【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

shutterstock_33473206

これまで幾度となく取りざたされてきた、デニムの裾のロールアップはお洒落なのか? ダサいのか? というメンズの裾折りデニム問題。ネット上では、「超ダサい!」「ダサくない!」と、否定派・肯定派双方の意見が飛び交い、「お洒落なんて所詮単なる自己満足じゃん!」と身もふたもない思考停止状態のまま、議論は一向に進展している様子がありません。

今回は、そんなテーマに鋭く切り込む「お洒落なデニムロールアップ」特集。リアルにイケてるデニムのロールアップを考えてみたいと思います。

デニムのロールアップあり・なしによる印象の違い

まずはじめに、デニムのロールアップがダサいと思われる要因を探るため、ロールアップのあり・なしで印象の違いをチェックしてみましょう。

 

全く同じコーディネート(条件)で、比較しなければ本当の印象の違いは分からないという事を踏まえつつ、上記サンプル画像で印象の違いをチェックしてみたいと思います。

 

【ロールアップなし】
・武骨な雰囲気、やんちゃっぽい、男らしい
・足元がもたついてすっきりしていない(その無造作な感じが良い)
・従来のデニムのイメージそのまま
※あえてネガティブに捉えると、ステレオタイプで新鮮味がない

【ロールアップあり】
・マイルドな雰囲気、ソフトな感じ
・足元がすっきりしている(ひと手間加えてお洒落気にしてる感じがかえって良くない)
・デニムの裏地が見えることで抜け感がある、新鮮
※あえてネガティブに捉えると、デニム本来のやんちゃな雰囲気が損なわれる

以上のことから、ロールアップすることによって、「無造作な着こなしがデニムっぽいのに台無し」と感じ、”ダサい”印象につながっているのではないかと思われます。

 

デニムのロールアップはダサいと思われる更なる要因

 

デニムのロールアップに限らず、お洒落でも何でもやり方次第。しかし、デニムのロールアップの場合はお洒落に仕上がれば仕上がるほどスタイル全体に馴染んでいる為、ピンポイントでお洒落と捉えられることがありません。

言い換えれば、デニムのロールアップはスタイルとしてカッコよく見せるための、こなれや抜けの演出だという事です。たとえロールアップが成功していても、そこだけでお洒落であるとは認識されず、逆にロールアップがスタイルに合わず失敗していると、そこだけ余計にダサく見えてしまう。

イケてるデニムスタイルとしてお洒落のゴールを決めるためには、ロールアップによる絶妙なアシストが必要だという事です。

 

1950年代アメリカのストリートファッション、いわゆるフィフティーズ・スタイルでは、ジーンズのロールアップは定番の着こなし方。

 

動画で解説する正しいロールアップの方法(折り方)

メンズファッション誌『GQ』のYouTube公式チャンネルで、正しいロールアップの方法が解説されていますので、是非こちらをチェックなさってください。

 

ロールアップの必然性:「こなれ」「抜け感」「ハズし」「遊び」の演出

 

50年代にはじまり、60年代、70年代、80年代、90年代と、ファッションスタイルはすっかり出尽くし、音楽同様2000年以降は、これまでのスタイルをベースにしながらリミックスとサンプリングによって進化を続けるメンズファッション。

ステレオタイプな基本スタイル、お洒落フォーマットそのままでは、「ハイハイ、ありがちなジーンズスタイルね」とか「いわゆる普通のカジュアルでしょ」と、目新しさが感じられず、古くさいイメージとして捉えられてしまいます。

しかし、そんなお洒落のテンプレートを、いまどきスタイルへとアップデートするデニムの着こなしテクニックがメンズに流行りのロールアップ。

意図的にテンプレスタイルを崩しつつ、「こなれ」や「抜け感」「ハズし」「遊び」を演出するロールアップは、がんばり過ぎが敬遠され、ありきたりのスタイルは退屈だという時代の気分にマッチした、あくまでもさり気ないデニムの着こなし方なのです。

 

お洒落見えするロールアップの作り方

 

ロールアップの重要性が分ったところで続いては、お洒落見えするロールアップの作り方。海外のファッションサイトで紹介されている、イカしたロールアップをチェックしてみましょう。

 

ピンロール(Pin Roll):デニムのお洒落なロールアップ

足元をすっきり見せるお洒落なロールアップ「ピンロール(Pin Roll)」。足首に対してデニムの裾の余った部分を固定して巻き込みながらロールアップし、足首と同じ太さにデニムの裾を細く見せるテクニックです。

 

 

ピンロールとクラッシックロールの印象の違い

デニムの裾を巻き込むだけの一般的なクラッシックロールとピンロールの印象の違い、それぞれのロールアップに合ったシューズを解説している「TheGentlemansCove 」による動画。もちろんこちらも要チェック!

 

ジーンズのシルエットと靴とのバランスでチェックするデニムロールアップ

お洒落見えするロールアップをマスターしたら、次はデニムのシルエットとシューズとのバランスからロールアップを考えましょう。海外のファッションスナップを参考に、ロールアップによる足元の雰囲気やバランス感のチェックです。

 

【ストレートジーンズ+ローカットスニーカー】コーデのデニムロールアップ

 

デニムと白スニーカーのコーデの場合には、抜け感やこなれの演出だけでなく、白スニーカーへのインディゴの色移りを防ぐという意味合いも大きいですね。

 

【ストレートジーンズ+ショートブーツ】コーデのデニムロールアップ

 

濃いインディゴブルーとブラウンブーツの落ち着いた色合いのボトムスに、デニムのロールアップで裏地を見せて、明るい色目を差し込むことでアクセントを付けています。

 

【スキニージーンズ+アンクスブーツ】コーデのデニムロールアップ

 

ロールアップで裏地を見せることにより、トップスのカットソーの色とリンクさせ、コーディネートのまとまりを演出するテクニック。髪の毛の色と肌の色は足元のブラウンブーツと、ジャケットはデニムと、カットソーはロールアップによる裏地と、という具合にすべてのアイテムの色は上下で関連付けられています。

 

【テーパードジーンズ+コインローファー】コーデのデニムロールアップ

 

素足履きしたローファーのこなれた足元を際立たせるデニムのロールアップ。シャツ+ネクタイでカチッとした上半身のジャケパンスタイルに、素足の露出で抜け感を演出しています。

 

お洒落見えするデニムロールアップの5つのポイント

 

コーディネートするアイテムやスタイルの方向性、人それぞれの着こなしにより、こうすれば必ずお洒落に見えるということを断定することはできませんが、これまでチェックしたことを踏まえ、ロールアップのポイントは以下の5つです。

①スタイルの鍵となるシューズの雰囲気を壊さず、抜け感を演出する。
②デニムのシルエットとシューズのバランスでロールアップを調節する。
③シューズの素足履きかソックス履きかによってロールアップを調節する。
④キレイめに仕上げるか、リラックスした雰囲気の抜け感で見せるかによりロールアップを調節する。
⑤ロールアップでデニムの裏地を見せて、裏地の色と同系色のアイテムとリンクさせ、コーディネートのまとまりを演出する。

様々なコーディネートやスタイル、着こなしを想定した、少し抽象的な表現になっていますが、是非皆さんがデニムをロールアップする際のご参考になさっていただければと思います。

 

デニムの裾のあしらい方

それでは最後に、デニムの裾のあしらい方、今回のテーマであるロールアップを含めた4つの方法をご紹介いたします。あくまでもベーシックな方法なので、お洒落な足元を演出出来るよう、皆さん独自のアレンジを色々加えてみてください。

 

ダブルロール(The Double Roll):巻き込み

 

今回テーマとして取り上げたロールアップ。足元をすっきり見せるデニムの裾のあしらい方ですね。

 

 

ディープカフ(The Deep Cuff):折り返し

 

裾を折り返しただけのディープカフ。キレイめな足元を演出します。

 

 

スタック(The Stack):くしゅくしゅ

 

スキニージーンズの場合には、スタイリッシュなモードスタイルに、バギーやストレートジーンズの場合には、やんちゃ系やワーク系、HIPHOPスタイルを演出するスタック。

 

 

カットオフ(The Cutoff):切りっぱなし

 

ラフで無造作なDIY感覚のカットオフ。あえてあか抜けない雰囲気を演出したギーク(オタク)やタッキー(悪趣味・ダサい)などのトレンドスタイルにも用いられます。

 

 

デニムのイカしたロールアップでお洒落に差を付けろ!

 

デニムのロールアップがダサいか、ダサくないかは結局コーデとやり方次第。

ダサいデニムスタイルもあれば、イケてるデニムスタイルもあるように、どうせだったらスタイルやコーデにバシッとはまった、デニムのイカしたロールアップでお洒落に差を付けましょう!

 

ライター : breath

breathプロフ

映画とアートをこよなく愛するサブカル系ファッションライターです。ヴィヴ●アン、マル●ン、マック●ーンと、おしりに「ン」の付くブランドでキャリアを重ね、ファッション一筋20数年。勘違いと暴走、脱線と逃避を繰り返し、豊かな知識と勝手な思い込みを武器にファッション記事を執筆しています。野鳥のさえずりを聞きながら、瀬戸内海の離島に暮らし日々迷走中。好きなものは、マフィア映画にデヴィッド・リンチ、お好み焼きと早朝散歩。オールドスクールからニューウェーブまで、丸いものより尖ったモノに惹かれます。

【メンズコーデ 関連記事】
ボディバッグ&ベルトバッグ特集 ■アロハシャツ着こなし特集 ■夏の柄シャツ着こなし特集 ■ロックTシャツ&グラフィックTシャツ特集 ■バギージーンズ特集 ■VANS黒オールドスクール特集 ■黒デニム特集 ■タックパンツ&ワイドパンツ特集 ■ショーツ+レギンス・レイヤード特集 ■バケットハット特集 ■パーカー+アウター着こなしレイヤード特集 ■トレンチコート着こなし攻略カジュアル編 ■ベースボールキャップスタイル特集 ■トラックパンツ着こなし特集 ■白スニーカー・スタンスミス特集 ■グレースウェットパーカー着こなし特集 ■ダウンベスト色別着こなし特集 ■トレンチコートビジネス編 ■スタジャン着こなし術 ■ライダースジャケットのおすすめ着こなし術 ■今年のマフラーはどう使う? 徹底解説 ■冬の重ね着・メンズレイヤードスタイルの着こなし術 ■スウェットのサイズ感&組み合わせ術 ■アウター別おすすめ着こなし術 ■ガチャベルトの付け方&長さなど組み合わせ術 ■小型のショルダーバッグ「サコッシュ」で合わせる冬の着こなし ■冬の帽子トレンドコーデ&組み合わせ術 ■お洒落でも着ぶくれしない防寒コーデ&組み合わせ術 ■おすすめのニットセーターコーデ&カラー着こなし術 ■スーツにダウンジャケットはダサい? ■3大ロングコート着こなし術 ■冬本番の12月中旬からはダウン! ■ジャケパン着こなし術 ■さわやか春夏ジャケパン組合せ術 ■おしゃれ七三分けビジネスコーディネート ■テるコーデは店員に相談 ■リュックはスーツに合わない? ■カットソーとTシャツの違いって何? ■ショートパンツと合わせたいスニーカー ■ビジネスシーンで使える夏のYシャツ選び ■オンとオフで着回しが出来るジャケットの選び方 ■被らない”白スニーカー選び ■白スニーカーのおすすめコーデ ■レインコート特集! ■Tシャツコーデ頂上決戦! ■レインポンチョでアウトドア 防水ビジネスバッグ10選 ■ネクタイ~Tシャツのお洒落スタイル ■イケてる短パンとのセットアップ例 ■デニムのロールアップはダサいのか? ■クールビズの半袖Yシャツ お洒落なメンズ着こなし術 ■シルエットで見る半ズボンの裾折り返し問題 ■メンズゲストの結婚式服装マナーとコーディネート ■ロングシャツのサイズ感・着こなし術 ■サイドラインパンツ着こなし&コーデ特集 ■スタンドカラーシャツのお洒落コーデ&着こなし術 ■夏のタンクトップ着こなし指南 ■シャツ&ノーネクタイでクールビズ ■シンプルコーデはサイズ感が決め手! ■サンダルコーデ&人気サンダル紹介 ■サマーカーディガンはダサい? ■夏のスリッポンコーデ ■秋のジャケパンコーデ(ビジネス編) ■秋のジャケパンコーデ(休日カジュアル編)

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【メンズスキンケア】自分の肌、気にしてますか? ~2018年後半戦は「美肌」で男を上げろ~(PR)

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【刺青夫婦】タトゥーのデメリット・後悔は結婚してから痛感する3つの理由

【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【IKEAあるある35選】これはあるね!www つい余計なものまで…から始まる、毎度ありがちな「イケアあるある」まとめ

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)