【2018年新作映画】新作を要チェック! 2018年に公開予定のおすすめ「洋画」15選

2018soosusume_06

2018年は、平昌オリンピック(冬季)やFIFAワールドカップロシア大会の開催、歌手の安室奈美恵の引退など、さまざまなイベントが目白押しです。そんななか、映画ウォッチャーである筆者が気になるのは、やはり2018年に公開が予定されている新作映画です。

今回は、2018年に公開予定のおすすめ「洋画」を15本、ピックアップしました。日本での公開日が明らかとなっているものを中心に、映画ファンのみならずとも劇場に足を運んで観たい作品を選びましたので、ぜひチェックしてみてください!

【注目映画①】『キングスマン ゴールデン・サークル』

【公開予定日】2018年1月5日
【監督】マシュー・ヴォーン
【出演】タロン・エガートン、コリン・ファース、チャニング・テイタム、ジュリアン・ムーア

【あらすじ】
表の顔はロンドンの高級テーラー、その実態はどの国にも属さない最強のスパイ組織「キングスマン」。世界的麻薬組織「ゴールデン・サークル」の手により、崩壊の危機に陥ったキングスマンでしたが、生き残ったエージェントのエグジー(タロン・エガートン)は、アメリカの同盟スパイ組織「ステイツマン」と協力し、敵の陰謀を阻止するため動き出します。

【注目ポイント】

2015年に公開された『キングスマン』の続編映画。私事ですが、筆者は『キングスマン』を観て、普段のオシャレにスーツとメガネを取り入れるほど感化されてしまいました。

スーツでビシっと決めた英国紳士が、キレッキレのアクションで敵をなぎ倒していく爽快感とギャップが本作最大の魅力です。前作で死んだとされていた主人公エグジーの師・ハリー(コリン・ファース)が実は生きていた?から始まる衝撃のシリーズ2作目! 映画ファンのみならず、「スーツをかっこよく着こなしたい!」という男性も必見です。

 

【注目映画②】『グレイテスト・ショーマン』

【公開予定日】2018年2月16日
【監督】マイケル・グレイシー
【出演】ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ゼンダイヤ、ミシェル・ウィリアムズ

【あらすじ】
19世紀のアメリカに実在したエンターテイナー、P・T・バーナムの半生を描くミュージカル映画。事業に失敗し、職を失ったバーナム(ヒュー・ジャックマン)はあるアイデアをひらめき、仲間たちとともに興行師としてショービジネスを立ち上げます。リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスは大成功を収め、一躍有名になりますが……。

【注目ポイント】

主演は名優ヒュー・ジャックマン。最近では『X-MEN』でのウルヴァリンのイメージが定着していますが、彼のキャリアのスタートはミュージカル俳優です。名作『レ・ミゼラブル』でもその美声を披露したように、本作でも彼の本領発揮となるでしょう。『スパイダーマン:ホームカミング』で主人公のサークルメイトを演じた、若手ダンサーで女優のゼンダイヤの活躍にも目が離せません。

 

【注目映画③】『ブラックパンサー』

【公開予定日】2018年3月1日
【監督】ライアン・クーグラー
【出演】チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ、フォレスト・ウィテカー

【あらすじ】
ティ・チャラは、昼はアフリカ・ワカンダ国の王、夜は漆黒のヒーロー「ブラックパンサー」という2つの顔を持つ若き国王。彼の祖国には、圧倒的なパワーを秘めた鉱石「ヴィヴラニウム」が眠っていました。世界の崩壊を目論む悪の魔の手からワカンダ王国と鉱石を守るため、ティ・チャラはブラックパンサーとして立ち上がります。

【注目ポイント】

2018年もマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の勢いは健在。現在予定されている2018年公開のMCUシリーズは3本で、その1発目が異色のヒーローを描く『ブラックパンサー』です。監督は若手ながら、名作『ロッキー』の続編映画『クリード  チャンプを継ぐ男』で高い評価を受けたライアン・クーグラー。これまでヒューマンドラマを中心に撮ってきた気鋭の若手が、MCU随一のハイスピードアクション・ヒーローをどうのように仕上げるのか、アメコミファンならずとも非常に楽しみな映画です。

【関連記事】
【アメコミ/MARVEL映画】モトムラ厳選ベスト10! マーベル映画シリーズをDVD・Blu-rayで順番に観るならこの10本がおすすめ!

 

【注目映画④】『リメンバー・ミー』

【公開予定日】2018年3月21日
【監督】リー・アンクリッチ
【声の出演】アンソニー・ゴンザレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベンジャミン・ブラット

【あらすじ】
天才的なギター演奏の才能を持つ少年ミゲル。しかし、彼の一族には「音楽を禁止する」という厳格な掟があり、彼は家族に内緒でこっそりとギターの練習をするしかありませんでした。そんななか、他界した先祖が家族に会いに来るという「死者の日」に、ミゲルは家族の反対を押し切って、音楽コンテストに参加することを決意します。

【注目ポイント】

ディズニー&ピクサーの人気アニメーション映画『トイ・ストーリー3』のスタッフによる最新作。メキシコの伝統的な「死者の日」の祭を舞台として、ギター好きの少年が憧れの高祖父に会いに行く物語を描きます。

ピクサーのアニメ作品はどれも素晴らしいのですが、『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』、『ファインディング・ニモ』などの人気シリーズを除いては、ここ5年ほど興収的に「大当たり」と言えるような作品が出ていない印象です。恒例の同時上映は超人気作『アナと雪の女王』の短編映画。映画ウォッチャーとしては、「『リメンバー・ミー』がピクサーの新たな人気作となるか」にも注目したいところです。

 

【注目映画⑤】『トゥームレイダー ファースト・ミッション』

【公開予定日】2018年3月21日
【監督】ローアル・ユートハウグ
【出演】アリシア・ヴィキャンデル、呉彦祖、ウォルトン・ゴギンズ、ドミニク・ウェスト

【あらすじ】
トレジャーハンターのララ・クロフトの活躍を描く、人気アクション・アドベンチャーゲームの実写映画。大学生のララ・クロフトは、幼い頃に失踪した冒険家の父が遺したメッセージに導かれ、世界を滅ぼす力を秘めた財宝を狙う秘密組織「トリニティ」に立ち向かいます。

【注目ポイント】

『トゥームレイダー』は、2000年代にアンジェリーナ・ジョリー主演で実写化されていますが、本作「ファースト・ミッション」はそのリブート版の第1弾。新たにヒロインを演じるのは、『エクスマキナ』や『リリーのすべて』での演技が高く評価された、オスカー女優のアリシア・ヴィキャンデル。ルイ・ヴィトンのミューズでもある彼女は線の細いイメージがありますが、アンジェリーナ・ジョリーとはまた違った魅力で、美しくも力強いヒロインを演じてくれることでしょう。

 

【注目映画⑥】『パシフィック・リム:アップライジング』

【公開予定日】2018年4月
【監督】スティーヴン・S・デナイト
【出演】ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、菊地凛子、景甜、新田真剣佑

【あらすじ】
異世界から現れたKAIJU(怪獣)により、人類は滅亡の危機に陥っていました。残された人類は、人間が乗り込んで操作する巨大ロボット「イェーガー」に最後の望みを託します。

【注目ポイント】

巨大ロボットVS怪獣という、日本人の大好物を圧倒的ド迫力の映像で再現、多くのコアなファンを獲得した映画『パシフィック・リム』の続編です。90年代にサンライズの「勇者シリーズ」を観て育った世代には、ド直球の映画となるでしょう。前作ではいちおうのハッピーエンドを迎えていましたが、「あの戦いは始まりに過ぎなかった」からの、新旧キャストを交え、デザインを一新したイェーガーとKAIJUたちの新たな戦いが描かれます。日本人俳優や日本を舞台とした戦闘シーンにも注目!

 

【注目映画⑦】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

【公開予定日】2018年4月27日
【監督】アンソニー・ルッソ、 ジョー・ルッソ
【出演】ロバート・ダウニー・Jr、クリス・プラット、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース

【あらすじ】
MCUシリーズ第19作目。宇宙を支配する力を持つインフィニティストーンを手に入れるため、ついに宇宙最強のヴィラン・サノスが動き出します。アイアンマンやキャプテン・アメリカら分裂してしまったアベンジャーズたちは、地球が迎える新たな危機に対し、ふたたび結集し、巨悪を退けることができるのでしょうか?

【注目ポイント】

3年に1度のヒーロー大集合まつり「アベンジャーズ」シリーズの第3作目。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で真っ二つに割れてしまったアベンジャーズでしたが、最強の敵・サノスはそのスキを狙うかのように、地球への侵略を始めます。新たにアベンジャーズに加わった、スパイダーマンやドクター・ストレンジの活躍はもちろん、これまでベールに包まれていたサノスの実力が、本作でいよいよ明らかとなります。※もっと詳しい解説記事はこちら

 

【注目映画⑧】『レディ・プレイヤー1』

【公開予定日】2018年4月30日
【監督】スティーヴン・スピルバーグ
【出演】タイ・シェリダン、オリヴィア・クック、ベン・メンデルソーン、T・J・ミラー

【あらすじ】
2045年、地球の環境汚染により、人類の大半がスラム街で暮らす未来。若者たちは苦しい生活から逃れるために、「オアシス」と呼ばれるバーチャルの世界に没頭していました。主人公のウェイド(タイ・シェリダン)は、オアシスの創始者がゲームに残した莫大な遺産を探し出すため、現実の世界をも巻き込む危険なゲームにのめり込んでいきます。

【注目ポイント】

2018年のゴールデンウィーク映画のトップバッターは、巨匠スティーヴン・スピルバーグの最新作。本作はゲームの世界が舞台のSF映画で、原作小説と同じように、アメリカや日本の有名なキャラクターが、作品の枠を越えて多数参加しています。たとえば、『機動戦士ガンダム』からは、主人公機のRX-78-2ガンダム、『AKIRA』からは金田のバイク、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』からはデロリアン!まさに、子どもの頃にだれもが夢想したあり得ない世界が、ついにスピルバーグの手により映像化されます。

 

【注目映画⑨】『デッドプール2(仮)』

【公開予定日】2018年6月
【監督】デヴィッド・リーチ
【出演】ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、ザジー・ビーツ、ブリアンナ・ヒルデブランド

【あらすじ】
不死身の肉体を持つスーパーヒーロー、デットプールの活躍を描く映画の第2弾。

【注目ポイント】

アメコミヒーローの実写映画は数あれど、いまはMCUの一強時代と言っても過言ではないでしょう。それに唯一対抗できる作品があるとすれば……この『デッドプール』を置いて他にはありません! おふざけ、下ネタ、ゴシップ満載の、およそヒーローとは思えない映画ながら、戦闘シーンでは超絶スタイリッシュなアクションを披露してくれます。公開が半年後に迫っているのに、いまだあらすじすら明らかになっていない……!

とりあえずこの動画でも観て公開を待ちましょう(わかる人にはわかる)。

 

【注目映画⑩】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

【公開予定日】2018年6月29日
【監督】ロン・ハワード
【出演】アルデン・エーレンライク、ウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー

【あらすじ】
『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品群「アンソロジー・シリーズ」の第2作目にあたり、前作の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と同じく、エピソード4の直前が舞台とされています。若きハン・ソロと相棒のチューバッカ、そして悪友のランド・カルリシアンとの出会いが描かれるようです。

【注目ポイント】

1年ごとに本編とスピンオフを交互に公開していく、ディズニー体制の『スター・ウォーズ』シリーズ。2018年はシリーズの人気キャラクターであるハン・ソロにスポットを当て、彼がルークやオビ=ワンに出会うまでの物語がつづられます。監督は『アポロ13』や『ビューティフル・マインド』などで知られるロン・ハワード。実話ベースの映画を手がけることの多かった彼が、本格SF映画、しかも『スター・ウォーズ』シリーズをどのように描くのか、『スター・ウォーズ』のファンとしては気になるところです。

 

【注目映画⑪】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

【公開予定日】2018年7月13日
【監督】フアン・アントニオ・バヨナ
【出演】クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジェフ・ゴールドブラム、トビー・ジョーンズ

【あらすじ】
ジュラシック・ワールドの事件から3年。パーク建設されていた島では火山噴火が相次ぎ、生き残りの恐竜たちを脅かす事態となっていました。パークの運用管理者だったクレア・ディアリング(ブライス・ダラス・ハワード)は、恐竜を保護するために組織を立ち上げ、パークの元恐竜監視員であるオーウェン・グレイディ(クリス・プラット)にも協力を要請します。彼ら探検隊がパークの跡地の島で見た光景とは……。

【注目ポイント】

2015年に公開された前作『ジュラシック・ワールド』は世界的に大ヒット。日本でもその年の興収トップとなる95.3億円を叩き出しました。筆者と同じアラサー世代は、少年期に93年公開の『ジュラシック・パーク』をリアルタイムに経験した世代。本作を親子二代で鑑賞した、という方も多いのでは?

前作と同様に、20年以上の時を経て進化した最新のCG技術で、恐竜の肌の質感や実在感がパワーアップしていることでしょう。これほど「3D映え」する映画もないですから、夏休み映画の1本にぜひお加えください!

 

【注目映画⑫】『アントマン・アンド・ザ・ワスプ』

【公開予定日】2018年7月6日(アメリカ)
【監督】ペイトン・リード
【声の出演】ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、ローレンス・フィッシュバーン

【あらすじ】
アリのように極小サイズにも、巨人のように超巨大サイズにも自由になれるスーツをまとったスーパーヒーロー、アントマンことスコット・ラングが活躍するシリーズの第2作目。MCUとしては第20作目にあたります。前作のラストでワスプ(蜂)のスーツをわたされた、ラングの恋人ホープ。タイトルからは、彼ら二人が協力して闘うことが予想されますが、ストーリーやヴィランについては今のところ明らかになっていません。

【注目ポイント】

アイアンマンやスパイダーマンに比べると知名度は劣りますが、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ではキャプテン・アメリカ陣営で大活躍したアントマン。アリのような極小サイズで戦うシーンは、人間目線だとあまりに小さすぎて笑ってしまうほどで、MCUのなかでもとくにユーモアのある異色作です。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の直後に公開される予定ですので、MCUの流れを追っていくなら要注目!

 

【注目映画⑬】『ミッション:インポッシブル6(仮)』

【公開予定日】2018年7月27日(アメリカ)
【監督】クリストファー・マッカリー
【声の出演】トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペグ

【あらすじ】
あらすじはまだ公開となっていませんが、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を監督したクリストファー・マッカリーが続投。

【注目ポイント】

一時期エンタメ寄りだったシリーズが、前前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』あたりから、シリアスかつスリリングに進化を遂げたため、本作もその路線で行くことが予想されます。今のところ作品の内容に関することはほとんど明らかになっておらず、主演のトム・クルーズが撮影中に大ケガを追ったが復帰したという、気になるニュースだけが伝えられている状況です。

 

【注目映画⑭】『インクレディブル・ファミリー』

【公開予定日】2018年8月1日
【監督】ブラッド・バード
【声の出演】ホリー・ハンター、クレイグ・T・ネルソン、サミュエル・L・ジャクソン

【あらすじ】
超能力を持ったスーパーヒーローの一家を描いた『Mr.インクレディブル』の続編。今回は妻のイラスティガールことヘレンにスポットを当て、前作のラストで対決直前だったアンダーマイナーとの戦いが描かれます。

【注目ポイント】

ピクサーの人気アニメ映画は、10年ほどの間を置いて続編が公開されることが多いのですが、2018年公開の『Mr.インクレディブル』最新作は、じつに14年ぶり。前作の公開当時、小学生だった子どもも、いまや成人して社会人として働いている年月が経っているわけです。ピクサーの他シリーズ『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』に比べると、ちょっとばかり印象が薄い作品ではありますが、それでも世界最高峰のアニメーションスタジオの制作とあれば、見逃すわけにはいきません!

 

【注目映画⑮】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

【公開予定日】2018年11月16日 (アメリカ)
【監督】デヴィッド・イェーツ
【声の出演】エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ

【あらすじ】
大ヒット作『ハリー・ポッター』の映画シリーズのスピンオフ第2作目。魔法動物学者のニュート・スキャマンダーを主人公に、魔法使いと人間が共存する世界、闇の魔法使いとの戦いを描きます。本作では、『ハリー・ポッター』シリーズにも登場した、アルバス・ダンブルドアの若き姿をジュード・ロウが演じます。

【注目ポイント】

大人も子どもも楽しめる魔法ファンタジー映画『ハリー・ポッター』ですが、筆者はまったくシリーズにノレなかった「ハリポタ弱者」。旧シリーズは第1作目である『ハリー・ポッターと賢者の石』で挫折してしまいましたが、スピンオフとなる『ファンタスティック・ビースト』は、劇場に3回観に行ったほどお気に入りの作品です。大人も引き込まれるシリアスな展開あり、思わず涙してしまうロマンスありで、ハリポタ弱者の筆者も大いに楽しみにしています。

 

2018年もMCUとアクション映画から目が離せない

日本での公開日が明らかとなっていない作品も含め、筆者が注目している映画を15作品、ピックアップしてみました。2018年も世界でもっとも成功しているシリーズであるMCUの勢いは、とどまることを知りません。

さらに、今回ピックアップしたなかでも、アクション映画に分類されるであろう作品は9つ。このなかから、新たにアクションの名作と呼ばれる映画が出てくるのでしょうか?進化を続けるアクション映画、近いうちに特集記事でその魅力をたっぷりとお伝えしたいと思います!

メイン画像出典:Unsplash

ライター : モトムラ・ハジメ

0717_7

東京都日野市在住、元ゲームプランナー・ディレクター。現在はライターとして経済、エンタメ、恋愛、映画レビューを中心に多方面で記事を執筆中。趣味は映画鑑賞とプロレス観戦。映画はジャンル問わず年間150本以上鑑賞、プロレスは新日本プロレス、DDT、スターダム推し。

【映画 関連記事】
 一人映画デビューのための心構えから、おすすめの時間帯・座席まで ■2017年公開の映画を振り返る! おすすめのアクション映画10選 ■2018年に公開予定のおすすめ「洋画」15選 ■【MARVEL話題作】2018年の注目アメコミ映画はコレ!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を語る! 第1弾 ■2017年末-2018年始~はじめての自宅デートにおすすめの映画11選! ■ネタバレ覚悟の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ■『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』 ■『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』 ■『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』 ■『スター・ウォーズ/ファントム・メナス』 ■『スター・ウォーズ/クローンの攻撃』 ■『スター・ウォーズ/シスの復讐』 ■『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ■『SW』レイア姫 女優キャリー・フィッシャートリビュート映像 ■ ゴジラ映画を順番に観るならこの8本! ■マーベル映画シリーズの最凶ヴィラン「7体」 ■【ネタバレあり】『猿の惑星:聖戦記』レビュー&シリーズ全9作の振り返り ■【ネタバレあり】『アウトレイジ 最終章』感想&レビュー! 【実話の感動作】『ドリーム』 ■『ブレードランナー 2049』が10/27に公開! なぜ35年ぶりに? ■監督「ジョージ・A・ロメロ」追悼で思ふ、流れゆく「ゾンビの進化」 ■『アウトレイジ 最終章』前作までのあらすじ&見どころのおさらい ■【絶対欲しい!】バック・トゥ・ザ・フューチャー2の未来型ナイキスニーカー「NIKE AIR MAG(マグ)」 ■付き合う前の初デート&2回目デートの際に映画館は危険! ■逃げ恥ロス時に見たい! 俳優・星野源が美女相手に○○○○な映画3選

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【ハプバー事件簿】人妻に連れられてハプニングバーに行ったら、期待を裏切らず無事『ハプニング』に遭遇した話

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話

【お肉博士1級】お肉検定に合格した僕が驚いた、食肉に関する衝撃的な事実6つ