ゴリラクリニック
ゴリラ発毛 ゴリラクリニック
メールはこちら
無料電話予約 WEB予約・相談

薄毛と睡眠の関係

睡眠は髪にとって非常に大切な時間です。

ゴリラ発毛は、ゴリラクリニックが提供するAGA(男性型脱毛症)治療です。まずは、AGAとはどういった症状なのか、何が原因なのか、詳しく理解した上で治療方法を検討していきましょう。

薄毛で悩んでいる人は、睡眠不足である傾向が強いようです。髪の毛は、常にストレスにさらされています。日中、外出しているとチリやホコリ、太陽の紫外線、温度や湿度の差など、全て髪の毛の負担となります。これらのダメージを髪の毛は睡眠中に回復しているため、睡眠は髪にとって非常に大切な時間です。

睡眠の役割

髪の毛に限らず、基本的に人間の体は、睡眠をとることで、休息をとり、新たな生命活動のためのエネルギーをたくわえるのです。逆に睡眠が不足すると、体のエネルギー代謝が上手く機能できなくなり、体や髪のダメージが蓄積した状態が続いてしまうのです。このような状態の時、生きる上で必須である器官でない頭皮や髪の毛は、最もエネルギー供給の優先順位が低いとされています。育毛環境の要である、毛母細胞の細胞分裂活動も十分に行えなくなり、発毛不良の状態となってしまうのです。

22時〜2時の間に髪は作られる

一般的に、夜間や就寝中の副交感神経が優位なときに、成長ホルモンが分泌されるため、成長ホルモンを分泌させるためには睡眠(特にノンレム睡眠)が必要なのです。成長ホルモンの分泌は、副交感神経の働きによるものですが、副交感神経は夜10時〜深夜2時の時間帯に最も活発に機能するといわれています。

つまり、成長ホルモンの時間を考えると夜10時~深夜2時の4時間の間というのは、一番髪の毛の生えやすい時間帯なのです。コシとツヤがあり、ふさふさの髪をつくるためには、できる限り成長ホルモンを分泌させる必要があります。上記に書いた夜10〜深夜2時の間に寝ることをめざしたいものですが、仕事をしている人は、これは難しいと思います。

睡眠時間のバラツキも悪影響

しかしながら、今日は朝5時〜昼まで寝ていたり、昨日は昼寝の時間を長くとったなどバラバラの時間帯に寝ることもよくないとされています。人の体は、無意識のうちに生活サイクルを記憶するといわれています。睡眠サイクルがバラバラであると、睡眠時間はきちんとあっても、副交感神経の活動効率が低いため、きちんと成長ホルモンが分泌されないといわれています。

頭皮や髪にきちんと休息を与えて、短期間で髪を増やせるように、規則正しい睡眠習慣を心がけるのが大切です。朝、起きて疲れがとれていない。頭がスッキリしない、眠くて仕方がない人は、睡眠に不満が残るのが寝不足です。

逆に4時間半の睡眠でも、翌朝起きた時にそれらの睡眠の不満が残っていなければ、寝不足とはいえないのです。睡眠にはいってはじめの3時間で、深いノンレム睡眠に入れば疲れた体を修復するための成長ホルモンが大量に分泌されますから、睡眠時間より質の高い睡眠をとることが重要です。

毛髪に良い睡眠のために

短い睡眠時間であっても、抜け毛に影響がないというと気持ちも軽くなるのではないでしょうか。ここで大切な要点をまとめました。

1:毎朝同じ時間に起きること
2:休日は遅くても1時間程度の時間差で起きること
3:朝の光を浴びる事、最低9時までには浴びること
4:寝酒をしないこと。寝入る時間を変えることで睡眠時間を調整する。

一般的に睡眠の周期は90分ですので、睡眠時間は90分丁度の倍数にすることがコツです。本当の意味で睡眠の質を高めるためには、環境も大切です。睡眠薬や睡眠グッズで睡眠の質を高めるのではなく、寝る前の時間を大切にしてみてもいいかもしれません。ベッドの中でいろいろと考えてしまって眠れない人など は、お風呂に長くつかってから就寝することも大切。また、寝る前にパソコンなどの機器をみるとどうしても眠りが浅くなります。忙しい現代人にとって、睡眠時間はどうしても削られがちですので、質を高めて、髪と健康のために調整するようにしてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP