【吸血動物ヤマビル】キモ過ぎ&血ィ吸い過ぎィィィ!! プロが教えるヤマビルの生態と撃退法「ハッカ油」スプレーとは

shutterstock_583275700
記事内の写真 / 文:里中遊歩 
東京都東村山市在住。日本野生生物リサーチセンター代表。野生動物の調査の傍ら、著作活動や各講演会における活動、及びメディアへの出演や協力を行なう。主に哺乳類を軸とした動物全般の調査に重点を置いて活動。主な著書に「サトナカがゆく! ~風まかせ動物探索記」、「絶滅動物調査ファイル(『もしも』の図鑑)」など。

最近少しずつメジャーになりつつある、吸血性ヒル『ヤマビル』。

かつては深い山中や森林にひっそりと棲息していたイメージのヤマビルであるが、昨今では町なかの公園などといった人里での目撃情報も聞かれ、その棲息域の拡大が懸念されている存在である。

秋の行楽シーズンを前に、今回はそんなヤマビルの生態を紹介すると共に、予防策・撃退法などを記していきたい。

「ヒルに血ぃ吸われたことってあります?」

1

「ヒルに血ぃ吸われたことってあります?」

皆さんはこれまで生きてきた人生の中で、このような質問をされたことはあるであろうか? 恐らく大多数の善良な民である方々にとっては、身に覚えのない質問であろう。

でも私はある。しかも何度も。
トークイベントの質疑応答時間などの際、唐突に質問されることも少なくない。

「勿論、何度もありますよー」

大抵の場合、私は明るくそう答えるのであるが、その度に悲鳴のような奇声があちこちから沸き上がるものである。

まあね。確かに血を吸われて気分の良いものではないし、またあのウネウネネトネトした感じで気づかぬうちに服やズボンの隙間から侵入してくる不審者感はハンパない。遭遇した際に、あまり「愛でたい」という感情に繋がる対象動物ではないことには違いない。

ただ私は、「実際に血を吸われたことも遭遇したこともない」と言っているにもかかわらず、非常に過敏にヒルの存在に対して恐れおののいている人たちが多いことに、少々戸惑うことも多い。

「山を全部焼き尽くせば、ヒルを根絶させることができるんでしょうか?」などと本気の眼差しで物騒な提案を持ちかけてきた人もいたっけな。その時は、「山は、あなたの為にそこにあるワケではないんですよ」と返答したけど、きっとその意味を理解できちゃいないであろう。

ともかく、そんなこんなもあって今回は、私の体験談なども交えながら、皆さんに「ヒル」についての正しい知識を知って頂くことで、秋の行楽シーズンに活かしてもらえたら良いな、と思う次第なのである。

 

「ヒル」と一言で言っても、様々な種類が存在する。

人間の血を吸うものもいれば、吸わないものもいる。また水中で生活するものもいれば、陸上に生活するものもいる。

全ての種類について語り始めると、図鑑が一冊仕上がってしまうくらいの文章量となってしまうので、今回は日本国内(本土)の吸血性ヒルにおいては唯一の陸棲ヒルで、ハイキングなどで最も遭遇する可能性の高い「ヤマビル」に焦点を当ててお話しをしていこう。

 

ヤマビルとは、どんなイキモノなのか?

私は仕事柄、ニッポン中の野山里山を日夜、縦横無尽に探索・調査を行なっているのであるが、その日の私たちは、房総半島南部にある結構深い山中で探索をしていた。

初夏の陽射しが降り注ぎ、立っているだけでも薄っすらと汗ばむ程度の陽気。晴天。絶好の探索日和。

お目当ての動物たちの痕跡も多数見つかり、「おっほほ、大収穫だったねえ」などと仲間たちで喜びを分かち合いながら、陽が傾きかけた頃、その日の宿へと戻る。

一日中暑い中を歩き回っていたものだから、当然衣類は汗に濡れてベタベタだ。

「今日はもう、ジーンズの中とかまで汗がダラダラ垂れてて気持ち悪いよねえ」とか言いながら徐にジーンズを脱いでみてビックリ。足が血だらけなのである。

2

「うおっ! コレは!」

「わはは。盛大にやられたなあ。」

「いや、よく見たらあんたの腰周辺も血だらけではないか。」

「へっ? うあっ! ってゆーか、まだヤマビルついてるし!」

結局その時は、私を含め4名の仲間で探索をしていたのであるが、見事に全員がヤマビルの餌食となってしまっていたのであった。しかも気づいたのは、全員探索が終了して着替えている時。勿論、その場にヤマビルがいることは知っていたが、探索中、まさか自分が吸血されていたことに気がついた者は一人もいなかった。

このように、これだけ派手に流血するくらいに咬まれているにもかかわらず、痛みとか痒みなどを一切感じさせないところが、ヤマビルのイヤラシイところなのだ。

 

ヤマビルは、顎ヒル目ヒルド科に分類されるヒルの一種である。

本来は奥深い山の中の湿気の多い沼地や森林などに静かに棲息し、獲物が通り掛かるのを、今か今かと待ち伏せしているのだ。乾燥に弱いことから、陽当たりの良い草原などではほとんど見られない。

国内においては、秋田県・岩手県辺りを北限として本州・四国・九州、また周辺の一部島嶼部に、局所的に分布する。

外気温が10度を下回るとほとんど活動ができなくなることから、地域によって差はあるが、主に春先の4月から晩秋の11月くらいまでが、彼らの活動期間となる。特に、梅雨時や秋雨前線が活性化している時期には、彼らの活動も活発になるので注意が必要であろう。

孵化したばかりの幼生の体長は5mm前後で、その後1~2年の間に数回吸血することで成長し、成体になるとされている。

成体の体長は、通常時(吸血前)は25~35mm程度と小さく細長い。グニャグニャな爪楊枝といった感じで、なんとなく似ているからなのか尺取虫と間違えてしまう人もいると聞く。

それが獲物にありつくと、自身の大きさの数倍にも及ぶ量の血液を吸う。と言っても、そもそもの大きさが大きさなので、一度に吸血する量は成体でも2~3ccといったところであろう。それでもパンパンに膨れ上がったその姿は、見ていてあまり気持ちの良いものではない。

3

(右上が吸血前、左下が吸血後のヤマビル)

彼らの主な獲物は、ニホンジカ・ニホンイノシシ・ニホンカモシカ・ニホンツキノワグマ・ニホンザルなどの血液であるとされており、特にシカの多い地域ではヤマビルも多数棲息している場合が多い。

そして勿論、ヒトも彼らの獲物のひとつとなる。

と言いつつ私の仲間の一人が調査した結果によると、「ヒトから吸血した個体は、その後の死亡率が高い(凡そ60~70%くらいが死亡)」というデータが出ているようだ。

むうう。色々とイケナイものを食べたり飲んだりしているものだから、それだけ血液の質もよろしくないのかもしれないな、人間たち。

確かに私たちの血を吸ったヤマビルを数匹飼育観察してみたことがあるのだが、しばらくしたら全部死んじゃったもんなあ。

 

普段は落葉の下などでじっとしているのだが、そこに獲物が通り掛かると急に忙しなく動き始めてグルングルンと頭部を回転させてその獲物の位置を探り当て接触を試みる。接触に成功するとすぐに取りついて吸血を開始する。中には、わざわざ樹上で待ち伏せをして、真下を通る獲物目がけてフライングボディアタック的に落下して取りつく輩もいるので、足下だけではなくて頭上にも気を配らねばならず、本当に油断ならない。

この時に驚かされるのは、ちゃんと太い血管の通っている場所を正確に探り当て、そこに喰らいつくことである。実際に私、自分の足を生け贄にして試したことがあるのだが、何度やってもちゃんと血管のある位置をピンポイントで狙ってくるのだ。

彼らヤマビルには目がない。だから獲物の発する二酸化炭素や熱、振動などによって獲物の存在を感知していると言われているのだが、獲物の体内の血流の位置までをも正確に感知することができているようなのだ。なんかもう、段々ヤマビルが地球最強なんじゃないかと思えてくるのである。

ヤマビルは、獲物に咬みついた際、まずヒルジンという物質を獲物の体内に注入する。コレは血液の凝固を妨げる役割を持つ物質であり、それによって流血がしばらくの間止まらなくなってしまうのだ。

「なんて迷惑な!」とも思うが、ヤマビルにとっても、吸った先から体内で血液に凝固されてしまっては死んでしまう。だから血液の凝固を妨げる物質の存在は、彼らにとっても非常に大切なポイントなのであるから、まあ仕方がない。

と同時に、ヤマビルの唾液にはモルヒネに似た麻酔成分が含まれていることから、咬まれても痛みや痒みをほとんど感じることはない。

だから前述のように「気がついたら足全体が血だらけ」といったことになり、余計に精神的ショックが大きいのである。

ただし今のところヤマビルを媒介者とした病原体や寄生虫の伝播は報告されていないので、「不快だ!」という心情的な嫌悪感を差し引けば、彼らの存在に大きな危険性を感じる必要はないのである。

まっ、その心情的嫌悪感こそが、ほとんどの人にとってのヤマビルの評価に直結している問題なのだろうけれども……。

 

密かに棲息域を拡大している!?

「私は山に行って自然を満喫したいのに、ヤマビルがいるからままならない! けしからん! ヤマビルなんか一掃するべきだ!」などと声高に訴える人も時々見かけるが、古来、深い山の中などにはヤマビルたちが棲息していたワケで、そこに私たち人間が好き好んで勝手に踏み込んでいくのであるから、まあ多少は血を吸われたりしてしまうのも仕方がない。

文句を言うくらいならば、山に入らなければ良いだけのことだ。山は、そんな一部のエゴイストたちの一方的な自己満足を充足させる為に存在するワケではない。

ところが最近では、町に面した里山や河川、場合によっては町なかの公園など、より人間の生活に密接した地域で見つかることも多くなってきたようだ。コレはちょっと問題だ。

東京都下にある某市の公園などでは、数年前に「近所の園児たちが遊びに来たところ、軒並みヤマビルに吸血されてしまって大変なパニックとなった」という事態も発生した。

前述した通り、ヤマビルに吸血されたところで大きな健康被害などを引き起こす可能性は限りなくゼロに近いのであるが、それでも遊びに来た子どもたちが挙ってダラダラと流血し始めたら、そりゃやっぱり大騒動にはなりますわな。こりゃいかん。

その姿を見てニッコリと微笑んでいられる親は、どこか頭のネジが緩んでしまっているバカなオトナたちか、もしくはヤマビルの生態をよく知っている私たちの同業者くらいである。

ヤマビルが棲息域を拡大しつつある理由のひとつとしては、「増加傾向にあるニホンジカの分布の拡大に伴っている」ということが挙げられる。

ニホンジカなどに取りついていたヤマビルが、人里近くまで来たところでポロリと落ち、その場で産卵することで、その数を徐々に増やしているのであろう。要は、ニホンジカを棲息域拡大の道具として利用し、自身を運ばせているということだ。

ヤマビルが“運び屋”として利用するのは、何もニホンジカばかりではない。人間だって気づかぬうちに運び屋にされてしまっているのであろう。

日帰りで山へハイキングなどに行き、ヤマビルがついていることに気づかずウキウキと下山して、バスに揺られながらの帰路途中、ふと町に出た辺りの公園などでひと休みなどしていた時、その場にポロリとヤマビルが落ちて産卵……、なんてストーリーが充分に考えられるのである。

だから皆さん、町なかへのヤマビルの侵出の原因のほとんどは、恐らく私たち人間に因るものなのだ。ヤマビルを責め立てる前に、まずは山を出る時の我が身を振り返ることが重要となる。自身にヤマビルが密着していないかどうか、よく確かめることが大切だ。

 

ヤマビル対策あれやこれや

では、そんなヤマビルに対抗策はあるのであろうか。

大抵、ヤマビルが多く棲息するような地域に行くと、「ヤマビルに注意!」といった看板などと共に、防除スプレーなどが設置されている。要は塩水なのだけど。

4

また世の中には、「ヤマビルに効く!」とされる防除スプレーなども数多販売されている。

中でも『ヤマビルファイター』などは結構優秀で、愛用者も多い。私はそんな中から、そのネーミングセンスにすっかりヤラれ、『ヒル下がりのジョニー』を愛用していた。

5

木酢液も良く効くと言われているが、コレは臭いがキツくてねえ。
「一日中この臭いをぷんぷんさせている自分がなんかイヤ。だったらヤマビルに喰われた方が良い」との理由で使用を止めてしまった。つうか、一応使ってみたことはあるのだが、思った程に効果があるとも思えなかったのは私だけであろうか……。

そうそう、最近では豆腐のにがり成分からつくられたヤマビル凝固剤『ツカサダウンヒル』も話題となっているようだが、コレはまだ使ったことがないので、その効果の程は判らない。

個人的に最近ハマりつつあるのは、自作のハッカ油スプレーだ。コレはかなり効果がある。しかもヤマビルだけではなく、ヤブカやブヨなどの他の昆虫類避けにもなるので一石二鳥。

人それぞれつくり方の配分量に差異があると思うが、私の場合は以下の通り。

<100mlくらいつくる場合>

◆用意するもの
・ハッカ油(20~30滴)
・無水エタノール(約15ml)
・精製水(水道水でも一応可)(約85ml)
・スプレー容器(100均とかので充分)

◆つくり方
(1)ハッカ油と無水エタノールをよく混ぜる
(2)精製水を足してよく混ぜる
(3)スプレー容器に移し替える


以上。
非常に簡単だ。それぞれの好みで、ハッカ油を入れる量を調整すると良い。

いずれにせよコレらのほとんどは、夏の暑い日などに汗をダラダラ垂らしながら歩き回っていると、すぐに流れ落ちてしまって、頻繁にスプレーをし続けなければならない場合が多く、私のような動物調査を目的として山に入る人間には、少々忙しなくて面倒なところがあるのも確かである。

それでは他に、どのような対策法があるのであろうか。

実は、「もうこれテッパン!」と言える対策法はなかなか見当たらないのだ。

「ストッキングを穿くと良い」「衣類を予め塩水に浸けておいたものを乾かして着用する」など、様々な対策法は語られているのだが、どうしても私は「何もそこまで……」と考えてしまって実践には至らない。

ただでさえ暑い中、分厚い長ズボンの下にストッキングなど穿いて山の中を歩きたくない。つうかそもそもストッキングを穿くという行為自体が、私の中のオトコとしての何かを売り渡してしまうようで抵抗が強い。百歩譲っても、ストッキングはせいぜい被る程度に留めたい。いや、譲ってないから被らないけれども。

だから私としては、もしヤマビルの棲息する山に行くのであれば、「とにかく衣類の中への侵入経路を全て塞げ!」というアナログな対策法を掲げたい。

靴は、できれば長靴にして、ジーンズなどの厚手の長ズボンを中にしっかりと入れた上で、クチのところをしっかりと塞ぐ。見た目にこだわらないのであれば、クチの部分をガムテープでぐるぐる巻きにするのが良い。

またなるべく厚手の長袖の服を着用し、袖口は同じくしっかりと塞ぐ。

そして首元や帽子には上述したハッカ油スプレーなどをしっかりと滲み込ませたタオルなどを巻く。

更には、一時間に1~2回の頻度で、ハッカ油スプレーを全身に向けて噴射する。

ここまでやれば、ある程度の効果を期待できるのではないかと思う。

メチャメチャ蒸れるし暑いので、今度は熱中症とかに気をつけなければならないが……。

 

里中遊歩 facebook 
『里中遊歩イベント情報と野生動物フィールド情報』メールマガジン登録はこちらから

ライター : 里中遊歩

6

東京都東村山市在住。日本野生生物リサーチセンター代表。音楽ディレクター、広告プランナーなどを経て、現在では野生動物の調査の傍ら、著作活動や各講演会における活動、及びメディアへの出演や協力を行なう。主に哺乳類を軸とした動物全般の調査に重点を置いて活動。「日本に棲息する外来種生物」や「東京都内に棲息する動物たち」を中心に調査を行なう。主な著書として、「サトナカがゆく! ~風まかせ動物探索記」(全国農村教育協会)、「絶滅動物調査ファイル(『もしも』の図鑑)」(実業之日本社)など。

【関連記事】
【外来種天国-日本①】外来動物の問題と人間たちの大罪 ■【外来種天国-日本②】ワカケホンセイインコ ■【外来種天国-日本③】~アライグマの可愛らしさに隠された脅威 ■イケメンゴリラたち ■写真集 『シャバーニ!』発売! ■クマに出会った際の逃げ方・対処法 ■危険動物ヤマカガシとの上手な付き合い方 ■ヤマビルの生態と撃退法「ハッカ油」スプレー ■スズメバチに刺されない為の対策&対処法 ■イノシシの知られざる真実と、驚くべき能力 ■ハエをぴしゃりと叩くのが困難な理由とは

ゴリラクリニック対談 堀江貴文×柴田英嗣(アンタッチャブル)篇
【女性にモテない?】胸毛や背毛の悩みは脱毛で解決できます

bnr_skin_thin

男性美容外科ゴリラクリニックTOPへ行くモテ男記事ゴリクリハックのトップへ行く

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ゴリラクリニックdigの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事

堀江x柴田 ゴリラクリニックtwitter ゴリラクリニックTVCM ゴリゴリ日記 ゴリラクリニックTVCM

週間アクセスランキングTOP10

【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話

【信用経済時代】大切なのはお金よりも信用! キングコング西野に学ぶ「えんとつ町のプペル」を32万部売った方法

【激レア】マニアック過ぎィ!!日本屈指の非売品ゲームソフトコレクター「じろのすけ」氏が厳選する非売品ソフトベスト3とは

【ハプバー事件簿】人妻に連れられてハプニングバーに行ったら、期待を裏切らず無事『ハプニング』に遭遇した話

【原価率】回転寿司スシローのネタ原価率を某寿司職人から”外部”リーク! 一部上場記念「スシローうまさ上々祭」のコスパに迫る

【男料理保存版!】神田・東京カオマンガイの門外不出レシピ公開! カオマンガイのプロが語る「究極のカオマンガイ」の作り方 前編

【1話無料】漫画『やれたかも委員会』作者の吉田貴司さんに聞く、やれた「かも」に潜む男たちのリアルな願い(前編)

【殺し屋のマ―ケティング】もしもあなたが「殺し屋」だったら? 売りにくい商材・サービスを売るために大事な7つのこと

【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話

【お肉博士1級】お肉検定に合格した僕が驚いた、食肉に関する衝撃的な事実6つ