【映画レビュー】スパイの英国紳士によるド派手なアクション!『キングスマン/ゴールデン・サークル』のあらすじ・登場人物

kingsman_19

2018年一発目の映画レビューは、2018年1月5日に日本公開となった『キングスマン:ゴールデン・サークル』。「2018年に公開予定のおすすめ洋画15選」にも選抜したように、今年最注目の一本です。 

今回は映画のあらすじ、登場人物紹介だけでなく、劇中に登場するキャラクターたちのファッションやアイテムについても解説していきます。映画ファンのみならず、メンズファッションに興味をお持ちの方も必見です!

【あらすじ】キングスマン壊滅! 残されたエグジーたちはどうなる?

表の顔はロンドンの高級テーラー、その実態は、どの国家にも属さない世界最強のスパイ組織キングスマン。謎の組織ゴールデン・サークルにより、キングスマンの秘密基地とエージェントたちは、次々と壊滅してしまいます。生き残ったエージェントのエグジー(タロン・エガートン)とブレーン兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)は、同盟組織「ステイツマン」に助けを求めるため、アメリカはケンタッキー州へ旅立ちます。

2015年に公開され、豊作だったその年のアクション映画のなかでも、新作でありながら高い評価と人気を得たのが、前作『キングスマン』。すでにベテラン俳優として確固たる地位を築いていたコリン・ファース(『シングルマン』『英国王のスピーチ』など)を中心に、同じくベテランのマイケル・ケインやサミュエル・L・ジャクソン、これが本格映画進出となる若手俳優タロン・エガートンなど魅力的なキャストにより、刺激的で魅力的なアクションとストーリーが話題を呼びました。

本作『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、3年ぶりとなる待望の続編。建材どころかパワーアップしたアクション、新たな仲間「ステイツマン」と謎の組織「ゴールデン・サークル」が加わり、ますますスタイリッシュでハチャメチャな『キングスマン』から目が離せません!

 

【登場人物】『キングスマン:ゴールデン・サークル』の主要キャラ 

「ゴールデン・サークル」は、前作で死んだと思われたハリー(コリン・ファース)が生きていた、という衝撃の予告が話題となりました。ここでは、続編に登場する主なキャラクターをご紹介します。

 

ゲイリー・“エグジー”・アンウィン(タロン・エガートン) 

キングスマンに属する不良あがりのスパイ。軟派な性格ですが腕は一流。亡きハリーに代わってコードネーム「ガラハド」を名乗り、日夜スパイ活動に従事していましたが、あるときゴールデン・サークルの攻撃により、仲間のほとんどを失ってしまいます。

 

ハリー・ハート(コリン・ファース)

キングスマンのベテランスパイでエグジーの師匠。前作『キングスマン』では脳天を拳銃でブチ抜かれ、死んだと思われてしましたが、実は生きていたようです。はたして、ハリーはどのようにして瀕死の状態から息を吹き返したのでしょうか?

 

マーリン(マーク・ストロング)

キングスマンのブレーン兼メカ担当。ゴールデン・サークルの攻撃からエグジーとともに生き残った、唯一のエージェントです。本作ではいつもの裏方業務だけでなく、現場でのスパイ活動にも従事しますが……。

 

ポピー・アダムズ(ジュリアン・ムーア)

謎の組織ゴールデン・サークルのボス。上品で物腰の柔らかな風貌には似つかわしくない、残忍でサイコパスな性格の女性です。ボタン一つでキングスマンの秘密基地すべてを一斉攻撃できるほど、強大な力を持っています。

 

【見どころ】キレッキレのアクションと老若男女を魅了するファッション!

ひと昔前、80年代~90年代のアクションと言えば、アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローンなど、いわゆるゴリゴリマッチョの肉体派アクションスターが、筋肉という鎧を武器に戦うアクションが主流でした。その後、2000年代前半はマット・デイモン主演の『ボーン』シリーズのような、頭脳と肉体を兼ね備えたスパイもの、トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』シリーズのように、のちのMCUの礎となる、CGなどの視覚効果をふんだんに使ったアメコミヒーローものが台頭してきます。

それから試行錯誤を繰り返していくアクション映画界において、スタイリッシュなアクションとファッションを兼ね備えた作品が、この『キングスマン』と言えるでしょう。スパイ映画の金字塔である『007』シリーズという先駆者がありながら、かつての『007』がそうであったように、スタイリッシュあり、ハチャメチャでナンセンスもあり、何でもありの『キングスマン』は、新たにアクション映画の歴史に名を残したと名作と言えるでしょう。

難しい話はここまでにして……。ぜひ注目していただきたいのは、スーツ! メガネ! 傘! これほど男性の魅力を100パーセント引き出すアイテムがふんだんに登場し、なおかつアクションもキレッキレで超過激なところ。男性も女性も、老いも若きも、魅了されること間違いなしです!

 

『キングスマン:ゴールデン・サークル』で使用された注目アイテム5選

『キングスマン』は、ストーリーやアクションの面白さはもちろん、キャラクターのファッションにも注目です。ここでは、劇中に登場したスパイグッズのなかから、英国紳士に憧れを持つ男性の心に刺さるアイテムをピックアップしてみました。

 

【注目アイテム①】オレンジのタキシードジャケット

本作のポスターにも使われている、インパクト絶大なオレンジカラーのタキシードジャケット。アメリカ出身の衣装デザイナーである、アリアンヌ・フィリップスの手によりプロデュースされました。劇中では、エグジーがスウェーデンの王女で自身の恋人でもあるティルデ王女と、その両親との宮中晩さん会で着用しています。『キングスマン:ゴールデン・サークル』でコラボレーションした、イギリスの大手通販サイトMR PORTERで公式に販売中です。

出典:MR PORTER(https://www.mrporter.com/en-gb/mens/kingsman/eggsy-s-orange-faille-trimmed-cotton-velvet-tuxedo-jacket/917866?ppv=2)

出典:MR PORTER

 

【注目アイテム②】スウェイン・アドニー製の紳士傘

イギリスの紳士にとって欠かせないアイテムが傘。『キングスマン』でも、傘は紳士のたしなみとして、また強力な武器として登場します。この劇中で使用されている傘のレプリカが、MR PORTERで販売されています。キングスマンの傘のような防弾仕様ではありませんが、イギリスの企業スウェイン・アドニー (SWAINE ADENEY)社製造の高級傘。キングスマンのロゴが留め具にあしらわれています。お値段は推してはかるべし!

出典:MR PORTER(https://www.mrporter.com/en-gb/mens/kingsman/--swaine-adeney-brigg-chestnut-wood-handle-umbrella/936604?ppv=2

出典:MR PORTER

 

【注目アイテム③】タグ・ホイヤー コネクテッド

注目アイテムの3つめは、キングスマンのミッション遂行に欠かせない腕時計。「ゴールデン・サークル」では世界的高級時計ブランドのタグ・ホイヤーが、マーベルおよび20世紀フォックスとグローバルパートナーシップを締結、本作のためにデザインされた、キングスマン・オリジナルモデルが製作されました。劇中では、エグジーがタグ・ホイヤーのコネクテッドを着用。麻酔注射(『名探偵コナン』ばりに)やハッキングなどでスパイ活動のあらゆる場面で使用されます。

 

【注目アイテム④】カトラー アンド グロスの眼鏡

キングスマンのトレードマークとも言えるのが黒縁の眼鏡。Googleグラスのように、着用者にはさまざまな情報が送り込まれるコンピューター搭載眼鏡です。スタイリッシュなフォルムに心をわしづかみにされ、オシャレに取り入れたいと考える男性も多いはず。こちらはイギリスの高級眼鏡ブランドのカトラーアンドグラス(CUTLER AND GROSS)製で、前作『キングスマン』の公開後、日本でもその名が広く知られました。

出典:MR PORTER(https://www.mrporter.com/en-gb/mens/kingsman/--cutler-and-gross-square-frame-tortoiseshell-acetate-optical-glasses/729020

出典:MR PORTER

 

【注目アイテム⑤】ハンツマンの高級スーツ

最後はキングスマンを象徴するマストアイテムであるスーツ。劇中ではエグジーやハリーがさまざまなカラー、デザインのスーツを着用していますが、ここではエグジーが劇中の冒頭から着用している、チャコールのダブルのスーツをご紹介します。キングスマンの本部がある高級テーラーの場面は、200年以上の歴史を持つ、ロンドンの老舗テーラー・ハンツマン(Huntsman)で撮影されています。

キングスマンが着用するスーツももちろん、ハンツマン製。クラッシックでありながらベーシック、英国貴族によって洗練されたデザインは、日本人男性をも魅了することでしょう(こちらも防弾仕様はありません)。

出典:MR PORTER(https://www.mrporter.com/en-gb/mens/kingsman/eggsy-s-charcoal-double-breasted-chalk-striped-wool-suit-jacket/917857

出典:MR PORTER

 

2018年の映画初めは『キングスマン:ゴールデン・サークル』で!

スタイリッシュなアクションだけではなく、ファッションにも注目したい『キングスマン:ゴールデン・サークル』。2018年の映画初めにもってこいの作品です。前回は「一人映画特集の記事」を書かせていただきましたので、ぜひ一人映画デビューの記念にどうぞ!

『キングスマン:ゴールデン・サークル』の予告動画はこちら

 

メイン画像出典:Kingsman: The Golden Circle

 

ライター : モトムラ・ハジメ

0717_7

東京都日野市在住、元ゲームプランナー・ディレクター。現在はライターとして経済、エンタメ、恋愛、映画レビューを中心に多方面で記事を執筆中。趣味は映画鑑賞とプロレス観戦。映画はジャンル問わず年間150本以上鑑賞、プロレスは新日本プロレス、DDT、スターダム推し。

【映画 関連記事】
『キングスマン/ゴールデン・サークル』 ■ 一人映画デビューのための心構えから、おすすめの時間帯・座席まで ■2017年公開の映画を振り返る! おすすめのアクション映画10選 ■2018年に公開予定のおすすめ「洋画」15選 ■【MARVEL話題作】2018年の注目アメコミ映画はコレ!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を語る! 第1弾 ■2017年末-2018年始~はじめての自宅デートにおすすめの映画11選! ■ネタバレ覚悟の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ■『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』 ■『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』 ■『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』 ■『スター・ウォーズ/ファントム・メナス』 ■『スター・ウォーズ/クローンの攻撃』 ■『スター・ウォーズ/シスの復讐』 ■『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ■『SW』レイア姫 女優キャリー・フィッシャートリビュート映像 ■ ゴジラ映画を順番に観るならこの8本! ■マーベル映画シリーズの最凶ヴィラン「7体」 ■【ネタバレあり】『猿の惑星:聖戦記』レビュー&シリーズ全9作の振り返り ■【ネタバレあり】『アウトレイジ 最終章』感想&レビュー! ■【実話の感動作】『ドリーム』 ■『ブレードランナー 2049』が10/27に公開! なぜ35年ぶりに? ■監督「ジョージ・A・ロメロ」追悼で思ふ、流れゆく「ゾンビの進化」 ■『アウトレイジ 最終章』前作までのあらすじ&見どころのおさらい ■【絶対欲しい!】バック・トゥ・ザ・フューチャー2の未来型ナイキスニーカー「NIKE AIR MAG(マグ)」 ■付き合う前の初デート&2回目デートの際に映画館は危険! ■逃げ恥ロス時に見たい! 俳優・星野源が美女相手に○○○○な映画3選

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【メンズスキンケア】自分の肌、気にしてますか? ~2018年後半戦は「美肌」で男を上げろ~(PR)

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話