【総括】2018サッカーW杯ロシア大会──日本のマスコミ報道について、あれこれと振り返る

shutterstock_1055763647

いや〜西野ジャパン、ついに負けちゃいましたね。じつに惜しかった! 月並みですが、感動をありがとう。そして、選手ならび監督、スタッフの皆さま、本当に長いあいだご苦労様でしたm(_ _)m

さて。蓋を開けてみれば「もっとも盛り上がらないW杯」との下馬評を覆し、話題満載&流行語大賞候補ワードも盛りだくさんとなった今回のサッカーワールドカップ・ロシア大会──各マスコミもオリンピックに並ぶ、この最優良コンテンツからネタを出涸らしになるまで絞り尽くそうと、アノ手コノ手と知恵を捻り、世の中にある事象のすべてをワールドカップに半ば無理やり結びつけようと必死の様相を見せていたが、そんななか、

「普段サッカーは観なくて、オフサイドもイマイチよくわからないけど、W杯の(予選を含む)日本代表の試合くらいは、たとえ夜中でもテレビで必ず観戦しながらゴールの都度に一喜一憂し……でも、いくら日本が勝っても試合後のスクランブル交差点まで足を運ぶまでのエネルギーは維持していない」 

……レベルの、おそらく日本国民における最大公約数的ド素人であるワタクシ山田ゴメスが、素人なりに注目したマスコミ報道のいくつかを、今日は総括してみたい。

ぐんとお株を上げたコメンテーターは『とくダネ!』と『サンデーモーニング』のアノ二人?

出典:shutterstock

出典:shutterstock

まず、もっとも下衆って言うか、どーでもいい脱力企画の双璧として挙げたいのは、「犬やウサギやタコなど、家畜や軟体動物による勝敗予測」「W杯出場国の平均ペニスサイズ比較」の二つ! そのあまりのくだらなさ、無意味さについては別のニュースサイトでたっぷり書いているので、詳しくは『もっとも下衆だった「W杯ネタ」はやはり東スポ!』を読んでいただきたいのだけれど、取り急ぎ結論だけを申しておくと、日本男児のチン長は出場32カ国中、なんと最下位! しかし、「サッカーはもちろん、女性相手でもペニスの長さだけですべてが決まるわけではない」……とのこと。がんばれニッポン!

次に、このたびのW杯でもっとも株を上げた情報バラエティ番組系コメンテーターとは……?

私の個人的ジャッジでは、6月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、「ワールドカップは見ない」とコメントし、メインMCの小倉(智昭)サンに「嫌な奴」と言わしめさせ、そのやりとりから逆に、W杯ファシズムを苦々しく感じている層の圧倒的支持を得た社会学者の古市憲寿氏

そして、7月1日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、対ポーランド戦での日本代表のボール回しによる時間稼ぎについて、「(否定派も肯定派も)どっちも正しい。でも、監督が不本意だとか苦渋の選択だとか言っちゃダメ。私が指示しました、とだけ言えばよかった」とコメントし、多くの称賛を得て、これまでの暴言・失言による「炎上おじさん」の汚名をちょっぴり挽回した「ハリー」こと張本勲氏……なのではなかろうか。

“埋もれた多数派”が、なんとなくモヤモヤしていた想いをスパッと代弁したのが、タイミング的にも功を奏したのだろう。

 

解説者ベストイレブンのGKは「苦言王」のアノ人?

出典:shutterstock

出典:shutterstock

あと、日本代表がベルギーに敗退し、終戦を迎えてまもなく、デイリー新潮が『テレビマンが選ぶW杯「解説者ベスト11」』なるタイトルのコラムを配信していた。

さる情報・ワイドショー番組の制作スタッフに今回のW杯で活躍したサッカー解説者の「ベストイレブン」を決めてもらうといった主旨の企画で、 

「2トップは武田修宏さんと前園真聖さんで決まりでしょう。共にバラエティ慣れしておられるのでトーク勘が抜群です。トップ選手として活躍した過去を持ちながら、テレビではいじられ役のタレントというギャップも人気の理由です」 
「赤丸急上昇中なのが秋田豊さん。プレイヤーとしても超一流で、テレ東のスポーツ番組で培ったトーク力は前園さんを超えていると評判。(朴訥な)ルックスもバラエティとの相性が良さそうです」
「福西崇史さんと城彰二さんは最後の最後で落選。福西さんは『真面目すぎる、つまらない』、城さんは『喋りが暗い』『コメントがネガティブ』『ボキャブラリーが少ない』……などが理由です」

……なんて風に好き勝手書きちぎっているわけだが(笑)、一番人材不足なのは「GK」で、

「結局のところ、テレビ局のスタッフが評価するのは川口能活さんで、誰もが出演を願っているんですけどね……」

……と、デイリー新潮の取材を受けた某テレビマンは嘆いている。

しかし! ゴールキーパーは“最後の砦”──だったら、日本代表の将来をどのサッカー関係者よりも真剣に案じるがあまり、いつも叱咤の小言ばかりに終始する「セルじい」ことセルジオ越後がいるではないか! 私をも含む大半の「サッカーに疎いヒトたち」からしても苦言、否定的意見のほうがいろんなことを学べるのだし……。 

……ってなわけで最後に! 日本サッカー界に詳しい、とある友人から聞いた、とっておきの情報を!! なんと!!!

「サッカー選手はほぼ100%の確率でパイチン!」 

……なんですって! ただ、コレはハイジニーナブームに乗っかった、トレンド先取りの“お洒落目的”ではなく、走り回るスポーツゆえ、陰毛がこすれやすいからである……らしい。知ってました?

ライター : 山田 ゴメス

1962年大阪生まれ B型 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、偏った幅広さを持ち味としながら、阪神タイガースと草野球をこよなく愛し、年間80試合以上に出場するライター&イラストレーター。『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』ほか、著書は覆面のものを含めると30冊を越える。

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【自衛隊は面白い】自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた② 〜記念式典と観覧行進、そしておいしいおひる編〜

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【自衛隊見学に行こう】自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた③ 〜ヘリコプターに乗ってみた編〜

【知ってる?】気になる銀座のお洒落レトロ建築『中銀カプセルタワービル』に行ってみた!(メタボリズム建築)

【赤坂/六本木】米国大使館職員宿舎が超オシャンティ! テンプルタウンハウスのガレッジセールに行ってみた(フレンドシップデー)

【アジア感満載】進むチャイナタウン化!西川口で食べたディープな中華料理とスーパーマーケット

【自衛隊は面白い】戦車! ヘリ! 自走砲がズラリ! お祭り感溢れる自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた