【山田ゴメス連載】第9回 「若者のアムロ離れ」は、電撃的な安室奈美恵の引退劇と紅白出場決定発表で掻き消された?

ゴメス連載アイキャッチ09

引退宣言をした安室奈美恵が「紅白歌合戦」に出場することを12月19日、NHKが発表した。「安室側との出演交渉が難航中」との風評が多勢を占めていたゆえ、まさかの“どんでん返し”にマスコミも連日大騒ぎである。

もう見納めになるかもしれない国民的歌姫の晴れ姿を、それこそ日本国民すべてが待ち望んでいる的な空気がちまたに蔓延中……ではあるものの、はたしてアムロは本当に、あの山口百恵のように「日本国民すべて」から、そこまで愛され、引退を惜しまれているのだろうか? ちょっとだけ冷静になって、検証し直してみたい。

安室人気を支えているのはアラサーアラフォーのアムラー世代だけ?

安室の紅白出場が決定する5日ほど前、こんな記事をネット上で見つけた。デイリー新潮が発信したもので、タイトルは「安室奈美恵の特番が大コケ NHKもしらけムード」。とりあえずは「重要」と私が判断した箇所をいくつか抜粋しよう。

11月23日に放送されたNHKの特番「安室奈美恵『告白』」は、なぜか大コケ。夜10時からオンエアの1時間番組だったが、平均視聴率は9.1%。それに対し、裏番組の「秘密のケンミンSHOWスペシャル」(日本テレビ系)は10.1%だった。 

なぜなのか。メディア文化論を専門とする、上智大学の碓井広義教授が解説する。

「確かに、安室さんはヒッピホップの女王かもしれません。しかしながら、音楽の趣味嗜好がこれだけ多様化した時代では、かつての美空ひばりや山口百恵のような歌謡界全体の女王とまで言えるかは疑問です。ましてや、NHKの大票田は中高年層。満を持して、安室さんの番組を放送したのでしょうが、期待通りの数字が取れなかったのはNHKの勇み足というほかありません。

(中略)

安室さんの絶頂期は、1995年から2000年にかけてです。つまりは「アムラー」という彼女のファッションを真似する女性が相次いだ時期。そのころの(アラサーアラフォー世代の)ファンが、いまも変わらずに安室さんを応援していて、そこが9.1%の数字になっているのではないでしょうか。CDが爆発的に売れていると言っても、コアなファンに支えられているに過ぎないのです。」

ちなみに、私も別のネットメディアで「マスコミによって煽動されている感の強い肥大化されたアムロフィーバー」をチクリと批判するコラムを2017年の11月中旬に書いたのだけれど、本コラム内に登場する社会学者の古市憲寿氏(32)が『ワイドナショー』(フジテレビ系)で提言した、以下のシニカルな安室論は、じつのところ、わりに鋭く、安室奈美恵の“正確な立地点”を示唆しているのではなかろうか。

「みんな褒め過ぎな気がして……。ベスト盤、たしかに良かったんですけど、昔の曲、全部歌い直しているんですよ。歌い直した曲、正直、昔のほうがいいなと思っている曲もあるんですよね。音の伸びだとか高音だとか。(中略)安室さんにノーと言えない空気が気持ち悪い。」
「絶頂っていうわけでもなくて、最近のシングルとか、オリコンのランキングとかで6位とか。ずっと1位ってわけではない。」
「(紅白出場は)どっちでもいいんじゃないですか。」

こういった古市氏の一連の挑発的な言動に対し、熱烈な安室ファンを自認する女優の佐藤仁美(38)は、

「てめぇこの野郎!」
「こいつちょっとネガティブだな! 人が好きって言うとすぐ上から来るんだよ。お前、受け入れる器、ゼロだな。」

……と、ブチ切れたと聞くが、佐藤のような一種の“フーリガン”によって、安室レジェンドの“マス”は少なからず水増しされている点も否定できない。

 

「国民的スター」は安室よりAKB48?

前出の碓井広義教授が指摘するとおり、安室人気の多くを支えているのは、「アムラー」と呼ばれた“アラサーアラフォー世代”であり、(小室哲哉と決別してからは)音楽ジャンルで言えば“ヒップホップ好き”である。

たとえば、50代の私なんかは、安室のチョイグロな肌質や、丸顔童顔に長い四肢といったボディバランス、すなわち外見はけっこうタイプなんだが、彼女の歌に関しては、正直かなり有名どころしか知らなかったりする。

また、たとえば、20代の女子に安室の話を振ってみると、

「去年の(リオ五輪のNHKテーマソング)『Hero』は好きだったけど、それ以外の曲はほとんど聴かない。」
(26歳・広告関係)
「引退しても、私の私生活にはなんの影響もありません。」
(24歳・美容師) 
「年末は紅白よりはガキ使を観ます。」
(23歳・アパレル関係) 

……なんて、薄いリアクションしか返ってこなかった。そう!「若者のアムロ離れ」は着実に進行しており、先にも言ったが、一部の安室フーリガンたちが、“引退”を機に水面下から浮かび上がってきて、それにマスコミが乗っかってきたことによって、いつしか安室奈美恵は「国民的スター」の座へと急速的にのし上げられてしまったのだ。

私は「国民的スター」の概念を「老若男女問わずの知名度」のみと解釈するなら、AKB48のほうが安室より上だと考える。ただ、最後に一つ付け加えるなら、安室奈美恵自身が「国民的スター」なる称号をありがたいと感じているかどうか……と問われれば、おそらく「ありがた迷惑」程度……って気はしなくもない。妙な言い回しであるのは承知で、私はこう言いたい。

どうか、そっと引退させてあげましょうよ……。

山田ゴメス連載:若者の「〇〇離れ」に物申す!
他の記事はこちらから

ライター : 山田 ゴメス

1962年大阪生まれ B型 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、偏った幅広さを持ち味としながら、阪神タイガースと草野球をこよなく愛し、年間80試合以上に出場するライター&イラストレーター。『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』ほか、著書は覆面のものを含めると30冊を越える。

【関連記事】
【婚活・合コン】安室奈美恵&息子デート事件から思う いつまでも美人で若々しい女性の選び方(4つのポイント)
【新連載】山田ゴメスの「若者の○○離れ」に物申す! 第1回「若者の免許&クルマ離れ」~都心における車の所有はもはや見栄?~
【山田ゴメス連載】第2回 若者の「おっぱい離れ」と「海離れ」に物申す! 両者の微妙な関連性について
【山田ゴメス連載】第3回 若者の「ガム離れ」に物申す! 若者の「ガム離れ」で街はきれいになったけど……?
【山田ゴメス連載】第4回「酒離れ」「クラブ離れ」「カラオケ離れ」に物申す!──若者の3大遊びコンテンツ離れが止まらない?
【山田ゴメス連載】第5回 若者の「味噌汁離れ」はイマドキのダイエット信仰による副産物?
【山田ゴメス連載】第6回 スマホしか使えない!? 若者の「パソコン離れ」でオフィスからPCが消滅する日 
【山田ゴメス連載】第7回 年賀状は出さない!メールで年始の挨拶は普通? 若者の「年賀状離れ」が当たり前になる時代
【山田ゴメス連載】第8回 「若者の漢字離れ」が叫ばれて久しいが、漢字から離れているのは若者だけではない!?
【山田ゴメス連載】第9回 「若者のアムロ離れ」は、電撃的な安室奈美恵の引退劇と紅白出場決定発表で掻き消された?
【山田ゴメス連載】第10回 「若者のビール離れ」のリアルな声の核心は……3つの「○○い」というシンプルな理由だった?

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

おすすめ記事

<PR>家庭用脱毛器とゴリラ脱毛の違いを徹底比較!効果?期間?費用?何が違う?

【廃棄処分問題】恵方巻の余りを捨てる前に読みたい、恵方巻生産工場のバイトをしたときのお話 ~ 終わらない仕込み地獄

【カオス名所】スーパー胡散臭い! ベトナム・ホーチミンの「スイティエン公園」がツッコミどころ満載過ぎて入園不可避(後編)

【#ストロングゼロ文学】人気の缶チューハイでTwitterの大喜利祭り&ネタにNHKが便乗! この事態に製造元サントリーの反応は?

【カオス名所】スーパー胡散臭い! ベトナム・ホーチミンの「スイティエン公園」がツッコミどころ満載過ぎて入園不可避(前編)

【樹海都市伝説】 樹海歴15年「樹海マニアK氏」に聞く! コンパスや謎の集落や死体など樹海の話、そして樹海の今昔について

【常磐線開通】変わらぬゴーストタウンと変わりゆく「フクシマ」 ~女性写真家「星野藍」が見た福島県浪江町と富岡町の現在

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【ハプバー事件簿】人妻に連れられてハプニングバーに行ったら、期待を裏切らず無事『ハプニング』に遭遇した話

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話

【お肉博士1級】お肉検定に合格した僕が驚いた、食肉に関する衝撃的な事実6つ