【カオス名所】スーパー胡散臭い! ベトナム・ホーチミンの「スイティエン公園」がツッコミどころ満載過ぎて入園不可避(後編)

1

文:星野藍
グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。

ベトナムのホーチミン市に存在する『世界一怪しいテーマパーク』スイティエン公園。ソフトクリームでひんやりブレイクしたところで、散策を続ける。この日の気温は32度、寝ても覚めても暑い、暑すぎる。

冒頭の写真(アイキャッチ)のこれは、すいかのキャラクターのようだ。フルーツをイメージしたキャラクターたちのパレードが行われる時でもあるのだろうか。

【前回の記事】
【カオス名所】スーパー胡散臭い! ベトナム・ホーチミンの「スイティエン公園」がツッコミどころ満載過ぎて入園不可避(前編)

一番楽しみにしていたワニ釣り

2

私が今回、密かに一番楽しみにしていたアトラクションがある。それは“ワニ釣り”だ。レンタルした竿を用い生肉を垂らし、園内のワニを釣って遊ぶ事が出来る。入場料は10,000ドン(約50円)かかる。が、大した料金ではない。ハリーポッターのお化け屋敷に比べれば……。

この壁の向こう側にワニたちが待っているんだ!……と思ったら、なんと本日休業。他のお客さんも不満のようだった。

3-2

凄まじく楽しみにしていただけに、この時の落胆はとても大きかった。気を取り直して次へ行こう。

 

様々なアトラクション

3

ワニ園をとぼとぼ後にして、通り掛るは巨大な顔。トゥームレイダーに出てきそうだね……と相棒がポツリ。

近くに観覧車があったので、乗ってみる事にした。

4

ギ……ギギ……
……不穏な音がする。
これは、大丈夫なのだろうかと心底不安になる。
……ギギギ……ギギ…………ギギギギ……
軋みはどんどん大きく、強くなっている。

上へあがれば上がるほど、命の危機を感じる。高所恐怖症の人は耐えられないかもしれない。遠くの空の一部分が灰色になっている。ああ、スコールだ。こっちに近づいてきているのだろうか。今雨に降られてしまったらびしょ濡れだ。

5

ワニ園を俯瞰する。あの池にたくさんのワニがいたんだろうなぁ……。

6

改装中のプールも見える。あの大きな奇妙な像は『奇界遺産』の表紙にもなったものだ。ベトナム史上初の国王Hùng Vươngをモデルにしている。間近であの巨大像を見てみたかった。

7

観覧車から無事生還した私たちが次に選んだのはジェットコースターだ。今度こそ本当に天に召されないか心配だったがまぁなんとかなるだろうと果敢に挑む。

ジェットコースターが動き出し、ゆっくりと上昇していく。……が、それがあまりにもゆっくりすぎた。

「まだ上に着かないね……。」
「そうだね。」
「……。」
「長いね。」
「うん、長すぎるね。」

結局上にたどり着くまで2分、そこからレールを駆け抜けゴールに到着するまで30秒。たったの30秒、あっという間だった。溜めの時間の方が長いなんて!

無事生還はしたものの、その呆気のなさに落胆を覚えた。もちろん、これらアトラクションは全て入場料とは別料金だ。全て体感したら3,000円以上かかるに違いない。

 

カオスは続く

albumtemp (2)

エイリアンを倒しに行きそうなThe SFチックな男女のオブジェ。これもアトラクションのひとつだった。

9

ゴーカートもあるがこの時利用客はおらず、スタッフたちはたいそう暇そうに茶や菓子をしばき倒しているのであった。

10

チープなお土産、子供用玩具もたっぷり充実。

albumtemp

スイティエンプリントTシャツ、大人用があったら買っていたのに。

12

そして相変わらず狂ったモニュメントたち。

13

15

スイティエン公園はお寺のお坊さんが作った、仏教のテーマパークだ。仏教の様々な要素と、おそらく現地の土着信仰の要素も多く含まれているのだろう。仏教どころかただのカオスと化している。

16

おそろしく金ぴかなモニュメントを見るだけで、否応がなに金運アップする……気がしなくもない。

17

段々、永遠に終わらない悪い夢を見ているような気分になってくる。筒井康隆の小説『パプリカ』に出てくる夢の世界にも出てきそうだ。

 

albumtemp (1)

19

20

21

最後の方は、駆け足で見ていた。頭の中がカオスで飽和し、訳が分からなくなってくるのだ。終始緩む事のない強い日差しと蒸し暑さに加え、情報処理を仕切れず混乱をきたしてくる。

 

カオスの後に

23

スイティエン公園を一周し終え、外に出た私は不思議な達成感を覚えていた。広々とした幹線道路の向こう側に、別世界がある。ああ、私は現実に帰ってきてしまったんだな。

24

帰りのバスに乗る為、歩道橋を渡る。その時、歩道橋で物乞いの姿を見た。

25

スイティエン公園の入場料、そしてそこで使う料金は、ベトナムの平均所得からすると随分割高だ。外国人観光客、そして比較的所得に余裕のある現地人が訪れるのではないだろうか。

一歩外に出れば、現実が待ち構えている。その落差に、浮かれた気持ちも一気に冷め行くようだった。

ライター :星野 藍

星野

グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。
2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。廃墟の他怪しい場所やスラム街、未承認国家にソビエト連邦など、好奇心の侭に国内外を縦横無尽に徘徊する。

【関連記事】
【シンガポール最後の秘境】ウビン島(Pulau Ubin)に行った時のお話
【新生活】環境を変えるって大事! 前に住んでいた家が色々とヤバかったというお話
【東京名所】コンセプトは”死なないため”の住宅? 「三鷹天命反転住宅」を見学してきた話
【廃棄処分問題】恵方巻の余りを捨てる前に読みたい、恵方巻生産工場のバイトをしたときのお話 ~ 終わらない仕込み地獄
【カオス名所】スーパー胡散臭い! ベトナム・ホーチミンの「スイティエン公園」がツッコミどころ満載過ぎて入園不可避(前編)
【カオス名所】スーパー胡散臭い! ベトナム・ホーチミンの「スイティエン公園」がツッコミどころ満載過ぎて入園不可避(後編)
【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話
【樹海都市伝説】 樹海歴15年「樹海マニアK氏」に聞く! コンパスや謎の集落や死体など樹海の話、そして樹海の今昔について
【常磐線開通】変わらぬゴーストタウンと変わりゆく「フクシマ」 ~女性写真家「星野藍」が見た福島県浪江町と富岡町の現在
【エロとかじゃない】女性の私がとてもカジュアルな「SMバー」に行き、気が付いたら普通に鞭打ちしていた話
【都市伝説】マジで実在するの? 妙にリアルな「死体洗いのアルバイト」の体験談を父親から聞いてしまったお話
【ハプバー事件簿】人妻に連れられてハプニングバーに行ったら、期待を裏切らず無事『ハプニング』に遭遇した話
【7月26日は幽霊の日】女性廃墟カメラマンが語る、廃墟であった怖い話 「終わらない葬式の家」「温泉街のソープランド廃ホテル」
【夏の怪談】廃墟カメラマン星野藍の「一人旅であった怖い話」~足音~
【戦車が残る街】女性写真家『星野藍』が見た、旧ソ連の秘境・未承認国家「ナゴルノ・カラバフ」の廃墟と戦争の爪痕
【激渋】君は旧ソ連を知っているか? ロトチェンコ・デザインから『コーカサス3国』へ~女性写真家「星野藍」の風景~

bnr_skin_thin

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【ハプバー事件簿】人妻に連れられてハプニングバーに行ったら、期待を裏切らず無事『ハプニング』に遭遇した話

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話

【賃貸の退去費用が高すぎる】大家は「敷金」をどう考える? 不動産コンサルタントに聞く引越し時の高額請求トラブルを防ぐ方法