【激論】朝日新聞『お金の若者離れ』投稿で考える、今と昔の「豊かさの価値観」について

shutterstock_54589945

福岡県のとある大学生が朝日新聞に投稿した趣旨のコラム、の反応をまとめたこちら

……というツイートのリンクが話題を呼び、それがきっかけとなって、さまざまな賛否の声を交えた激論へと発展しつつある……らしい。まず、同投稿に「否」の意を激しく示した著名人が、あの高須クリニック院長・高須克弥氏。

……との主旨の発言をツイートし、普段は高須氏に対して好意的な層からも批判が噴き上がって、只今炎上中……なのだそう。(※ちなみに今回、高須氏は「自分を尊敬してもらおうとするあさましさが透けて見えるので、かっちゃんのTwitterは炎上するのだ」と西原理恵子氏から注意され、珍しく「反省なう」とその矛先を収めている)

「年寄りからお金を奪われた」と怒る大学生と、「甘ったれるな若者!」と叱る高須氏(をはじめとする、おそらく少なからずのご年輩)……いったい本当に正しいのはどっちなの!?

高須克弥氏の「甘ったれるな」論へと、冷静に反論する若者たち

shutterstock_373434205

出典:shutterstock

とりあえず、朝日新聞に掲載された“若者の主張”の詳細は、かいつまめば

昨今の「クルマ離れ」や「旅行離れ」…ほかの「若者の○○離れ」は、若者の意識の低下のせいではない。根元にある「お金の若者離れ」という、お金が若者の手に回ってきにくい現状があって、それをバブル時代の感覚で物事を考えている人から『今の若者は夢がない、欲がない』と言われるのはうんざりだ。

……なる内容で、この“見解”を後押しする意見(すなわち高須氏に対する反論)は、大まかには 

「今と昔では給料に雲泥の差がある=金持ちが儲けたお金を賃金の上昇に使わない」
「いまだ根強く残る年功序列の悪影響」
「安倍政権による残業規制政策による“新しい働き方”と、そこに気づいていない(年寄り)世代との間に若者は板挟みとなっている」
「ネットやITなどのツールによって仕事の速度が速くなり、もはや昔のような単純作業の時代と比較はできない」

……諸々と、なかなかに多視点的かつ丁寧に分析された、ロジカルな論調が目立っている(ロジカルゆえに「バブル前夜世代」に属する私も、迂闊に「甘ったれるな」の一言では切り捨てられない。もしかすると高須氏も同様に感じたから、今回は大人しく矛先を収めたのかもしれない)。

 また、30代半ばの某知人男性からは、こんな意見もいただいた。 

「今は昔と違って、がむしゃらに働けば何とかなる、もしくは、ただ『いいモノを作れば売れる』という時代ではなくなったと思います。むしろ猛烈に働かなくても、猛烈に働いている人よりお金をもらう方法を考えるべきなのではないかと。そういう生き方が求められている気がします。

あと、今の世の中は、誰も『自分が猛烈に働いているか?』というベクトルで評価をしないのと、『素晴らしいモノが売れるのではなく、売れたモノが素晴らしい』とされる“結果重視の世の中”だから……というのもあるのでは?」

 

興味のないモノにも見栄でお金を突っ込んできた、かつてのお年寄り世代?

shutterstock_309301517 (2)

出典:shutterstock

さて。そろそろ、ゴメスなりの私見を述べてみよう。

私は(結果として「お金の若者離れ」が大きな一因となっている可能性もなくはないのだけれど)、むしろここ数年は「若者のお金離れ」傾向が、にわか進行しつつある印象を受ける。

バブルのころだと、本来はクルマに大して興味もないのに見栄だけでポルシェやフェラーリを購入したり(なにを隠そう、この私もスピード恐怖症のくせに15年ほど前はポルシェに乗っていた)、じつは自宅でだらっとしているのが一番落ち着くのに、やはり見栄だけでハワイやパリやフィレンツェとかに旅してみたり……と“心底から好きになれないモノ”に、多くの人たちが無駄なお金を無意味に突っ込んでいた。まさに“散財”ってヤツである。

だが、今の若者は「クルマに興味がないなら免許すら取らない」「旅行に興味がないならパスポートも持たない」……と、どーだっていいモノを周囲の多数派に流されることなく、きちんとシカトできる能力が、我々世代よりも確実に長けている。「趣味のアウトドアに必要なグッズ」だとか「美味しい珈琲を味わうためのサードウエィブ系店舗巡り」だとかには浪費を惜しまないが、それ以外の節約できる部分では徹底的に節約する「収入に見合った分別ある支出の分配術」を兼ね備えている──我々より“精神的な豊かさ”の面では、はるかに成熟しているのである。

あえて言わせてもらうなら、そういう優れたバランス感覚は「金遣いの荒いパイセンたち」という無計画性の“反面教師”なくして、健全に育まれることもなかったのではなかろうか?

ライター : 山田 ゴメス

1962年大阪生まれ B型 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、偏った幅広さを持ち味としながら、阪神タイガースと草野球をこよなく愛し、年間80試合以上に出場するライター&イラストレーター。『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』ほか、著書は覆面のものを含めると30冊を越える。

【関連記事】
【新連載】山田ゴメスの「若者の○○離れ」に物申す! 第1回「若者の免許&クルマ離れ」~都心における車の所有はもはや見栄?~
【山田ゴメス連載】第2回 若者の「おっぱい離れ」と「海離れ」に物申す! 両者の微妙な関連性について
【山田ゴメス連載】第3回 若者の「ガム離れ」に物申す! 若者の「ガム離れ」で街はきれいになったけど……?
【山田ゴメス連載】第4回「酒離れ」「クラブ離れ」「カラオケ離れ」に物申す!──若者の3大遊びコンテンツ離れが止まらない?
【山田ゴメス連載】第5回 若者の「味噌汁離れ」はイマドキのダイエット信仰による副産物?
【山田ゴメス連載】第6回 スマホしか使えない!? 若者の「パソコン離れ」でオフィスからPCが消滅する日 
【山田ゴメス連載】第7回 年賀状は出さない!メールで年始の挨拶は普通? 若者の「年賀状離れ」が当たり前になる時代
【山田ゴメス連載】第8回 「若者の漢字離れ」が叫ばれて久しいが、漢字から離れているのは若者だけではない!?
【山田ゴメス連載】第9回 「若者のアムロ離れ」は、電撃的な安室奈美恵の引退劇と紅白出場決定発表で掻き消された?
【山田ゴメス連載】第10回 「若者のビール離れ」のリアルな声の核心は……3つの「○○い」というシンプルな理由だった?
【どう思う?】「若者のスナック離れ」を嘆くオジサンたちと、なんで嘆いているのかよくわからない若者たち

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【メンズスキンケア】自分の肌、気にしてますか? ~2018年後半戦は「美肌」で男を上げろ~(PR)

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話