【連載01】美人料理研究家「伊賀るり子」が行く! ランチデートの店選びにおすすめのレストランを厳選(自由が丘〜九品仏エリア)

Print

みなさんは、デートで使うレストラン、どのように決めていますか? 友だち同士のお食事なら「コスパの良さ・アクセスの良さ」など利便性にも配慮しつつ決めることが多いかと思います。でも、気になる女性とのお食事だと「お店の雰囲気・お料理のジャンル」などお店選びのポイントも変わってきますよね。

今回は、私が実際に訪れて本当に美味しいと思ったお店のリアルな情報をお届けする連載企画の第一弾です。デートのためのレストラン選びに是非ご活用して下さいね。

ランチデートなら自由が丘の隣駅「九品仏」の穴場レストラン

女子会での、ランチデートの評価はとても高いことが多いです。デートと言えばディナーのイメージがあるかもしれませんが、だからこそ昼から行動するというのは新鮮味があり印象的です。また、ランチだと女性側も気軽な気持ちで行けるので、はじめてのデートにもぴったりです。「九品仏」という駅を知らない方も多いかと思いますが、九品仏はスイーツの街「自由が丘」の隣にある駅です。自由が丘は女性に人気の街なのでデートスポットとしても有名ですが、あえて少し離れた九品仏を選ぶのがおすすめです。やっぱり行ったことのない場所にいくとワクワクドキドキするものなので、メジャーなデートスポットのちかくにあるマイナーな駅の穴場レストランを知っているというのはポイントが高いです。

 

はじめてのランチデートにおすすめ! 『LA CANNA(ラカンナ)』イタリアン

ラカンナー内観

LA CANNA(ラカンナ)イタリアン

はじめてのデートにおすすめしたいのは、九品仏駅から徒歩6分、自由が丘駅から徒歩8分の距離にある「ラカンナ」という隠れ家的イタリアンレストランです。こじんまりとしたお店なのですが、オープンキッチンになっているのでピザ釜でピザが焼きあがる様子を見ながらお料理を待つことができます。

物腰柔らかなお兄さんがお料理を運んできてくれるのですが、その接客が素晴らしいのです。はじめて行った時は、向かっている途中で「今、お席空いてますか?」とお電話したところ「ちょうど1席空きそうです」とのことだったので特に予約を入れずに伺いました。

お店に入ると「先ほどのお電話の方ですか?」と聞かれ、きちんとセッティングされたお席が用意されていました。また違う日に行った時は、その時私がお料理の写真を一品ごとに撮っているのに気付いていて、取り分ける前に「お写真撮られますか?」と聞いてくれたりと、本当にささいなことにまで気を配っていただいて、とても良い気持ちでお食事をすることができました。

ラカンナのように、ちいさな気配りを大事にしているお店は、最近なかなか巡り合えないように思います。はじめてのデートには、気取ってないけどカジュアルすぎない、ぬくもりを感じるアットホームなお店がぴったりだと思います。

ランチメニューは前菜の盛り合わせ・ピザかパスタ・デザート・食後の飲み物のコースで1,500円と、コスパもばっちり。パスタとピザを一人一品ずつ頼めば、ふたりでシェアできます。

ラカンナー前菜

前菜は、量は少なめですが味付けがばっちりと決まっていておいしいです。

私がここの看板メニューであると勝手に思っているのがパルミジャーノと黒胡椒とレモンのスパゲッティ。

ラカンナーレモンスパゲッティ

さっぱりしているのに、満足感たっぷりなレモンパスタは、一度食べれば病みつきになってしまう味です。レモンの爽やかな酸味・たっぷりかけられたパルミジャーノ・アクセントを加えてくれる黒胡椒が絶妙な味のハーモニーを奏でます。見た目にも美しいこのパスタは、ビタミン豊富で美肌効果もありそうです。女性に喜ばれること請け合いですよ。

ピザのおすすめはチチニエリというシラスのピザ。

ラカンナーチチニエリ

イタリアンのお店でもなかなか見かけないのですが、ラカンナでいただけます。ピザを食べていると時折飽きてしまうことがありますが、チチニエリはあっさりとしたお味で飽きが来ずあっという間にペロリといただけてしまいますよ。

ラカンナーデザート

ちょっとしたデザートも付きます。これくらいの大きさなら、帰り道に自由が丘で別腹スイーツをいただくこともできそうですよね。

ラカンナへは、行きは九品仏駅から行って、帰りは自由が丘駅から帰るのがおすすめです。九品仏駅からは、浄真寺という大きなお寺の緑道を通って行くことができるので、森林浴をしながらお散歩をしてリフレッシュすることができます。帰りは、自由が丘に寄って雑貨屋やお洋服屋を見たり、小腹が空いたらスイーツを食べたりして、自由が丘散策をしてみてはいかがでしょうか。

 

 本命女子とのランチデートにおすすめ!『La butte boisée(ラビュットボワゼ)』フレンチ

ラビュットボワゼー外観

La butte boisée(ラビュットボワゼ)フレンチ

もう何回かデートをしたことがあるけど、まだ付き合えていない……そんな本命女子とのランチデートには、九品仏の老舗一軒家フレンチレストラン「ラビュッドボワゼ」がおすすめです。

自分からフレンチに行こうと誘ってくれる男性は少ないので、本当はデートで行ってみたいけど、女子会で行ってしまうなんてこともあります。敷居が高く感じるフレンチも、ランチならディナーほど気負いせずにいただけるので、普段あまりフレンチをいただかないような男性でも行きやすいと思います。

女性は努力家で誠実な男性の一面にキュンとする人が多いので、普段フレンチに行かなそうな人であるほど「私の為にここのお店を選んでくれたのかな」と特別感を感じて、より一層嬉しい気持ちになります。

お店までは、九品仏駅から徒歩8分・自由が丘駅から徒歩10分と、歩くと少し遠いので、自由が丘からタクシーに乗って向かうのがスマートです。距離にすればそう遠くはないのですが、この日はフレンチをいただくということで女性はヒールを履いてくる可能性が高いです。そういう時は、短い距離であっても「ヒールだからタクシーで行こう」と状況に応じて紳士的な気遣いをしてくれたりすると、細かい所まで気を配って大切にしてくれていると感じます。

フレンチというと「量が少ない」と思われがちです。たしかに食べ終わったあとに物足りなかったと感じるようなお店もあります。でも、ラビュットボアゼのランチコースは、本格的でボリュームもたっぷり。お腹を空かせて行かないと食べきれないほどの充実度です。

ある日のコースはこのような感じでした。

ラビュットボワゼーオードブル

創意工夫がなされた細やかな盛り付けと繊細なお味に舌鼓を打ちます。一口ごとに味が変わっていく欲張りなオードブルは見た目も美しく、食べ終わるのがもったいないと思うほどです。

ラビュットボワゼーパン

パンの種類も豊富で、なかでも米粉のパン(一番左)はもっちもちでとても美味しくておすすめです。たくさん種類があるので選びきれないかと思いますが、また追加のパンを聞きにきてくれるので初めは気になるパンを2種類ほど選んでみてくださいね。

ラビュットボワゼーアイナメ

ラビュットボワゼーフィレ

こちらはアイナメとフィレ。お魚とお肉の両方が楽しめるコースって、とっても高いことが多いですよね。絶品の美味しさでおどろきのコスパです。

ラビュットボワゼープリン

デザートも大満足の組み合わせで、まずは卵の殻に見立てた器に入ったプリンと笹のフィナンシェが出てきて、そのあとにまたデザートがでてきます。

ラビュットボワゼーデザート

このランチコースのの価格は6,000円。ランチにしては高めですが、これだけのボリュームのある本格フレンチはディナーだとこの価格ではなかなかいただけないので、実はコスパが良いのです。

週末に行く場合は、一週間前以上に予約をしておくと安心です。人気店なのでギリギリだと予約が埋まっている場合もあります。お電話をすると「ラビュットボワゼでございます!」と非常に気持ちの良い丁寧な言葉遣いで予約を取ってくださいます。人気フレンチレストランにありがちな少し冷たく感じるような対応は一切なく、毎回心の込もったご対応をしてくださいます。電話予約の段階から、ラビュットボワゼの魅力を感じられると思いますよ。

ラビュットボワゼーコース

帰りはお見送りもしてもらえるので、記念写真をお願いすることもできます。角度を考えながら何枚も撮って下さったりと、最後まで至れり尽くせりです。ランチにしては少し高いと感じるかもしれませんが、お値段以上のお料理・雰囲気・接客なのでおすすめさせていただきました。週末の贅沢にぴったりのお店なので、ぜひいってみてくださいね。

 

一週間の疲れを癒す休日デートに

お仕事で溜まった疲れは、人ごみのない場所で美味しいお料理をいただいて過ごすストレスフリーな休日でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。女性目線で選んだデートで行きたいレストランは、男性からすると女性とだからこそ行きやすいレストランでもあるので、新鮮味もあり楽しめるのではないかと思います。お料理もお店の雰囲気も抜群に良いお店なので、ぜひ気になる女性を誘って行ってみてくださいね。

ライター :伊賀るり子

unnamed (1)

1992年生まれ。ミス白百合女子大学ファイナリスト。CanCam・Fine等の読者モデルを経て、現在は料理研究家として活動中。オーストラリアでのベジタリアンレストランとの出会いをきっかけに野菜コーディネーターの資格を取得。その日の体調に合わせて材料を決めるという健康志向の料理が評判を生んでいる。

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【刺青夫婦】タトゥーのデメリット・後悔は結婚してから痛感する3つの理由

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【IKEAあるある35選】これはあるね!www つい余計なものまで…から始まる、毎度ありがちな「イケアあるある」まとめ

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)