【拡散の恐怖】2019年の福男に選ばれた男性消防員が不倫!? 真偽不明なまま拡散されていく「ネタ」の現実

shutterstock_633661964

(1月15日時点で)まだ一週間も経っていないちょっと前の話──商売繁盛を祈願する新年恒例の「本えびす」である1月10日、えびす神社の総本社・西宮神社(兵庫県西宮市)で、既婚者・子持ちの男性(22歳)が福男に選ばれた。

テレビのインタビューに応じたことで全国にその模様は放送されたわけだが、それを観たある女性……その福男が「24歳東京在住の独身警察官」を名乗って交際していた……が、激怒のあまりLINEのやりとりまでをネット上に暴露し、大騒ぎとなる事件(※真偽不明)があった。その彼女が「二股を掛けられた」と思い込んでしまったというわけだ。 

福男が不倫……!? 確証がなくても拡散されていく「ネタ」

出典:shutterstock

出典:shutterstock

早い話が “不倫”ってことになるのだけれど、その一件の真偽が不明であることもさることながら、いち素人サンの痴情のもつれがこうも広く伝播されるのは、非常に恐ろしいことである。さすがに心情的にもはばかれたのか、これら一連の経緯を語る記事は現在、ほとんど削除されており、私もこうやって今さら蒸し返すのはいささか心苦しいもあったりするのだけれど、たった2〜3日前までは、普通に公的なメディアでも報じられていた。

たしかに、「今年の福男が福を得ながら一方で女性を不幸にさせている……」なんてのは、ネタとしては最高にオイシイものであるし、真偽不明とは言いながらも限りなく情報として「本物っぽい」雰囲気があったのは否定できない。大衆が飛びつくのも当然のように思える。

しかし、やはり情報のエビデンスは大切なのだ。いくらホンモノっぽくても真偽不明な以上は必要以上に煽り立てるべきではない。あらためて思う。

ネットって……ホントに怖い。

 

テレビでの不用心な発言は、時に人生をも変える?

出典:shutterstock

出典:shutterstock

福男さんを疑っている訳ではないが、どのみち不用意な発言や露出はしないほうがいい。

約25年くらいも昔の、私の話をしよう。
当時の私は、とある画材屋で正社員として勤めており、そのかたわらでイラストレーターとしての副業もこなし、副業の収入が画材屋の給料を上回らんばかりの、いわゆる「どっちが本業かよくわからない」毎日を、綱渡りの状態でどうにか乗り切っていた。

ところが、夜中放送の(現在はすでに終了している)とある情報バラエティ番組から、私のもとへと「イラストレーター」としての出演オファーが。軽い気持ちでそのオファーを受け、出演したはいいものの、それが会社の上層部にバレ、「これまでは黙認していた。しかしテレビでイラストレーターを堂々と名乗ったからには、もう見逃すことはできない」って理屈で、緩やかにクビを勧告された……そんな過去を私は持つ。

そこそこの規模の企業なら終身雇用の風潮が残る、「副業」にはそう寛容じゃなかった時代である。会社側の言いぶんは至極真っ当であり、結局「画材屋とイラスト、どっちを選ぶか」との二者択一で、私は散々悩んだ挙げ句「イラスト」を選び、フリーランスとして独立して現在に到るわけだが、もしこの一件がなければ、今でも細々とイラストを描きながら画材屋でレジを売っていたかもしれない。「二足の草鞋」ってえのは、どっぷりと浸かれば浸かるほどマジで湯加減最高ですから。フリーにならないと理解しづらい感覚なのかも知れないけど、「いつ入ってくるかが読めない100万円より、月ごとに確実に入ってくる10万円のほうが断然ありがたい」のだ。

いささか身の上話が長くなってしまった。つまり、私がここで言いたいのは、ネットなんて“拡散ツール”がなかった25年前でさえ、わずか数分・数秒のテレビ出演一つだけで、今後の人生が180度変わることだって十分にありうる……ということである。
今回のように素人サンや、私みたいな半素人ですら、テレビへの出演はこういった両刃の剣的な側面がいきなり襲いかかってくるのだから、玄人である、たとえばタレントさんとかがしなければならない発言への気配りや私生活の窮屈さは、想像するにあまりある。ワイドナショーでの松っちゃん発言も、「お得意の体を使って〜」と口をスベらせることなく「お得意の体を張って〜」だったら、ここまで問題にもなっていなかっただろうに……。

テレビって……ホント怖い。

ライター : 山田 ゴメス

1962年大阪生まれ B型 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、偏った幅広さを持ち味としながら、阪神タイガースと草野球をこよなく愛し、年間80試合以上に出場するライター&イラストレーター。『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』ほか、著書は覆面のものを含めると30冊を越える。

【関連記事】
【不倫経済学に学ぶ】ベッキー・今井絵理子だけじゃない。不倫に罪悪感がある女性は僅か2%?
既婚者で浮気をしない方が珍しい? ほのかりんの炎上ツイートから、あらためて考え直す「不倫」の是非

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【刺青夫婦】タトゥーのデメリット・後悔は結婚してから痛感する3つの理由

【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【IKEAあるある35選】これはあるね!www つい余計なものまで…から始まる、毎度ありがちな「イケアあるある」まとめ

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)