【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

shutterstock_205230340

「FC全ソフトリスト」によるとこれまでに市販されたファミコンソフトは1,260本とのことだ(バージョン違いのカウントなどで諸説あり)。

これらのファミカセを全て収集することはファミっ子たちの夢であり、完全収集の達成は愛好家の間では「ファミコンプ」と呼ばれ、コレクターとしての誉れとなっているらしい。
だが、ゲームクリア後に裏ステージが登場するように、ファミコンプを達成した収集家がさらにハマるディープなコレクションジャンルが存在する。それが「非売品ソフト」である。

今回は、ブログ「オタク旦那と一般人嫁」を運営する、収集歴20年、日本屈指の非売品ソフトコレクターである「じろのすけ」氏にコンタクトを取り、奥深い非売品ソフトについて話を伺った。

「無価値で役に立たないもの」に惹かれる性分

wikipediaより

カセットビジョン (wikipediaより)

――ご自身のゲームとの出会いについて教えてください。

じろのすけ:テレビゲームと初めて出会ったのは、小学生の頃、カセットビジョン(※1)でした。「きこりの与作」(※2)とかが大好きでした。その後、ファミコン本体と、「ナッツ&ミルク」を親に買ってもらって大ハマりしました。学校が終わると友達の家で、「マリオブラザーズ」などで対戦して大騒ぎする、よくいるファミコン少年だったと思います。

※1:1981年にエポック社から発売された家庭用テレビゲーム機。ファミコン発売の2年前である。
※2:アーケードから移植された、カセットビジョンの名作ソフト。

 

――ゲームコレクターとして目覚めたキッカケがあれば教えて下さい。

じろのすけ:じつはその後、テレビゲームから離れていた時期が続きました。そのためスーパーファミコンは現役では遊んでいません。大学生になってからある日、ふとファミコンの「バルーンファイト」を遊んでみたくなり、秋葉原に行って中古ゲーム店でソフトを購入しました。

それ以来なんとなく懐かしいソフトを買い続けるうちに、いつの間にか今の状態になった感じです。

私は生来、「役に立たないもの」、「世間的には無価値なもの」を集めるのが好きな性分なようで、自然とこうなったのだろうと思います。

 

――ゲームソフトのなかでも非売品ソフトに注目したのは何故でしょうか。

じろのすけ:大学生~社会人にかけて、ちょうどインターネットが世の中に普及し始めた時期でした。同時にファミコンサイトの黎明期でもありました。多くの先達コレクターがサイトを開設しており、特に非売品ファミコンのコレクターさんは、当時の私にとって雲の上のような存在でした。

そんな中でスーパーファミコンの非売品ソフトは、当時それほど注目している人がいなかったので、集め始めてみたのがキッカケです。この頃は、ゲームコレクターの世界における先人ともいうべき、道を切り開いてくれたコレクターさんが大勢いて、その方々への感謝と敬意は今でも抱いています。そのせいか自分自身は、いまだに「駆け出しのにわかコレクター」という感覚が抜けません(苦笑)。

ただ、今では「非売品ソフト」と言うよりも「役に立たないソフト」コレクターという感じです。世間一般の価値観とは無縁のソフトを、自分だけの価値観で集めるのが大好きです。

 

ゲーム史の補完が使命。だから保管状態にもこだわり

――現在のコレクション本数はどのくらいでしょうか。

じろのすけ:あまり厳密に数えていませんが、本数は、だいたい2,000~3,000本程度だと思います。この本数はコレクターとしては少ないほうです。

 

――どのようにして非売品ソフトを入手しているのでしょうか。

じろのすけ:昔は、古い電機屋、質屋、古本屋、雑貨屋など、ありとあらゆるところを足で回っていました。そのなかで「ここには何かありそうだ」と思えるところがあれば店員さんと交渉したりしながら、とにかく足と直感をたよりに探索していました。私は足を使ってソフトを探索するのが一番楽しいと感じるので、今でも出来ればそうしたいと思ってます。

ですが、現在は仕事と子育て、さらに親の介護もあるのでなかなか時間が作れません。そのためネットが頼りです。

ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトを使うこともありますが、私が探しているようなソフトは、市場が形成されておらず、お金では買えないことが多いです。よってコレクター仲間に助けられることが多いです。

 

――ソフトの保管に関して気をつけている点はありますか。

じろのすけ:自分のコレクションは、自分以外の人にとってはどうでもいいものが多いので、少し大げさかもしれませんが、自分のコレクションが無くなると、ゲームの歴史の中のどうでもいい部分が無くなってしまうのではないかと危惧してます。まぁ、本当にどうでもいいのですが(笑)。

そのため、少なくとも自分が所持している期間中だけでも、なるべくソフトの状態を劣化させないようにしたいと思っています。ゲームソフトは1本ずつビニールでくるんだ上で、それぞれケースに収納しています。100均で売ってるハガキケースがサイズ的に収まりが良いので好んで使っています。他には日焼け防止のため基本的に暗室で保管し、梅雨時などは除湿剤等を使うなど、コンディションに気をつけています。

 

世間から認められない道楽に心血を注ぐ以上、仕事も家庭も手を抜かない

――コレクター活動と仕事や家庭の両立で心がけていることはありますか。

じろのすけ:私はゲームというものは道楽だと思っています。「社会の役に立つ」「世間で認められている」等の打算的な要素を一切入れずに、ただただ「自分が好きだから」という理由のみで、楽しむのが道楽です。

道楽だからこそ、世間からの支援は一切期待できないし、たとえ世間から認められなくても、自分の力だけで心血を注ぐものだと思っています。そのぶん逆に家庭での家事や育児、会社での仕事は、人一倍がんばるよう努力しています。

自分だけの道楽に血道をあげている以上、自分のなかの妙な意地みたいなものだと思います。

 

――今狙っているソフトはありますか

じろのすけ:メガドライブのテトリス(※3)ですね。以前所持していましたが、手放してしまい激しく後悔しています。

※3:1988年、アーケード版テトリスを発売したセガは、翌年1989年にアーケードを移植した「メガドライブ版テトリス」をリリースする予定だった。大ヒットパズルゲームだけにメガドライブのキラーソフトになるものと目されていたが、発売直前になって複雑なライセンス問題が発覚、最終的に販売中止に追い込まれている。そのためセガの倉庫には日の目をみないテトリスのソフトが大量に眠っているという都市伝説がマニアの間で囁かれていた。世にいう「テトリス事件」である。

 

誰も知らない真実にたどり着くのが非売品ソフトの醍醐味

――今後についての目標や夢はありますか

じろのすけ:ゲームを集めるのはすごく楽しいです。見たことのないソフトを発見→仮説を立てる→証拠を集めて検証する……。このサイクル自体が、自分にとってひとつの遊びのような感覚です。そういった活動を通して、世間の誰も知らない真実にたどり着いた時の喜びは、ものすごく大きいです。

なので、この遊びを共有できる仲間が、世の中にもっと増えたら嬉しい限りです。そのために、コレクターが社会的に認知されるようになったらいいなと思っています。

 

――最後に、これからの活動について教えてください。

じろのすけ:12月に、三才ブックスさんより『非売品ゲームソフトガイドブック』という本が発売される予定です。

過去、何回かのレトロゲームブームがあって、ゲームソフトを紹介する本がたくさん出ました。しかし、非売品ゲームソフトについて本格的に取り扱っている本は、ほとんどありません。

手前味噌ですが、過去のどの本でも見たことが無いようなゲームソフトが満載の本になると自負しています。書店で見かけたら、ぜひお手に取っていただけたらと思います。

――ありがとうございました。

 

番外編 収集家じろのすけ氏厳選、非売品ゲームソフトベスト3

ここで、数あるコレクションのなかから、特に思い入れのあるソフトをじろのすけ氏に紹介して頂いた。もし、あなたのまわりで非売品ソフトを見かけたら、是非じろのすけ氏に一報を!

 

3位
プレイディア「みちゃ王用ディスク戦隊シリーズ」

みちゃ王

じろのすけ氏コメント:「みちゃ王」とは、バンダイが開発した子供向けのアミューズメント筐体で、100円玉を投入することで3分くらいの映像を視聴できます。主にデパートの子どもコーナーなどに設置されていました。これは、みちゃ王専用の映像ソフトになります。みちゃ王自体は業務用の筐体ですが、中身はバンダイの家庭用ゲーム機「プレイディア」が使われていました。そのため、「もしかしたらソフトに互換性があるのではないか」と推測して購入したのがこのソフトです。一種の賭けでしたので、実際にプレイディアで動作した時は嬉しかったです。

 

2位
ファミコン「キラキラスターナイトDX(※4)ゴールドバージョン」

キラキラスターナイトゴールド

※4:2013年に漫画家のRIKI氏が製作した同人ゲーム「キラキラスターナイト」が、2016年にパワーアップ、ファミコンのハード性能を限界まで引き出したクオリティで発売され話題となったゲーム。

じろのすけ氏コメント:キラキラスターナイトDXのゴールドバージョンは特殊仕様で、同ゲームのハイスコア大会の優勝賞品として用意された一点と、とらのあなの抽選プレゼント用の一点、製作者であるRIKIさんご自身が所持しておられるであろう一点の、計3本しか存在しないものでした。

私も非常に欲しかったので、ゲーム大会に参加したのですが、あえなく敗退……。その後も、ずっと「欲しい欲しい」と念じていたら、とらのあなの1名だけプレゼントの抽選に見事当選しました! これは非常に嬉しかったです。

 

1位
ファミコン「通信カートリッジ」

ファミコン通信カートリッジ

じろのすけ氏コメント:ゲーム機であるファミコンを使用して、株式売買やオンラインバンキング、馬券投票をするために必要になるのが、通信アダプタと通信カートリッジになります。

一体どんなソフトが出ていたのか、まだ誰も全貌がつかめていない世界で、これを1つ1つ明らかにしていく感覚が非常に好きです。はたして自分の一生のうちに、全貌がつかめる日が来るのかどうか……。持っていない通信カートリッジは、年に数本入手できればいいほうです。1本1本、コツコツと集めています。

ゲームソフトのコレクターの世界では、集めることを極めれば極めるほど、「お金で買えるソフトはレアソフトではない」という感覚が増してきます。市場でプレミア価格が付いているソフトは、お金さえ出せば買えるので、あまり貴重だという感じがしません。本当に貴重なソフトは、市場に出てこないし、値段が付かないものなのです。

じろのすけ氏プロフィール

非売品ゲームソフトコレクター。元ゲーム会社の経理で、今は普通のサラリーマン。二児の父。月刊ゲームラボ誌で、非売品ゲームソフト図鑑を連載。フランスで出版された「La Bible NES/Famicom」への資料提供等。

役に立たないモノが大好きで、いつの間にか変なゲームソフトばかりが手元に増えていました。昨今、レトロゲームが高騰する中、完全に時代に取り残されております

ブログ:オタク旦那と一般人嫁
 

ライター : 栗林 篤

kuri

1978年生まれ。明治大学政経学部卒業。大学卒業後、情報誌出版企業に勤めるが1年でリストラに遭遇。その後フリーター、ニート時代を経て、東証一部上場企業の正社員SEとして働くも、年収300万円以下の経済状況に絶望して投資に邁進する。投資のおかげで、現在はサラリーマンを卒業、フリーライターとしてストレスフリーに活動中。著書に『サラリーマンのままで副業1000万円』(WAVE出版)。好きなフルーチェはいちご。

【関連記事】
【マフィアから人狼へ】『人狼』ってどういうゲームなの? 今さら聞けない人狼のルールや特徴についてわかりやすく説明するよ
【最新アナログゲーム】ゲームマーケット2017初参戦~イベントの雰囲気や気になったゲームはコレ!
【ゲームと人工知能】AIはどこまで強くなるの? 過去の「AI対人間」対戦まとめ
【大人の嗜み】 世界標準のポーカー、「テキサスホールデム」を君は知っているか?

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【ハプバー事件簿】人妻に連れられてハプニングバーに行ったら、期待を裏切らず無事『ハプニング』に遭遇した話

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話

【お肉博士1級】お肉検定に合格した僕が驚いた、食肉に関する衝撃的な事実6つ