【伊賀るり子連載18】デートに使えるおしゃれな激旨カレー店! 銀座「ニューキャッスル」

Print

こんにちは。ライターの伊賀るり子です。夏って暑いのに、なぜかカレーが食べたくなりませんか? 夏グルメの醍醐味は冷やし中華やかき氷だけではなく、ホットでスパイシーなものも沢山ありますよね。食欲のなくなりがちな夏ですが、美味しそうなカレーは食欲をかきたて、夏バテを吹き飛ばしてくれます。

今回は銀座にある本当に美味しいカレーがいただけるお店「ニューキャッスル」をご紹介します!

コーヒーとカライライスの店「ニューキャッスル」

IMG_2863

ニューキャッスルの「カライライス」と呼ばれるカレーは、私が今一番大好きなカレーです。私がニューキャッスルを知ったのは、ランチに行くお店を探しながらふらふらと銀座をさまよっていたときに偶然看板を見つけたことがきっかけでした。「コーヒーとカライライスの店」ということで喫茶店なのかカレー専門店なのか分からなかったのですが、「カライライス」というネーミングが気になって入店してみることに決めました。

IMG_2869

店内に入ってみると、長いカウンターとテーブル席があり、やはりどことなく喫茶店の要素を感じる落ち着いた雰囲気のおしゃれな店内。「ここならデートでも利用できそう」と思いました。

 

Daisuke Moriさん(@mo.daisuke.ri)がシェアした投稿

メニューを見てみると、ルーの味は一種類ということでまさに直球勝負。ずらりと並ぶ京浜東北線の駅名は、大盛り・普通・小盛りなどのサイズを表しています。サイズ展開は、川崎(大盛り)・つん蒲(普通)・蒲田(普通よりちょっと少ない)・大森(小盛り)・大井(少ない)・品川(かなり少ない)ということで、沢山食べる男性と少食の女性がデートに行ってもお互い丁度良い量が食べられそうです。

「このメニューはデートで盛り上がりそうだな~」と思っていると、ちょうど隣にいたカップルがこんな会話をしていました。

女性「私はおおもりでお願いします」
男性「え!? 大盛りイケるの!?」
女性「大盛りじゃなくて大森だよ~笑」

小盛りにも関わらず「大森」と注文することになるので、ちゃんと伝わってるか不安になりますが、なんだか注文の段階からドキドキして楽しいですよね。駅名で注文するって、なんてユニークな発想なのでしょうか。

おしゃれな店内の雰囲気や遊び心溢れるメニューもすてきなのですが、ニューキャッスルの魅力はなんと言っても直球勝負の「カライライス」の美味しさ。

IMG_2894

秘伝のルーは、様々な野菜や果物をミキサーにかけたものに豚骨のスープを合わせて煮込んでいるもの。ピリリという辛さはしっかりとあるのですがコクと甘みが絶妙に合わさっていて素晴らしい塩梅で融合しています。上にのっている半熟の目玉焼きをスプーンで割れば、黄身がとろんと溢れてきて更にまろやかさが加わるので、二度美味しさを楽しめます。

「カライライス」という名前だけに、どれだけ辛いの!? と少し心配しながら注文をしたのですが食べてみてびっくり。独特の心地の良い辛さがやみつきになる。私は、もともとそんなに辛い味が得意ではないので、辛いものを食べるときはお水を飲んで休憩をはさみながら食べていました。でも、休憩をせずにどんどん食べ勧めてしまうやみつきの味に出会い「辛いってこんなにおいしかったのね!」と思うことができました。

カレーを食べた帰り道、さっそく記事にしようと思いお店の情報を調べました。すると、今のニューキャッスルに至るまでは長い歴史と感動の物語があったことが分かりました。

 

Daisuke Moriさん(@mo.daisuke.ri)がシェアした投稿

ニューキャッスルが開店したのは1946年であり、戦後まもない頃から長きにわたって人々に愛されることとなった老舗の喫茶店でした。

はじめはコーヒーを主とした喫茶店だったのですが「カライライス」とネーミングされたカレーライスが話題を呼び。一躍人気のお店となりました。

しかし、親子二代に渡って受け継がれてきたニューキャッスルは、2012年に建物の老朽化などの理由から閉店することになりました。すると、閉店を惜しむ人々が続出。そのうちの一人が後に三代目店長となる飯塚健一さんという方でした。

ニューキャッスルの復活を強く望んでいた飯塚健一さんは、ある目的を持ちアクションを起こします。それの目的とは「自分がニューキャッスルの店主となってお店を復活させる」ということでした。ニューキャッスルへの底知れぬ愛が伝わってきますよね。それからは、実際に先代のもとを訪れて「カライライス」作りの修行を積み、2013年にニューキャッスルを復活開店させました。

私は昔のニューキャッスルを知らないけれど、沢山の常連さんが閉店を惜しんだという気持ちはとても分かります。大好きな味! と言い切れるカレーに出会えたからこそ、このカレーを食べられなくなってしまうのはとても悲しいことです。

常連さんが店主になってでも復活させたいと思った魅惑のカレーは、今でもぞくぞくとファンを増やしていっています。魅惑のカレーライスを食べてみたいと思った方は、是非「ニューキャッスル」に行ってみてくださいね!

IMG_2865

ニューキャッスル
【住所】東京都中央区銀座2-11-1 銀座ランドビル 地下1F
【電話番号】03-6264-0885
【営業時間】11:30〜16:00
【定休日】月曜・祝日
 【WEB】公式サイト

 

夏デートが盛り上がる絶品カレー「カライライス」

やみつきになる辛さが特徴的なニューキャッスルの「カライライス」。夏に辛い物を食べたくなるのは、食べ終わったあとの清涼感も関係しているようです。カレーの香りは食欲を増進させ、夏バテを撃退! 適度な汗を流すことで、食べ終わった後には身体がスッキリしている感覚を感じるはず。

女性ひとりでは入りにくいと感じてしまうカレーのお店も、デートなら気兼ねなく入れるのがうれしい。今年の夏はふたりで「カライライス」を食べて美味しい夏を満喫してみてはいかがでしょうか。

ライター :伊賀るり子

unnamed (1)

1992年生まれ。ミス白百合女子大学ファイナリスト。CanCam・Fine等の読者モデルを経て、現在は料理研究家として活動中。オーストラリアでのベジタリアンレストランとの出会いをきっかけに野菜コーディネーターの資格を取得。その日の体調に合わせて材料を決めるという健康志向の料理が評判を生んでいる。

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【メンズスキンケア】自分の肌、気にしてますか? ~2018年後半戦は「美肌」で男を上げろ~(PR)

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【刺青夫婦】タトゥーのデメリット・後悔は結婚してから痛感する3つの理由

【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【IKEAあるある35選】これはあるね!www つい余計なものまで…から始まる、毎度ありがちな「イケアあるある」まとめ

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)