【話題の校則問題】中学校でポニーテール禁止の理由は「学生にふさわしくない髪型」? ルール決めは教師側の独りよがり!?なのか

出典:shutterstock

母からPTAでポニテ禁止の校則が出来たよ。理由は男子の欲情を煽る可能性があるから。って聞いて冗談か何かかと思ってたら生徒総会で紙渡されてその記載があった時は「何考えてるんだよ」って思った。やべぇよ

Twitter上での、こんな投稿がむっちゃバズっています──という情報を、ゴリラクリニックdig編集部から入手した。本投稿者の追加取材(?)によると、禁止の理由は

「うなじが男子の欲情を煽る可能性があるため」

……であるらしい。しかも、ベテラン的な年輩の教師が「今の子はけしからん!」風に禁止したわけではなく、20〜30代の若手教師の歴々が企画し、PTAに通した校則……なのだそう。

さらには! 我々からすると「生類憐れみの令」並みの荒唐無稽な奇則としか思えないこの「ポニーテール禁止令」、すでに複数の学校で施行されている……とあった。なんか、すごいことになってますな、昨今の教育界!?

※現在、様々な媒体がこちらの話題を取り上げており、メディア「ねとらぼ」さんの取材によると、これは校則ではなく「禁止するルール」だったという事で、投稿者による訂正がされています。

「ポニテに欲情」は大人の発想?

出典:shutterstock

出典:shutterstock

男子の劣情防止のため、「ポニーテール」どころか「ブラジャーの着用」を禁止している学校も実在するんだとか……。

あまりにも特定のパーツへと寄りすぎたフェティッシュな視点ではないか。

まだ高校を卒業してまもない、今年ハタチを迎えた女子にも早速リサーチしてみた。

まず開口一番「あり得ない!」。

彼女いわく、女子学生が髪を一つに束ねるのは、あくまで「暑さ防止」に過ぎず、顔のデカさや輪郭にコンプレックスを持つ多くの大和撫子にとって、“実利的なやむを得ずの処置”でしかないという。

つまり、少なくとも女子側は「殿方を扇情する」という“色気”を主旨にポニーテールを結んでいるのではないわけで、学校内を「男女交流の場」として見なしていない、ぶっちゃけ「捨てている」のである。

完ペキなる解釈の食い違い──となれば「もしかすると、男子生徒じゃなくてアンタら若い教師用につくった校則ではないのか?」と、思わずツッコミを入れたくなる。

うなじやブラ線に欲情をおぼえるフェティシズムは、私からすれば“独りよがりな大人の発想”でしかない。そして、数あるフェティズムのなかから最大公約数的なフェチだけを「(俺の)目に毒」とバッサリ切り捨てて……じつにおっさん臭い。

そもそも、まだ若い10代の男子なんてえのは全体像で、かつ大雑把にエロを捉える生き物である。顔だとかカップ数だとか太ももだとか……。

禁止することによって、まだまだ修行が足りん未熟な男子生徒たちに「女性のエロティシズムは、おっぱいや女性器だけじゃなく、うなじとか透けから滲み出ているものなんですよ」とでも暗に教えたいのか? だとすれば、まさに「反面教師」ってやつだ。

 

俺が欲情するから男子生徒も欲情するに決まっている!?

shutterstock_252792580

一度、現役の男性高校教師と飲みの席でご一緒したことがある。

とても快活で人当たりも良い、一見爽やかなナイスガイであったが、このセンセイ……とにかく人の話をまったく聞いていないのである。

いや、質問はしてくるのだ。「どういうご職業なんですか?」「ライターさんってどんなお仕事なんですか?」「お金は儲かるんですか?(←無神経で嫌な質問)」……などなど。でも、質問したら投げっぱなし。自分の“想定外”にある人種や回答を受け入れられない──そんな印象であった。

たまたま、このヒトがこういう性格だった可能性もなくはないが、おそらく教師なる職業は、「学校」という狭い枠内で閉じ込められながら、一人で多数の生徒と対峙するといった職種ゆえ、そういう性格のヒトじゃないと務まらない、日々の業務を裁ききれないのではなかろうか。よりハッキリ言ってしまえば、「俺がこうだからみんなもこうに決まっている!」みたいな考えを疑いもなくできるヒトこそが“教師向き”なのかもしれない。

一応は絶対的な正解のある「学問」を教えるなら、その思考回路はもっとも効率的だとも言える。が、「俺がうなじで欲情するから、男子生徒たちもうなじで欲情するに決まっている!」と早々に断定し、校則にしてしまうのは……やはり、先走りすぎだと私はダメ出ししたいのだが、いかがだろう?

個人的に、これからの教師はもっといろんな業界から積極的にヘッドハンティングすべき職業だと思う。

 

ライター : 山田 ゴメス

1962年大阪生まれ B型 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、偏った幅広さを持ち味としながら、阪神タイガースと草野球をこよなく愛し、年間80試合以上に出場するライター&イラストレーター。『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』ほか、著書は覆面のものを含めると30冊を越える。

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【自衛隊見学に行こう】自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた③ 〜ヘリコプターに乗ってみた編〜

【東北旅】写真家「星野藍」が男鹿半島で見た、リアルなまはげの美しさと歴史のミステリーについて

【自衛隊は面白い】自衛隊駐屯地の一般開放イベントに行ってみた④ 〜珍しい装備品編〜

【8/15は終戦記念日】写真家「星野藍」が見た日本 ~那須戦争博物館に行ってきた~

【知ってる?】気になる銀座のお洒落レトロ建築『中銀カプセルタワービル』に行ってみた!(メタボリズム建築)

【赤坂/六本木】米国大使館職員宿舎が超オシャンティ! テンプルタウンハウスのガレッジセールに行ってみた(フレンドシップデー)

【アジア感満載】進むチャイナタウン化!西川口で食べたディープな中華料理とスーパーマーケット