【ネットスラング】本当に「LOL」(笑)はもう古くてダサいの?FACEBOOKによると使用者はアメリカ人全体のわずか1.9%!ただしその実態は?

shutterstock_924405162

【他のトレンド記事】
【タトゥー】海外のタトゥー(刺青)デザインとして葛飾北斎の描いたエロスが現代に!
【写真集も?】「シャバーニ」!ゴリラ女子に人気の会えるアイドル!イケメンゴリラ

インターネットによって世界の距離が縮まった昨今、ビジネスはもとより日常でも海外の人々と英語で会話をするのが普通の光景となりつつあります。

そんな中、2015年8月6日に投稿された、FACEBOOK社の記事に英語圏でない日本でも驚きの声が上がっています。
The Not-So-Universal Language of Laughter
この記事によれば、会話の文章中に「LOL」を使用する人の割合はなんとわずか1.9%!驚きのデータにメディア各社がこぞってこの話題を取り上げているのです。

「LOL」って何?

shutterstock_166627847

そもそも「LOL」(エルオーエル)とは一体何なのでしょうか?
ご存知の方も多いとは思いますが、これは英語の「Laugh out Loudly」の頭文字を取ったもので、直訳すると「大声で笑う」という意味になります。ネット上で使われる英語の「ネットスラング」というものですね。日本だと「w」や、「(笑)」、「(ワラ 」、「(藁 」と同じです。主に文末に使われます。

普段、英語で文章を書かない方も、最近だとONLINEゲームの会話やFACEBOOKなどで、この「LOL」が飛び交っている所を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

他にも英語のネットスラングでよく見るのは

・omg (Oh My God)
・lmao (Laughing My Ass Off)
・rofl (Rolling On Floor Laughing)
・smh (Shake My Head)
・ty (Thank You)
・dunno (I Don’t Know)
・wtf (What The Fuck)
・tyt (Take Your Time)
・brb (Be Right Back)
・btw (By The Way)
・wb (Welcome Back)
・n (and)
・asap (As Soon As Possible)
・g2g (Got To Go)
・XD 横から見た顔文字(口を開けて目を閉じている)
・w/o (WithOut)

などがありますが、一番代表的なものがこの「LOL」と言えるのではないでしょうか。
さて、その「LOL」ですが、一体どうしたというのでしょう。

 

「笑い」を表現する言葉で今一番使われるのは…?

11405158_1609351519332064_8822025_n (1)

英語での会話中によく使われる「笑い」の表現についてFACEBOOK社による統計データがこちらです。一番多かったのが「haha」使用者で全体の51.4%。次は絵文字使用者で全体の33.7%。3位は「hehe」使用者で全体の13.1%。最後は「lol」使用者で全体の1.9%という結果に。にわかには信じがたいですが、ほとんどの人が「lol」を既に使っていないという事なのでしょうか。

また、男女比と使用率を棒グラフで表したものがこちら▼

11405183_139226159747028_366834226_n

「haha」は一番使用率が高いものの、男性の方に使われる場合が多く、絵文字に関しては女性の方が多いという結果に。絵文字は女性の方が使いたがるのは日本人としてもなんとなくわかる気がしますね。所で、絵文字って海外でも「emoji」なんですね!今気づきました。日本発祥だという事なんでしょうか。

また、次のグラフは各笑いの表現方法と年齢、使用者の人数的ボリュームを表しています▼

11405161_527602764054241_886586506_n (1)

こうやって見ると、なるほど「lol」が一番、全体の年齢層にわたって使われているように見えますね。しかし、このグラフではそこまで極端な差が出てるとは思えません。おじさんおばさんだけが使うというよりかは若者も中年もみんな使う、という感じ。

最後にこの分布図です▼

11405237_454279828086851_990833851_n

こうして見ると、「lol」は何となく南部だったり海側に多いかなと、そう見えなくもありませんが、これも何とも言えません。カリフォルニア州やニューヨーク州でも「lol」は比較的多く使われているようなので、特に田舎や都会に差があるようにも思えません。

 

でも、本当に古臭い感覚があるの?

shutterstock_241384867

ちなみに、この事象についての肌感覚はどうなのか、もう「lol」は使っていないのか、周りの人間はどうなのかなど、アメリカ人数名に直接聞いてみました。(頂いたコメントは、弄らずにコピーしてそのまま掲載しています。)

まず、アイダホ州在住の Joshua Castilloさん(27歳 白人男性)は

A lot of my friends type lol it’s pretty normal for them. But then sometimes that is an easy way to end a conversation just LOL out of it haha

(俺の沢山の友達が「lol」を普通に使ってるよ。でも彼らは時々簡単に会話を終わらせる方法としてただ「lol」を使うね。haha)

ニュージャージー州在住の Rick R Butlerさん(23歳 黒人男性)は

“Lol” is still used commonly but more so to show tone or mood, it’s rarely used when someone is actually laughing but more for a sarcastic remark etc.

(”lol”はまだよく使われてるよ。トーンやムードを示すのに尚更ね。それは稀に誰かが本当に笑っていたり、皮肉っぽく使われたりもするかな。)

 

先日のTATOO記事で紹介した、ワシントンDC在住のタトゥーアーティスト Imani k. Brownさん(30代 黒人女性)は

it’s soooo boring :-( “lol”
I like to use emojis a lot.
lol = 😝 or  😂
lmfao or lolololol =  😂😂😂
emojis give more emotion, I think :-) 

(”lol”は超つまんない :-(
私は絵文字を沢山使うのが好きだわ。
lol は😝 か  😂
lmfao とか lolololol (大笑い)は 😂😂😂
絵文字は、私が思うに感情をより伝えてくれるものなの :-) )

カリフォルニア州在住の Kimberly Gregoryさん(30代 白人女性)は

I use haha mostly. (it’s not that I dont use it. sometime but not often.) I believe most of my friends do the same. The younger people still use lol i think. I hope that helps. 😊

(私はほとんどhahaを使うわ。lolを使わないわけじゃないけど、時々ね。しばしばではないわ。私はほとんどの友達が同じように使ってると思ってる。若い子はまだlolを使ってると思うわ。助けになれば😊)

 

ついでにというと怒られそうですが、たまたま連絡を取っていた英語をよく使うオランダ人にも聞いてみました。
オランダの首都アムステルダムの隣、ズウォレ在住の Felix Römerさん(33歳男性)は

Well i dont do it too much myself, but i think its not strange to use it.Im more a ‘haha’ person :) Haha why? Dont worry, its ok to type it. I see a lot of people do it yes.

(うーん僕は自分じゃそんなに沢山は使わないかな。でも僕はそれを使う事が変だとは思わないよ。僕はどちらかというと”haha”の人かな:) haha なんで?心配すんなって。それ使っても大丈夫だから。沢山の人がそれを使うのを見てるよ、うん。)

心配されてしまいましたw
(※ライターの私自身、「lol」をよく使うので)

……ここで浮かび上がってきたのは、「沢山は使わないけど全く使わないわけではないし、周りではとてもポピュラー」という感覚。状況によって使い分け、併用してるみたいですね。普段は「haha」を使う事が多いけど、時と場合によっては「lol」を使う。実際の所そういう方が多いのではないのでしょうか?

 

流行り廃りの激しいネットスラング
文化の一つとして自然発生的に生まれては消えていくもの。

特に最先端についていく必要はないとは思いますし、非常に簡単で便利なものでもあります。ただし英語圏は世界中で見ればとても広く、ネットスラングが必ずしも万人に理解されるものではありませんし、ネット上でそれを残し公開すれば、いつ誰がどのタイミングで見るのか予想が出来ません。記録が残るネット上の場所などでは極力丁寧な言葉を使うようにしましょう。

また、日本語の場合でもそうですが、あまり lol、(笑)、w を多用すると頭が悪く見える、という意見をよく聞きます。そして略語としてのネットスラングの場合、言葉としての重みや真意が伝わらず、思わぬトラブルになる事も。連発するのは避けて、ここぞという時に効果的にネットスラングを使いましょう。いくら文章といえど、「空気感」というものがあるのをお忘れなく。

Thank you, folks:) Bye Bye! LOL!

ライター : Deejay鬼退治

10055_503940209636807_2052214438_n

18歳の時HIPHOPに傾倒、魂を売る。20代を某メジャーアーティストの専属DJとして過ごし、日本全国を移動する日々を過ごす。現在は都内・海外でクラブDJとして活動する傍ら、広告代理店に勤務。気分は20代のまま30代を驀進する、B-BOYをこじらせ気味の気弱なダイエッター。趣味は料理とキャンプ。夢はボロボロのアメ車で北アメリカを横断し、何もない一本道でサムズアップする事。好きなアーティストはMobb Deep と Sadat X。

【他のトレンド記事】
【タトゥー】海外のタトゥー(刺青)デザインとして葛飾北斎の描いたエロスが現代に!
【写真集も?】「シャバーニ」!ゴリラ女子に人気の会えるアイドル!イケメンゴリラ

 

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行く モテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM