【ゴメスの旅ルポ】サッカーの聖地! スペインに行ったら寄るべきレアル・マドリッドのホーム『サンティアゴ・ベルナベウ』

phot1

去年の11月末、スペインの首都・マドリッドの商工会議所から招待を受け現地へと出向く、とても美味しい仕事をいただいた。

プラド美術館でナマのゴヤの黒い絵シリースやベラスケス、ソフィア王妃芸術センターでピカソのゲルニカをリアルに鑑賞したり、老舗から有名デパート、現地でも話題の巨大アウトレットモールまで……あちこちのショッピングスポットを案内してもらったり、タブラオ(=フラメンコレストラン)でモノホンのフラメンコの凄まじさを体感したり、フルコースからコアな郷土料理まで、バラエティに富んだマドリッドの食の数々をたらふくご馳走していただいたり……と、予想を遥かに超えた最高級のおもてなしによって、5泊7日と短い期間ながら、マドリッドの魅力を最大限の効率で、たっぷりと堪能し尽くした。

なかでも、一般人は入れないという、ゴージャスすぎる商工会議所と、レアル・マドリッドのホームスタジアムであり、サッカーファンには聖地とされている『エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ』は驚愕の一言! まごうことなき貴重かつ得がたい体験であった。今日はそこらへんのルポルタージュを写真付きでお届けしよう。

マドリッドの商工会議所は、まるでお城のよう!

今回のツアー、主催はスペイン・マドリッド州政府の商工会議所で、ザックリ言ってしまえば「マドリッドの魅力をもっと日本の皆さまにも知ってもらうこと」が主旨とされている。

そして、最初にそのプレゼンテーションが行われた商工会議所のオフィスが……またすごすぎ! なんと!! 18世紀に改築された年代物の建物を“職場”として使っているそうで、まるでお城や宮殿のようなんである!

phot2

phot3

phot4

phot5

phot6

phot7

phot8

迎賓館に招待された皇族気分! 写真一番下は商工会議所のデュラン氏

迎賓館に招待された皇族気分! 写真は商工会議所のデュラン氏

本来なら関係者以外は入館禁止のところを特別に撮影までも許可してもらったわけだが、彼ら彼女らは普段からこういう職場で働いているから、「地元の魅力」ひとつを来訪者に伝えるにも、文化や芸術を直結させた“遊び心”を自然なかたちで取り入れることができるのだろう……と感心した。もし、ここで働けるなら、私も「喫茶店でしか原稿は書かない」的なノマドスタイルにオサラバできるのかもしれない。まったくもって、羨ましいかぎりではないか。

プレゼンが終わったあと、マドリッドの売りとして、日本人にも最大公約数的なキャッチーさを望めるスポットであろう、レアル・マドリッドのホームスタジアムであり、サッカーファンには聖地とされている『エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ』を、商工会議所の皆さんとともに訪れた。

『エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ』外観

『エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ』外観

オフサイドすらイマイチよくわからない、観るのはせいぜいW杯関連の日本代表の試合くらいなバリバリの“野球派”である私としては、最初は正直あまり食指が動かなかった。そんな何度諳んじても覚えられない(私からすれば)得体の知れないスタジアムなんかより甲子園に行きたいと内心ではつぶやいていた(当然、甲子園はマドリッドにはない)。でも、いざ入場してみたら……コイツが予想を遥かに超えて、じつに楽しかった! なにが楽しいかって、ファンサービスといった観点からのエンターテインメント性が、日本とは比べものにならないほど、充実しまくっているのだ。

 

試合に向かう選手気分をバーチャルで味わえる!?

8万5千人もの観客を収容できるというサンティアゴ・ベルナベウはこの日、試合はなかった。試合がない日はスタジアム内を見学することができ、観客席の座席シートはもちろんのこと、選手が控えるダッグアウトベンチやロッカールーム、シャワールームまでもが一般公開! しかも、プレイヤーズトンネルを抜けたらサッカーファンの憧れである(に違いない)ピッチにも足を踏み入れることができる。

phot11

phot12

明るい部分は単なるライトアップではなく、プレーで荒れる天然芝に、太陽に近い光でピッチを半々ずつ分割し、栄養を与えているらしい

明るい部分は単なるライトアップではなく、プレーで荒れる天然芝に、太陽に近い光でピッチを半々ずつ分割し、栄養を与えているらしい

phot14

選手用ロッカールーム

(写真上)選手用ロッカールーム。(写真下)ダッグアウトベンチで監督気分のゴメス

ダッグアウトベンチで監督気分のゴメス

隣接するミュージアム(博物館)も、まさに至れり尽くせり状態。100年以上の歴史を誇るレアル・マドリッドの栄光の軌跡──これまでに獲得した数々のトロフィーや選手たちが身につけたユニフォーム、スパイク……モロモロの“お宝グッズ”が圧巻とばかり、ズラリ並ぶ。

日本語はもちろん、あらゆる言語でウエルカム!

日本語はもちろん、あらゆる言語でウエルカム!

phot17

phot18

phot19

phot20

phot21

phot22

phot23

FIFAから「20世紀最高のチーム」として贈呈された、1世紀に一つしかないサッカーボール型トロフィーほか、レアル・マドリッドが獲得してきた数えきれないトロフィーの数々や、創業者の銅像、ボール、スパイク、ユニフォーム…etc.お宝グッズが豊富に展示!

FIFAから「20世紀最高のチーム」として贈呈された、1世紀に一つしかないサッカーボール型トロフィーほか、レアル・マドリッドが獲得してきた数えきれないトロフィーの数々や、創業者の銅像、ボール、スパイク、ユニフォーム…etc.お宝グッズが豊富に展示!

ハイテクを駆使した選手名鑑

ハイテクを駆使した選手名鑑

ラッパ状のパイプに耳をあてると、スタジアムの雰囲気を体現できるチャントが聞こえる

ラッパ状のパイプに耳をあてると、スタジアムの雰囲気を体現できるチャントが聞こえる

さらには、最新のハイテクを駆使した、記者会見やら、練習所からスタジアムへと向かうバスに乗っている選手の気分を味わえるシミュレーションブース……ほか、とにかくふんだんな予算をかけて惜しみない工夫を凝らしたアトラクションも満載なのである。

phot27

記者会見で結婚の報告をする選手…になったつもりで

(写真上)記者会見で結婚の報告をする選手…になったつもりで。(写真下)バスでスタジアムに移動する選手…になったつもりで

バスでスタジアムに移動する選手…になったつもりで

phot29

スター選手の画像をよーく凝視してみると…ここで撮影した自分の写真がモザイク状に散りばめられている!

スター選手の画像をよーく凝視してみると…ここで撮影した自分の写真がモザイク状に散りばめられている!

オフィス街に位置するサンティアゴ・ベルナベウは交通の便も良い。マドリッドの中心部とされる「太陽の門(ブエルタ・デル・ソル)」からはわずか5㎞と、地下鉄で行けば10数分の距離にあり、入場料金は博物館込みで25ユーロ。私レベルのにわかサッカーファンでも、マドリッド旅行の際にはゼヒ一度立ち寄ってみることをオススメしたい。

phot31

太陽の門(ブエルタ・デル・ソル)

太陽の門(ブエルタ・デル・ソル)

[営業日]
毎日(12月25日と1月1日を除く)

[営業時間]
月〜土曜日 10:00〜19:30
日曜祝日 10:30〜18:30
試合のある日は試合開始の5時間前まで実施

■ 協力:マドリード7つ星の地~世界最高のショップ~

ライター : 山田 ゴメス

1962年大阪生まれ B型 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、偏った幅広さを持ち味としながら、阪神タイガースと草野球をこよなく愛し、年間80試合以上に出場するライター&イラストレーター。『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』ほか、著書は覆面のものを含めると30冊を越える。

【関連記事】
【ゴメスの旅ルポ】ランチからワインをボトルで!? 本場のスペイン料理は日本人にもピッタリ? マドリッドの最新食事情[前編]
【ゴメスの旅ルポ】スペインといえば? 大鍋パエリアでしょ!! でも日本のとは何かが違う……マドリッドの最新食事情[後編]

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【刺青夫婦】タトゥーのデメリット・後悔は結婚してから痛感する3つの理由

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【IKEAあるある35選】これはあるね!www つい余計なものまで…から始まる、毎度ありがちな「イケアあるある」まとめ

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)