【廃墟感】素晴らしい! 那須の「老松温泉喜楽旅館」がいろんな意味でヤバい

20190407_abandoned_onsen_2
文:星野藍
グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。

過去にこの先廃墟しかないと思い引き返した場所があった

栃木県那須塩原。

空気よし緑より食べ物よし温泉よし。1年に2回ほど訪れてはぼんやりと観光をする那須だが、殺生石へ行く時何やら謎の小道を見つけた。

20190407_abandoned_onsen_25

この廃墟の横……歩いて行ったら何処に出るんだろう?

albumtemp (63)

この廃墟の中に入れちゃったりして。

20190407_abandoned_onsen_24

などと下心を抱きつつ好奇心の侭進むも、あるのはただの川。

20190407_abandoned_onsen_23

そして今は使われていないであろう古びた家屋。
「はずれかぁ。戻ろう」
あの時の私を叱り飛ばしたい。

その家屋を横切り進んだ先に、実は温泉が存在していようとは。しかもその温泉、見た目が限りなく廃墟に近いとの事。

幸い2ヶ月後再び那須へ赴く機会があったので、見逃した温泉へと立ち寄る事が出来た。

 

見た目がそのまま廃墟!

あの時引き返した小道をそのまま突き進んで見ると、見えた!

20190407_abandoned_onsen_2

廃墟だ……!
いや、これが正真正銘の老松温泉喜楽旅館、現役物件なのだ。

albumtemp (61)

「ごめんくださーい……」
カラカラと引き戸を開けるも、人の気配はしない。

20190407_abandoned_onsen_4

「あれーおかしいなー……」と、思ったら。

20190407_abandoned_onsen_5

向かい側の民家が受付になっていた。
入湯料は大人500円、子供300円。支払ったあとは自由に温泉タイムへ突入だ。

20190407_abandoned_onsen_6

にしてもこの建物、廃墟感しか感じない。

20190407_abandoned_onsen_7

何も情報がなかったらうっかり廃旅館として探索してしまうかもしれない。寧ろ自分の友人で過去に廃旅館と勘違いし勝手に探索して大目玉を食らった人がいる。

20190407_abandoned_onsen_8

ううん、入り口入ってすぐの1階部分はただの物置になっているようだ。

20190407_abandoned_onsen_10

大人しく地下へ降りていこう。

 

不穏な雰囲気の地下

温泉は階段を降りた先にあるのだが、これがまた不穏な空気が漂い現役施設にいる気がしない。

20190407_abandoned_onsen_11

ギシギシと軋む木造建築。

20190407_abandoned_onsen_12

休憩室も完備だがとてもじゃないが休憩出来る状態じゃない。

カビ臭い。ホコリがすごい。スリッパは履いているもののそれでも入ることを躊躇ってしまう。

20190407_abandoned_onsen_13

外から見て崩落している部分はこのようになっている。先には進めない。

20190407_abandoned_onsen_14

この洗面台も……うん、なかなかの廃墟感。

20190407_abandoned_onsen_21

 

温泉はよし!

ではそろそろ、目的の温泉へ浸かってみよう。
客は私と友人のみだった。

20190407_abandoned_onsen_16

私は女湯へ、友人は男湯へ。

彼はこの日フランスから東京へ降り立ったばかりだったが、空港からそのままこの温泉へ連れてこられた可哀想な(?)人物だ。

20190407_abandoned_onsen_15

脱衣所の床は、ベコベコしている。タオルが敷いてあるが素足では踏みたくないビジュアルだ……。

20190407_abandoned_onsen_17

カラカラと引き戸を開けると、思ったより温泉はしっかりしているというか、いい感じだった。古き良き時代の老舗の風格を感じる。

外観のあの廃墟っぷりからは想像出来ない。

20190407_abandoned_onsen_18

風呂の床は部分部分で滑りを感じるが、気にしてはいけない。潔癖性の人はそもそもここへ訪れる事が出来ないと思う。

しかし温泉はなかなかまろやかで気持ち良い。硫黄系の温泉で、お湯はぬるめなのでゆっくりと浸かっていられる。

albumtemp (64)

お客さんは自分たちの後に男性側に2名いただけで、あとは静かなものだった。

20190407_abandoned_onsen_20

温泉から出た後は、街を散歩したり次の目的地へと行った方が良さそうだ。中でのんびり休むには……流石にちょっとアレなものがある。

albumtemp (62)

旅館自体は廃業しているものの、ここまで酷くならないよう建物さえ手入れをしておけばもっと何とかなるような気もしたが、これはこれで面白い。

雪も多く降る地域。なんとか物理的に潰れる事なく廃墟な風貌を保った侭残って欲しい温泉である。

ライター :星野 藍

星野

グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。
2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。廃墟の他怪しい場所やスラム街、未承認国家にソビエト連邦など、好奇心の侭に国内外を縦横無尽に徘徊する。

【関連記事】
【廃墟感】素晴らしい! 那須の「老松温泉喜楽旅館」がいろんな意味でヤバい

bnr_skin_thin

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【刺青夫婦】タトゥーのデメリット・後悔は結婚してから痛感する3つの理由

【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【IKEAあるある35選】これはあるね!www つい余計なものまで…から始まる、毎度ありがちな「イケアあるある」まとめ

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)