【夏のメンズ短パンコーデ】ひざ上ひざ下、どれがダサい? シルエットで見る半ズボンの裾折り返し問題について(丈・サイズ感)

shutterstock_564527293

夏の定番ボトムス、短パンの丈感とシルエットにまつわる「裾折り返し」問題。お洒落見えする丈感はひざ上なのかひざ下なのか、サイズ感やシルエットはピッタリなのかゆったりなのか、どんなコーデがイカしてるのかダサいのかを検証してみたいと思います。

そもそも短パンはどんなメンズに似合うのか?

短パンにせよ半袖トップスにせよ、肌の露出が多いアイテムは大前提として日焼けした肌のメンズが似合います。特に短パンはシーズン的にほぼ夏場の着用に限定される為、日焼けしたメンズの健康的で男らしいイメージを引き立てる一方、日焼けしていない男子の弱々しく頼りないイメージを際立たせてしまいます。

そのことからも、日焼けしていない男子が短パンをコーデする場合には、肌の露出が控えめで、肌の白さを強調しない色柄、丈感、サイズ感(シルエット)のアイテムを選ぶことが重要です。

 

短パンの丈の長さとシルエットによる印象の違い

短パン以外のコーディネート(条件)がまったく同じでないと、厳密に短パンそのものの印象の違いはわかりませんが、あくまでもばっくりとした、丈の長さとサイズ感(シルエット)による印象の違いをチェックしておきましょう。

 

ひざ上丈でピッタリめの短パン

・若々しくアクティブな感じ
・シャープなイメージ
・丈が短く素足の露出部分が大きいとキモい
・ピッタリ過ぎるとムチムチしてキモい

 

ひざ上丈でゆったりめの短パン

・抜け感がありリラックス感がある
・ステレオタイプでレトロな感じ
・ハズし気味な雰囲気がお洒落
・ブカブカすぎると華奢見えする
・丈が短く素足の露出部分が大きいとダサい
・丈が短くなるほどに「ハズし」雰囲気が損なわれる

 

ひざ下丈でピッタリめの短パン

・一般的でない為新鮮で目新しい雰囲気
・抜け感はあるがリラックス感は感じられない
・靴とのバランスがとりづらくコーデの難易度が高い

 

ひざ下丈でゆったりめの短パン

・抜け感がありリラックス感がある
・やんちゃなイメージ
・靴とのバランスによってはダサ見えしてしまう
・もっさりとした田舎くさい雰囲気になりがち

こうして4つのタイプに短パンを分類して、それぞれの印象をチェックしてみると、それぞれのお洒落なところとそうでないところが見えてきます。

丈感、サイス感(シルエット)ともに、短すぎ・長過ぎ、ピッタリ過ぎ・ゆったり過ぎの極端な短パンは当然のごとくダサ見え、ほどよい丈感・ほどよいサイズ感(シルエット)がお洒落見えする。

これは実際の画像をチェックするまでもなく、至極当たり前のことですが、より具体的にいまどきのお洒落でいうところの、短パンのほどよい丈感とサイズ感(シルエット)とはどういうものなのでしょうか?

まずは、ひざ上・ひざ下、お洒落見えする短パンの丈に決着をつけ、さらに細かく、短パンのお洒落見えする絶妙な丈感、サイズ感(シルエット)を探ってみたいと思います。

 

ひざ上? ひざ下? 短パンのお洒落見えする丈感&短パンコーデ

結局人それぞれの好みの問題と言ってしまえばそれまでですが、海外のファッションスナップをチェックするとお洒落な短パンコーデのほとんどがひざ上丈。ひざ下丈の画像を探そうと思ってもほとんど見つけられないのが現状で、ひざ上、ひざ下どちらの短パンがお洒落見えするかと言えば、ひざ上であることに間違いはありません。

こちらでは、お洒落なひざ上丈の短パンコーデをご紹介いたします。

 

オフ白ポロシャツ+ベージュチノ短パン(裾折り返し・あり)

ちょうど裾のステッチからひと折りしたチノショーツとポロシャツのコーディネート。無駄のないすっきりとしたシルエットの短パンスタイルです。

 

カーキスウェットシャツ+ベージュカーゴ短パン(裾折り返し・なし)

ゆったりシルエットのカーゴショーツとカーキのスウェットシャツのアウトドアコーデ。肌の色に近い短パンと靴をコーデして、スタイルにしっかり馴染ませています。

 

白シャツ+ピンク短パン(裾折り返し・なし)

ひざ上丈の短パンにタックアウトした白シャツを合わせた、クリーンでリラックス感のあるリゾートスタイル。ピッタリ過ぎずゆったり過ぎない、ほどゆるな短パンのシルエットが絶妙です。

 

黒ポロシャツ+ベージュチノ短パン(裾折り返し・あり)

裾のステッチひと折り半くらいを折り返した短パンと黒ポロシャツのコーディネート。これまでご紹介したお洒落なコーデの短パンは、折り返しあり・なしにかかわらず、ひざ上のほぼ同じくらい位置、丈感であることがわかります。

実寸としてひざ上何センチかはわかりませんが、感覚的にこれくらいの丈感がお洒落見えすると覚えておけば良いでしょう。

 

絶妙な丈感とサイズ感(シルエット):裾折り返しの必要性

絶妙の丈感とサイズ感(シルエット)を探るには、これまでご説明した短パンそのものの丈感とサイズ感(シルエット)だけでなく、スタイルとコーディネートも重要になってきます。

トップスとのバランス、靴とのバランス、肌の露出具合、靴の素足履きとソックス履き、サーフやアウトドアなどスタイルの方向性、キレイめややんちゃ系などテイストの違いによって、それぞれ短パンのお洒落見えするポイントが微妙に異なり、それ故スタイルとコーディネートの細かな違いによって、ダサく見えたりお洒落に見えたりするのです。

そのスタイルやコーデ、シーンの違いによる短パンのお洒落見えするポイントを、微調整するのが、今回のテーマである短パンの「裾折り返し」。

端的に短パンの裾の折り返しとは、短パン本来の丈・サイズ(シルエット)とは異なる、そのスタイルとコーディネートにおけるお洒落見えするポイントとの微妙なズレを修正し、こなれた雰囲気を演出する着こなしテクニックのこと。

要はその着こなしそのものでアピールするのではなく、あくまでも短パンのお洒落見えする丈感・サイズ感(シルエット)への軌道修正という意味です。

もちろんその着こなしをお洒落と感じるかどうかは人それぞれ。そもそも短パン自体が好みでないという人から見れば、どうアレンジしたところでお洒落には見えないかもしれませんし、短パンメンズの目指す方向性やお洒落感によっても見え方は随分異なります。

細身の短パンが好きなメンズもいれば、ゆったりした方が自分のキャラにあっているというメンズもいるのが当たり前。

重要なのは、自分自身のポテンシャルと目指すスタイルに合った短パンをセレクトしコーディネートするということ。さらにお洒落見えするように裾の折り返しによる着こなしで微調整するという事です。

 

これはダサい! 短パンNGコーデ

それでは最後に、これはダサい!酷過ぎる!という短パンNGコーデを解説いたします。どんな短パンスタイルがダサいのか、これまでのことを総括する意味でしっかりチェックしてみましょう

 

1.ピタピタ短パンはダサ過ぎる!

ワークアウトにいそしむあまり、いつの間にかストイックがナルシズムに変容してしまうと危険です。結果にコミットしたからと言って、ピタピタや露出で過剰に肉体をアピールするのはダサ過ぎます。

 

2.ボロボロ短パンはダサ過ぎる!

こだわり過ぎメンズがはまりやすい、やり過ぎコーデの落とし穴。お洒落で自己主張する前に時代の空気と周りの空気を読みましょう。

 

3.短め短パンとタンクトップのコーデはダサ過ぎる!

一昔前のフィットネスクラブ・インストラクターさながらのコーディネート。レトロでお洒落というよりも時代遅れで古くさく、ダサいというより恥ずかしい感じ。

 

4.カモフラ柄のカーゴショーツはほぼダサい!

カーゴショーツだけならまだしも、カモフラージュ柄が加わるとデザインも柄もやり過ぎ感が鼻につくコーディネートになりがちです。

 

5.短パン+ソックスのコーデはほぼダサい!

よっぽどこなれた雰囲気に仕上げるか、がっつりスポーツスタイルにまとめるかでなければ、短パン(特にデニムの短パン)とソックスのコーディネートはほぼダサいです。基本靴は素足履きか、ソックスが見えないハイカットスニーカーやブーツでないと短パンコーデはカッコよくありません。

 

裾の折り返しで微調整しながら、お洒落な短パンスタイルに仕上げよう!

まだまだこれから夏本番。短パンの出番も必然的に多くなると思いますので、是非今回ご紹介したコーデと着こなしを参考に、イカした短パンスタイルでお洒落に夏を乗り切りましょう!

 

ライター : breath

breathプロフ

映画とアートをこよなく愛するサブカル系ファッションライターです。ヴィヴ●アン、マル●ン、マック●ーンと、おしりに「ン」の付くブランドでキャリアを重ね、ファッション一筋20数年。勘違いと暴走、脱線と逃避を繰り返し、豊かな知識と勝手な思い込みを武器にファッション記事を執筆しています。野鳥のさえずりを聞きながら、瀬戸内海の離島に暮らし日々迷走中。好きなものは、マフィア映画にデヴィッド・リンチ、お好み焼きと早朝散歩。オールドスクールからニューウェーブまで、丸いものより尖ったモノに惹かれます。

【メンズコーデ 関連記事】
ボディバッグ&ベルトバッグ特集 ■アロハシャツ着こなし特集 ■夏の柄シャツ着こなし特集 ■ロックTシャツ&グラフィックTシャツ特集 ■バギージーンズ特集 ■VANS黒オールドスクール特集 ■黒デニム特集 ■タックパンツ&ワイドパンツ特集 ■ショーツ+レギンス・レイヤード特集 ■バケットハット特集 ■パーカー+アウター着こなしレイヤード特集 ■トレンチコート着こなし攻略カジュアル編 ■ベースボールキャップスタイル特集 ■トラックパンツ着こなし特集 ■白スニーカー・スタンスミス特集 ■グレースウェットパーカー着こなし特集 ■ダウンベスト色別着こなし特集 ■トレンチコートビジネス編 ■スタジャン着こなし術 ■ライダースジャケットのおすすめ着こなし術 ■今年のマフラーはどう使う? 徹底解説 ■冬の重ね着・メンズレイヤードスタイルの着こなし術 ■スウェットのサイズ感&組み合わせ術 ■アウター別おすすめ着こなし術 ■ガチャベルトの付け方&長さなど組み合わせ術 ■小型のショルダーバッグ「サコッシュ」で合わせる冬の着こなし ■冬の帽子トレンドコーデ&組み合わせ術 ■お洒落でも着ぶくれしない防寒コーデ&組み合わせ術 ■おすすめのニットセーターコーデ&カラー着こなし術 ■スーツにダウンジャケットはダサい? ■3大ロングコート着こなし術 ■冬本番の12月中旬からはダウン! ■ジャケパン着こなし術 ■さわやか春夏ジャケパン組合せ術 ■おしゃれ七三分けビジネスコーディネート ■テるコーデは店員に相談 ■リュックはスーツに合わない? ■カットソーとTシャツの違いって何? ■ショートパンツと合わせたいスニーカー ■ビジネスシーンで使える夏のYシャツ選び ■オンとオフで着回しが出来るジャケットの選び方 ■被らない”白スニーカー選び ■白スニーカーのおすすめコーデ ■レインコート特集! ■Tシャツコーデ頂上決戦! ■レインポンチョでアウトドア 防水ビジネスバッグ10選 ■ネクタイ~Tシャツのお洒落スタイル ■イケてる短パンとのセットアップ例 ■デニムのロールアップはダサいのか? ■クールビズの半袖Yシャツ お洒落なメンズ着こなし術 ■シルエットで見る半ズボンの裾折り返し問題 ■メンズゲストの結婚式服装マナーとコーディネート ■ロングシャツのサイズ感・着こなし術 ■サイドラインパンツ着こなし&コーデ特集 ■スタンドカラーシャツのお洒落コーデ&着こなし術 ■夏のタンクトップ着こなし指南 ■シャツ&ノーネクタイでクールビズ ■シンプルコーデはサイズ感が決め手! ■サンダルコーデ&人気サンダル紹介 ■サマーカーディガンはダサい? ■夏のスリッポンコーデ ■秋のジャケパンコーデ(ビジネス編) ■秋のジャケパンコーデ(休日カジュアル編)

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【メンズスキンケア】自分の肌、気にしてますか? ~2018年後半戦は「美肌」で男を上げろ~(PR)

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話