【知ってる?】気になる銀座のお洒落レトロ建築『中銀カプセルタワービル』に行ってみた!(メタボリズム建築)

20180524_nakagin_eyecatch
文:星野藍
グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。

ずっと気になっていた建築物

新橋と汐留の中間地点(地理的には銀座)に、一度見たら忘れられないレトロフューチャーな建築物がある。

20180524_nakagin_1

建築界のノーベル賞と言われるフランス建築アカデミーのゴールドメダルを受賞した事もある建築家・黒川 紀章(くろかわ きしょう)が設計した世界で初めて実用化されたカプセル型の集合住宅だ。普段部外者は立ち入る事が出来ないそこだがなんと見学会が定期的に行なわれていると言う。

その貴重な機会にあやかり私は兼ねてより恋い焦がれていたその建物へ向かった。待ち合わせ早々ビルのかっこよさに圧倒され、湧き上がるテンションを抑えつつ見学会へと挑んだ。

 

メタボリズム建築

20180524_nakagin_2

ガイドさんに案内され一同まずは屋上へ。みっちりと雑居ビルが立ち並ぶこのエリア、しかし各ビルの屋上へ立ち入る機会はなかなかないかもしれない。都会の隙間を見下ろし、1972年(昭和47年)に竣工された中銀カプセルタワービルが思った以上に傷んでいる事に気がついた。しかしこれでも現役のマンションだ。国外にも熱狂的なファンがいるこのビル、外国の方も住んでいる。

1959年、黒川紀章ら日本の若手建築家によりメタボリズム(新陳代謝)という建築運動が起こった。それぞれの部屋(カプセル)は独立しており、老朽化したら技術的に交換する事が可能な設計(人の体のように新陳代謝をする=交換する=メタボリズム)になっているが、実際には一部のカプセルのみを交換する事は非常に困難である。竣工後30年後、建て替え問題が起きたもののこれまで一度もカプセルが交換された事はない。

 

いよいよ内部見学本番

20180524_nakagin_3

廊下の床はオレンジ色、壁は灰色。部分的に塗料が剥がれ、かつて塗られていた色がむき出しになっている部分もあった。レトロなのに、なんだか未来を感じる。

1カプセルにつき1エアコンが設置されている為その数だけ室外機がある。このように並んでいる姿はなかなか圧巻かもしれない。

 

思ったより天井が低いカプセル

20180524_nakagin_4

そして待望のカプセルの中へ! まず驚いたのが、天井が非常に低い事。女性でも手を伸ばせば天井に触れられそうだ。カプセルという構造上仕方ないのかもしれない。

部屋の面積そのものも狭い。収納はなし(部屋によってはあり)。ここにベッドなど置いてしまったらあっという間にスペースがなくなってしまうだろう。風呂、トイレの扉を見ると、漫画家の鳥山明先生の世界観を彷彿させられる。ワクワクする!

 

メインの部屋を見学

20180524_nakagin_5

今回メインで見学した部屋は、そのまますぐにホテルの一室として使用出来そうな空間だった。先ほどの部屋とは随分様子が違う。

このカプセル、購入すればカスタマイズは自由なのだ。和室のように改造する人もいれば、アトリエに改造し普段は別な場所に住んでいる人もいると言う。青色の床から昭和の古き良き時代を感じる。

しかし給湯システムが壊れており、部屋によっては水しか出ないと言う。もちろんシャワーも水のみ。ビルに共同のシャワーがあるものの非常に不便である事には違いない。窓は防音、保温の為二重窓になっているが、外側の窓は開かない。つまり換気がダイレクトに出来ない。夏は暑く冬は寒い。正直、住宅としてはデメリットばかりだ。しかし、それでも住みたいと言う人がいる。

黒川紀章作のメタボリズム建築の代表作。そこに住めるだけで幸せという熱狂的ファンたちによって、この建築物は支えられている。

 

名残惜しいツアーの終わり

20180524_nakagin_6

楽しいツアーもいよいよ終わりの時間だ。最後に1人ずつ誰もいない状態の部屋を撮影させて貰い、入り口にて解散。

ああ、終わってしまった。まさか入れるとは思ってなかった中銀カプセルタワービル。暫く周りを歩き外観の写真を撮った。

2007年には区分所有者などの4/5以上の賛成を得て建て替えが決議され、取り壊しの危機に瀕した中銀カプセルタワービル。しかし跡地にマンションを建築する予定だったゼネコンが倒産した為、決議は2009年無効になった。まるで見えない何かに守られているように感じるのは私だけだろうか。

2014年には取り壊し反対派がクラウドファンディングで寄付を集めた、目標150万円に対して最終的に200万円以上が集まった。取り壊さず芸術的価値、建築物的価値のあるこのビルを保存すべきだという声も多い。老朽化の問題は切実だが、中銀カプセルタワービルの1ファンの私としても、これから残り続けて欲しいと心から願っている。

ライター :星野 藍

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【自衛隊は面白い】戦車! ヘリ! 自走砲がズラリ! お祭り感溢れる自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた

【自衛隊は面白い】自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた② 〜記念式典と観覧行進、そしておいしいおひる編〜

【知ってる?】気になる銀座のお洒落レトロ建築『中銀カプセルタワービル』に行ってみた!(メタボリズム建築)

【赤坂/六本木】米国大使館職員宿舎が超オシャンティ! テンプルタウンハウスのガレッジセールに行ってみた(フレンドシップデー)

【アジア感満載】進むチャイナタウン化!西川口で食べたディープな中華料理とスーパーマーケット

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編