【激渋】君は旧ソ連を知っているか? ロトチェンコ・デザインから『コーカサス3国』へ~女性写真家「星野藍」の風景~

あ
文:星野藍
グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。

旧ソ連への興味のはじまり

私が旧ソ連、というものに興味を持ったのは、ロトチェンコの独特なデザインがきっかけだった。ロシア構成主義の直線と直線の交錯、幾何学形態の織りなす唐突で異質な時に暴力的とも取れる強烈なデザイン。当時デザイン科の学生だった私は、ロシア・アヴァンギャルドに痛々しい程かぶれにかぶれた。そして後にウクライナへ足を運ぶ機会を得、ソ連に対する興味はそれ以外にも広がっていった。

だがそこで、次はコーカサス3国へ行ってみようと思う人はなかなか少ないのではないだろうか。

 

コーカサス3国とはなにか

い

そもそもコーカサス3国とはなにか。

コーカサス。

黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス山脈と、それを取り囲む低地からなる面積約44万平方キロメートルの地域の事だ。コーカサス山脈を南北の境界としており、北コーカサスはロシアの連邦管区を中心とした地域の事を指し、南コーカサスは旧ソ連から独立した三共和国の事を指す。

コーカサス3国というのは南コーカサスの共和国、アルメニア、グルジア(ジョージア)、アゼルバイジャンの事だ。山と谷が連なりあう地形が多く、その為多様な民族が複雑に入り組んで暮らしている。故に古来より戦争や紛争が絶えない。国際的に国として認められない地域は常に火種が燻っている状態にある。

3

しかし陸路で山を越え谷を越え、国境を越え、文化や言語、宗教が変わっていく様を見ていると、それはまるで民族のグラデーションを見ているような気持ちになる。今回は国境を越え変わりゆくこれら3カ国の様子を紹介したい。

 

アゼルバイジャン

4

カスピ海に面するアゼルバイジャンは、トルコの兄弟国だ。イスラム教の国で、言葉も文化も非常によく似ている。イスラム教とは言ってもかなりゆるやかな方で、ヒジャブを着ける女性はあまり見かけない。

石油によるオイルマネーで潤い、近年首都バクーの発展はめざましいものがある。アゼルバイジャンの原油はアゼリライトと言われており、重量が軽く精製コストが安い。豊富な油田のお陰で今後今後100年は安泰と言われている。

photo (4)

世界一大きなケンタッキーがあり、ハイスピードで次々と近代的な高層ビルが建てられている。フレイムタワーと呼ばれる不思議な形をしたマークタワーは、建設に日本人も関わっている。

しかし、そのオイルマネーで潤っているのは、5パーセントにも満たない一部の富裕層だけで、貧富の差が非常に大きい現実も持ち合わせている事はあまり知られていないかもしれない。ナゴルノ・カラバフ紛争による難民問題も解決しておらず、未だに定住先もなく廃工場などを住処にする人々もいる。

地下鉄はむんわりと石油のにおいが漂い、カスピ海もお世辞にも綺麗とは言えない。しかし田舎に出れば景色はがらっと変わる。

5

シェキという、首都バクーから北へ300kmほど離れたところにある村は、アゼルバイジャンに旅行に来た日本人が多く訪れる村らしい。シルクロードを通って中国と行き来をする隊商宿(キャラバンサライ)があり、コーカサス全体で一番大きいものがシェキにある。

6

7

観光地でもある為他の村に比べると道路も綺麗だったりするが、朝一番で村を散歩すると、田舎ならではの牧歌的光景を垣間見る事が出来る。

8

偶然仲良くなった、村唯一の日本語の話者の女の子とそのお母様に家庭料理をご馳走になったが、アゼルバイジャンのどのレストランの料理よりも美味しく、そしてボリュームがすさまじかった。テーブルいっぱいに並べられる料理はまるで漫画のワンシーンのように魅力的だった。トルコやイランなど中東の影響を受けた料理が多いように見える。

9

アルメニアを挟んだ飛び地にあるアゼルバイジャンの自治共和国であるナヒチェヴァンには、ノアの箱舟がたどり着いた伝説が残っているが、トルコ領内にあるアララト山にも同じ伝説が残っている。謎は謎のまま現在に至る。

10

大陸性の乾燥した砂漠が続くナヒチェヴァンは、そのままイランまで陸地が続く。綺麗な水が湧き、生きてきて一番美味しい紅茶を味わったのはこのナヒチェバンだ。

11

コーカサス3国の中で最も治安が良く、親切で人懐こい人々が多い国だ。

12

 

グルジア(ジョージア)

13

グルジアは、アゼルバイジャンとアルメニアの北部にまたがるように立地する、民族の交差点のような国だ。アブハジアや南オセチアといったくすぶる火種の未承認国家を抱え、3国の中でも最も民族が多種多様である。

最近だとネットでグルジア料理が美味しいと話題になったが、それらは本当にビックリする程美味しい。

14

チーズがたっぷりと入ったたまごを落としたアジャルリというパン。

photo (2)

とろとろに煮込まれた牛肉が堪らないグルジア風ビーフシチュー、オーストリ。

15

ナスとくるみと香草のこってり濃厚なサラダ、バドリジャーニ。

16

グルジアの巨大な水餃子、ヒンカリ。あげていくとキリがない。

首都トビリシはエキセントリックな形をした建築物を多々見かけるが、郊外へひとたび出れば雄大な景色の広がりに感動する事だろう。

17

18

ロシアまで続くグルジア軍道と呼ばれる幹線道路を北上していくと、グルジア正教会の古き良き教会と、コーカサス山脈の美しい山景に出逢う事が出来る。自分の肌で感じた治安は、コーカサス3国の中で最も良くないかもしれない。

多種多様な民族が集まり、グルジアでは国境断絶した国同士、アルメニア人もアゼルバイジャン人も一緒に働いている。人種差別のヘイトを一番投げかけられた。「キタイ」ロシア語で中国人という意味の言葉は吐き捨て、彼らは立ち去っていった。が、悪い人もいればいい人もいるという事を、忘れてはいけない。寧ろいい人の方が多いと私は信じている。

 

アルメニア

photo (3)

最後に紹介するアルメニアは、コーカサス3国の中で最も旧ソ連の残り香を感じる国だ。

首都エレバン駅は美しいスターリン様式。他2国がキリル文字を国から排除しアルファベット表記へと次々変えていくのに対しアルメニアではキリル文字、ロシア語が非常に強く残っている。

それもそうだ、アルメニアは隣国であるトルコ、アゼルバイジャンと不仲で両国との国境を断絶している。歴史を話すと長くなるのだが、トルコとの間にはオスマン帝国によるアルメニア人の大量虐殺があり、アゼルバイジャンとの間にはナゴルノ・カラバフの領土問題がある。

国土の70%を閉ざされ、資源にも乏しいこの国はロシアに頼る他生き延びる術がないのだ。その上“世界で最も危険な原発”と呼ばれるメツァモール原子力発電所を保有している。この原発から首都エレバンまでは、なんと約30キロしか離れていない。

アルメニアは地震が起こりやすい国だ、もし3.11並の大規模な地震に見舞われたりでもしたら……その被害はチェルノブイリ原発事故を凌駕するとんでもないものになると、私は懸念する。

19

こういった事もあり、何処となく暗い雰囲気を纏った国ではあるが、人々は驚く程優しい。真冬の旅でインフラが停止し身動きが取れなくなった時、親身になって助けてくださった人たちの事は一生忘れられない。今でもメールでコミュニケーションを取っている。

20

キリスト教を国の宗教として定めた最初の国であり、アルメニア正教の古い教会は堅牢な石造りでなんとも言えない味わい深い魅力がある。

photo (1)

21

特に北部の教会は山を越え谷を越え突き進んだ先にあり、牧歌的な田舎景色にも癒される事だろう。

22

首都エレバンの建築物の多くには薄桃色の凝灰岩が使われており、それ故“バラ色の街”と呼ばれとても美しい街並みを見る事が出来る。

23

天気が良い日は富士山のように大きな、国のシンボルであるアララト山が見る事が出来るが、私が行った時は残念ながら大雪で見る事が出来なかった。しかしその年の初夢でアララト山が出てきた事は個人的にちょっと嬉しかった、のはただの余談だ。

24

25

料理も勿論漏れなく美味しい。葡萄の葉で羊肉を包んだドルマ、あんずのジュース、鉄串を使用したシャシリク、香草とオリーブオイルをたっぷり練り込んだパン。

アルメニア料理ではないのだが、アルメニアの人々はピザが好きだという。ふっくらとしたパン生地のピザは、今までアメリカでも日本でも味わった事のないアルメニアならではの味わいだった。

 

コーカサスの虜

26

コーカサスは本当に安全なのか? と度々聞かれる事がある。

節度を持って行動し、危ないところをむやみやたらに歩かない。自分が言うのも説得力に欠けるが紛争地帯に行くのは避け深夜の単独行動は避ける、日本人が諸外国から嫌でも「お金がある」人種だと思われているという事はどういう事か、という事を気をつければ基本的には大丈夫だと思う。あと、タクシーを利用する際はどうしてもぼったくりに遭遇してしまう事があるだろう、いかに交渉するか、気をつけるか。一番は観光ガイドをつける事が安全への近道かもしれない。

何百年も昔から続く根深い民族問題や紛争が全て解決するには、数年数十年で到底解決出来るような生易しいものではないと思う。様々な問題を包括したまま、相反する矛盾を孕み、しかしそれでも世界は回り続ける。

極東の島国で育った自分にとって、それは今まで見た事も感じた事のない不思議な現実だった。そしてその魅力に取り憑かれるように、完全に虜になってしまった。私が見てきた景色も、コーカサス3国の多面的な一面のひとつに過ぎない。

また新たなコーカサスの側面を探しに、そう遠くない日に私は旅に出るだろう。

 

星野 藍 写真展『コーカサスの虜』

……恐縮ながら宣伝です。

私が愛してやまないコーカサスの景色を、11月よりキヤノンギャラリーにて展示させて頂きます。

photo

銀座から始まり札幌、大阪、名古屋と全国巡回をする展示です。興味のある方は是非、足を運んでみてください。

銀座:11月2日〜8日

10時30分~18時30分(写真展最終日 15時まで)
(日・祝日とギャラリー休業日は休館)

東京都中央区銀座3-9-7
都営地下鉄 東銀座A7、A8出口より徒歩2分
東銀座駅(日比谷線)A2出口より徒歩3分
銀座駅(銀座線・丸ノ内線・日比谷線)A12出口より徒歩3分

 

札幌:11月24日〜12月5日

10時~18時
(土・日・祝日とギャラリー休業日は休館)

札幌市中央区北3条西4-1-1 日本生命札幌ビル 高層棟 1F
JR札幌駅 南口より徒歩4分
市営地下鉄南北線札幌駅 10番出口より徒歩2分

 

大阪:12月14日~20日

10時~18時(写真展最終日 15時まで)
(日・祝日とギャラリー休業日は休館)

大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト1F
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅、京阪中之島線「渡辺橋」駅直結
地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅徒歩5分
JR東西線「北新地」駅徒歩8分
JR「大阪」駅徒歩11分

名古屋:2018年1月5日〜17日

10時~18時(写真展最終日 15時まで)
(日・祝日とギャラリー休業日は休館)

名古屋市中区錦 1-11-11 名古屋インターシティ 1F
地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅10番出口すぐ

ギャラリーwebサイト

ライター :星野 藍

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【ハプバー事件簿】人妻に連れられてハプニングバーに行ったら、期待を裏切らず無事『ハプニング』に遭遇した話

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話

【お肉博士1級】お肉検定に合格した僕が驚いた、食肉に関する衝撃的な事実6つ