【星野藍】終戦記念日の靖国神社参拝と「エチオピア」のカレー。2018年、改めて平和を願う平成最後の夏——。

20180822_yasukuni-sanpai_eyecatch
文:星野藍
グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。

平成最後の夏

今年の夏は、例年にない記録的な暑さだ。自分も生まれて初めて日本国内で40度を体感し、温度と湿度のダブルタッグの猛攻に疲弊しきっていた。しかし最近は30度で「あれ、ちょっと過ごしやすい……?」と感じるようになっているのだから人間の慣れというものはほとほと恐ろしいものだなと思う。

そして8月15日。この日は終戦記念日だ。日本において第二次世界大戦が終結された日というのは諸説あるが、一般的なのは玉音放送により日本の降伏が国民に知らされた8月15日だろう。

平成最後の夏、折角なので靖国参拝に行ってみた。

20180822_yasukuni-sanpai_1

 

いざ、靖国神社へ

靖国神社の最寄り駅は2つある。JR総武線、東京メトロ南北線、有楽町線、都営新宿線の市ヶ谷駅と、東京メトロ東西線、都営新宿線の九段下駅だ。どちらの駅も靖国通りに面していて、各々の駅から歩いて市ヶ谷なら10分、九段下なら5分ほどで靖国神社へ到着する。

20180822_yasukuni-sanpai_2

今回の靖国神社への訪問で目的としていた事がひとつある。

前回記事にした那須戦争博物館の名物館長が、毎年8月15日靖国参拝へ赴いているというのだ。これも何かのご縁だし折角なので会ってみたいと思ったのだが……。なんと去年の参拝後から体調を壊され、現在老人ホームに入居しているそうだ。外出にドクターストップがかかり、今後参拝する事は難しいとの事。戦争博物館の存続も今後難しくなるかもしれない……という話も出ているそうで、何とも心配になる話だ。

20180822_yasukuni-sanpai_3

それにしても様々な人がいる。こんなに暑くても個人で参拝に来る人、報道陣、政界関係者、警備にあたる警察官、各NPO関係者などなど……様々な人で溢れていた。

個人的には涼を取る為設置された設備や、やたらとかき氷の種類の多い出店がとても気になってしまった。食欲がなかったので食さなかったが、靖国神社でしか見られなさそうなメニューを幾つか食しておけば良かったと少し後悔している。

20180822_yasukuni-sanpai_4

途中、同じく参拝に来ていた友人たちと合流した。正午から黙祷が始まるというので、お社まで行列を作る人々に迷惑にならない位置に移動しその時を待った。

黙祷。

あれだけ雑踏がひしめいていたのに、嘘のように静まり返る。手を合わせる人、腕を組む人、背筋を伸ばし目をつむる人、お辞儀をするように祈る人。独特な厳かな空気が辺りを包み込み、若干の緊張を覚えた。

 

参拝、そして、カレー

靖国参拝を終え、九段下方面へ靖国通りを歩いていく。行きの市ヶ谷とは逆の方向だ。ここでは様々な主張をする団体さんたちを数多く目にした。戦争に関係ないものもあるじゃないかと言いたくもなるが、皆願うは平和、そうであると信じたい。

20180822_yasukuni-sanpai_5

九段下駅にほど近い場所に、九段下ビルという建築物が嘗て存在していた。関東大震災の復興建築として、当時において最高の建築技術を集結させ造られた商業施設兼共同住宅、九段下ビル。実は、私が一番最初に勤めた会社のすぐ近所にあった。一階に入っていた喫茶店のオムライスとハンバーグが好きだった。レトロなあの空間を忘れる事はない。

と同時に、広告業界時代の暗い過去を思い出す。何もなかった自分。何をやりたいのか分からなくなってしまった自分。希望のない世界。何処にも存在しない理解者。何者でもない無能で無力な自分に、とことん嫌気がさしていた。

ああ、思い出すだけで身震いがする。何だか気持ちも沈んでくる。そんな時はカレーだ。スパイスで全てぶっ飛ばせばいい。

九段下の隣神保町。実は学生時代4年間、私は神保町でアルバイトをしていた。今でもよく訪れる古本の街は、同時にカレーの街でもある。

大好きな「エチオピア」で豆野菜カレーを注文する。辛さはいつも30か40倍で。最高は70倍だが、これも非常に美味しく食べられる。しかしこの時は胃腸の調子がイマイチだったので、自重し40倍にしておいた。

付け合わせのジャガイモは食べ放題だが、お代わりした事は今まで一度もない。

お冷を飲みぼうっとしていると程なくしてカレーが到着。カルダモンの爽快な香り、ああ、これがエチオピアのカレーだ。ザクザクとたっぷり入った野菜と豆、特にブロッコリーの歯触りが良い。ピリリと効いたスパイスは、じんわりと体に染み渡る。

あー、美味しかった。来年もまた、靖国参拝に行こう。カレーは、また来週も行こう。

ライター :星野 藍

星野

グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。
2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。廃墟の他怪しい場所やスラム街、未承認国家にソビエト連邦など、好奇心の侭に国内外を縦横無尽に徘徊する。

【関連記事】
【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた
【8/15は終戦記念日】写真家「星野藍」が見た日本 ~那須戦争博物館に行ってきた~
【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!
【自衛隊は面白い】自衛隊駐屯地の一般開放イベントに行ってみた④ 〜珍しい装備品編〜
【自衛隊見学に行こう】自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた③ 〜ヘリコプターに乗ってみた編〜
【自衛隊は面白い】自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた② 〜記念式典と観覧行進、そしておいしいおひる編〜
【自衛隊は面白い】戦車! ヘリ! 自走砲がズラリ! お祭り感溢れる自衛隊駐屯地一般開放イベントに行ってみた
【アジア感満載】進むチャイナタウン化!西川口で食べたディープな中華料理とスーパーマーケット
【赤坂/六本木】米国大使館職員宿舎が超オシャンティ! テンプルタウンハウスのガレッジセールに行ってみた(フレンドシップデー)
【知ってる?】気になる銀座のお洒落レトロ建築『中銀カプセルタワービル』に行ってみた!(メタボリズム建築)
【東京名所】コンセプトは”死なないため”の住宅? 「三鷹天命反転住宅」を見学してきた話

bnr_skin_thin

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

ゴリゴリ日記 ライターさん募集中!!

週間アクセスランキングTOP10

【メンズスキンケア】自分の肌、気にしてますか? ~2018年後半戦は「美肌」で男を上げろ~(PR)

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【刺青夫婦】タトゥーのデメリット・後悔は結婚してから痛感する3つの理由

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【裾折りデニム問題】メンズに流行するデニムのロールアップはダサいのか? お洒落なのか? 折り方はあるのか?

【最新カプセルホテル】近未来的モダン空間! カッコ良すぎる竹橋のナインアワーズホテルに行ってみた!

【IKEAあるある35選】これはあるね!www つい余計なものまで…から始まる、毎度ありがちな「イケアあるある」まとめ

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【旨すぎ注意】牛骨の旨味がほとばしるゥ! イスラム教徒も安心の蘭州拉麺の聖地「ザムザムの泉(西川口)」に行ってみた

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)