【不倫経済学に学ぶ】ベッキー・今井絵理子だけじゃない。不倫に罪悪感がある女性は僅か2%?

IMG_0731

 ベッキーから始まり、乙武洋匡、今井絵理子、斉藤由貴など、近年、芸能人の不倫ニュースは尽きることがありません。

 不倫した芸能人はネットなどで叩かれ、謹慎期間を設けたり、不倫報道をきっかけに仕事が少なくなってしまったり、それ相応の代償を支払っているように見えます。

数ある不倫ニュースの中で、一番大きな代償を支払ったのは、タレントのベッキーでしょう。明るいイメージで売っていた彼女はCMやレギュラー番組を降板。謹慎期間を経て復帰した今も依然の勢いは取り戻せないでいます。

不倫はしてはいけないものである、という前提があるため、このように叩かれてしまったわけです。

では、実際に世間の人たちは本当に「不倫は悪」だと考えているのでしょうか? エコノミストの門倉貴史著、『不倫経済学』では、「不倫をすることに罪悪感がある」人は、実はとても少ないというデータがあると指摘しています。

今回は、『不倫経済学』をテキストに、罪悪感の有無、どこからが不倫か、交際期間、など不倫の実際について、データに基づいて明らかにしていきたいと思います。

不倫に罪悪感がある女性はたった2%

出典:shutterstock

出典:shutterstock

一般的な不倫のイメージで一番多いのは、年上の既婚男性+年下の独身女性、の組み合わせではないでしょうか。

既婚女性+既婚男性のカップル、既婚女性+独身男性のカップルは、少数派であり、既婚女性は既婚男性よりも不倫をすることに積極的ではないと考えられます。

しかし、実際には、既婚女性のほとんどは不倫に罪悪感はないとデータは示しています。

「アシュレイ・マディソン」が2014年に行った調査によると、「不倫について罪悪感があるか?」という質問に対して、「ある」と回答した女性の正解平均は8%であったのに対して、日本女性はわずか2%。男性の場合、世界平均19%に対して、日本人男性は8%。国際的にみて日本の男女(特に女性)は罪の意識が希薄であることが明らかになった。(P.78)

女性の98%、男性の92%が不倫をしていても罪悪感が無いというのは驚きのデータです。

ですが、これは「アシュレイ・マディソン」の独自調査であるということを考慮しておく必要があるでしょう。

「アシュレイ・マディソン」は、2010年に創業された、既婚男女向けの出会い系サイトで、日本には2013年に進出しています。上記のデータから、「アシュレイ・マディソン」は日本の既婚男女は不倫に対して罪悪感があまりないと踏んでおり、それゆえ、日本の不倫市場は有望株だとみているようです。

こちらのデータがどのように収集されたのかは定かではありませんが、もしサイトに登録した男女を対象に行った調査であるならば、一般的な男女の不倫に対する罪悪感ではなく、「不倫している(しようとしている)既婚男女の中で」罪悪感が無いのは男性92%、女性98%と考えてよいでしょう。

いずれにせよ、90%以上の既婚男女が、不倫をしている(しようとしている)のに罪の意識がない、とは驚きです。

では、次に、どこからが不倫にあたるのか、についてみていきましょう。

 

「キスは不倫に入るか否か」は男女差アリ

 shutterstock_605534504

浮気のボーダーラインと同様に、どこからが不倫になるのか、については個人差があるようです。

キスは不倫になるかどうかについては男女の意識の違いが大きく、米国の調査によると、女性の60%が「キスは不倫に入る」とした一方、「キスは不倫に入る」と答えた男性はたったの34%だった。(P.94)

思ったより、キスを不倫とカウントしない人が多い印象です。

ですが、ここでも留意しておかなければいけないのは、こちらは米国のデータだという点です。米国は日本と比べてはるかにスキンシップの多い国ですから、キスについての感覚も違うと予測できます。

どこからが不倫と考えるのかは、国の違い、男女の違いだけではなく、個人差も大きいところですので、パートナーに確認しておいた方がいいでしょう。

 

不倫の恋はほとんどが2年以内に終わる

出典:shutterstock

出典:shutterstock

さて、不倫はなんだかんだいって秘め事ですから、その背徳感とあいまって、普通の恋よりも盛り上がりがちです。ですが、いくら盛り上がっていても、不倫の恋愛は長続きしない、という側面があります。

総合探偵社株式会社MRが2014年6月に『不倫が終わるとき』というレポートを発表したが、その結果から不倫の継続期間が短いことが分かった。

不倫経験がある既婚男女100名を対象にアンケート調査を実施したところ、「不倫関係が何年続いたか?」という質問に対しては、ほとんどが「2年以内」という回答で、中でも1年以内と言う人が全体の半数以上を占めるという結果になった。(P.92)

これまで見てきたデータを総合的に考えてみると、男女ともに不倫をしている(しようとしている)既婚者は不倫に対して罪悪感はほとんどないが、不倫の恋愛をしても多くの場合長続きはしない、と言えます。

つまり、不倫をする人は不倫を悪だと思っておらず、しない人の中に不倫は悪だ、と考えている人が一定数いるということでしょう。

 「不倫が悪いことかどうか」については意見が分かれるところです。

ただ、不倫をすることでパートナーが傷ついたり、自分が精神的・経済的にダメージをこうむる可能性があることは確かです。

「パートナーを傷つけて失ってもいい」「バレたときのリスクをすべて引き受ける覚悟がある」という場合を除き、不倫には手を出さない方が賢明でしょう。

『不倫経済学』
著者:門倉貴史
出版社:ベストセラーズ

ライター : 今来 今

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【刺青夫婦】タトゥーのデメリット・後悔は結婚してから痛感する3つの理由

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【IKEAあるある35選】これはあるね!www つい余計なものまで…から始まる、毎度ありがちな「イケアあるある」まとめ

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)