よくある話……。
「○○○」が「来週までに」などの明確な指定でないかぎり、まだまだ予断は許されないのだ。一番ダメなのは「○○○」が「また」であるパターン。「また連絡するね〜」なんて返信は、残念ながら社交辞令の典型であるからして、まあ“またの連絡”はまずないでしょうな……90%以上の確率で。
そういう段階で悶々としているアナタには、「次行こ、次!」と、あえて非情なアドバイスを贈りたい。

 

ライター : 山田 ゴメス

1962年大阪生まれ B型 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、偏った幅広さを持ち味としながら、阪神タイガースと草野球をこよなく愛し、年間80試合以上に出場するライター&イラストレーター。『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』ほか、著書は覆面のものを含めると30冊を越える。

【関連記事】
【年末デート・イベント】どうする?カウントダウン!ゴリラクリニックdig編集部がお届けする「年末年始の過ごし方」ガイド(前編)
【連休・イベント】年末?正月明け?師走に知り合った女子を次のデートに誘うタイミング

bannwe115

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行く モテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックナイター ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM