ゴリラクリニック
ゴリラ発毛 ゴリラクリニック
メールはこちら
無料電話予約 WEB予約・相談

市販の発毛剤と服用薬の違い

医師が治療に用いる服用薬と一般的な薄毛治療市販薬の違いは何でしょうか?

ゴリラ発毛は、ゴリラクリニックが提供するAGA(男性型脱毛症)治療です。まずは、AGAとはどういった症状なのか、何が原因なのか、詳しく理解した上で治療方法を検討していきましょう。

AGAの治療をするためには長い時間と、それに向き合う根気が必要になります。しかし、治療を続ければAGAは 徐々に回復に向かうとされます。これは、治らない病気ではないからです。現在も真剣にAGAの治療に向き合う人々に対して、医師が治療に用いる薬があります。

薄毛治療薬「プロペシア」と「ミノキシジル」

AGAに用いられる薬として一番に出てくるのが2種類あります。これは「プロペシア」と「ミノキシジル」という薬です。まずはそれぞれの効能を見ていきましょう。

プロペシア

プロペシアは、育毛剤でありながら錠剤で服用するタイプの薬品です。

プロペシアの効果は育毛サポートするのではなく、髪の毛が抜ける原因を阻害しながら、髪の毛を通常の状態に戻すのです。抜ける原因を無くす事で本来 の増毛を促進させるのです。薄毛の人全員にプロペシアが有効かと言えばそうでもありません。プロペシアで効果がある人は、男性ホルモンの分泌が過剰で異常脱毛が起こっている人を対象としています。男性ホルモンの分泌を抑制する事を最優先に脱毛を防ぐ薬品のため、その他の病気などによる脱毛症には効果が望めません。

ミノキシジル

一方、AGA治療薬としてプロペシアと並ぶ治療薬が「ミノキシジル」と呼ばれるものです。

クリニックが処方する場合はタブレットタイプの服用タイプですが、市販の発毛薬の場合は塗るタイプが主流です。

ミノキシジルを服用すると、毛細血管が広がり、頭皮や髪の毛の血行促進と共に栄養を頭皮全体に浸透します。これにより、育毛を促す効果が期待できるとされています。

AGAの治療は主にこのプロペシアかミノキシジルのどちらか、あるいは併用しての方法となります。頭皮の血流が悪いなどの原因で薄毛になっている人には非常に効果が期待できますが、男性ホルモンの分泌が原因で起こる異常脱毛に対してはミノキシジルは効果を期待できません。
その為、AGAの治療にはプロペシアとミノキシジルの双方が併用されるのです。

処方薬は成分が違う?

クリニックや病院で処方されるAGA治療薬の主要成分と、市販されている発毛薬の主要成分には違いがありません。それでは、なぜ処方薬のほうが良いとされているのでしょうか。それは、薬の摂取方法の違いです。一般的なドラッグストアで販売されている発毛薬は頭皮に塗布することで、有効成分を吸収させます。しかし、クリニックで処方する治療薬は服用薬を処方します。有効成分を体内から吸収するために摂取効率が良いのです。一般薬が決して効果が無いと言うわけではありません。たとえば、リアップX5(大塚製薬)などは効果がでるといわれています。薬局だけでなく、薬剤師が勤務するホームセンターやスーパーでも買えることもできるので便利です。リアップX5は、日本の厚生労働省認定のもので、毛が生える育毛剤として唯一認めた第1類医薬品の商品とされます。リアップの大きな特徴として、ミノキシジルを5%配合しているところです。

市販薬は、手頃感と手に入りやすい点にメリットがあります。

他にも天然のサプリメントに配合されているものもあります。具体的な成分として、ノコギリヤシ種子エキスやオウゴンエキス、ヒオウギエキス、アゼライン 酸、亜鉛などは髪によいとされています。直接塗布するものではありませんが、参考にしてもよいかもしれません。それぞれの薬にはとても優秀な効果がある半面、薬ですので副作用も存在します。

副作用が発症する人も非常に低い確率にはなりますが、一切ないわけではありません。プロペシアであれば性欲減退、勃起機能減退などの副作用が挙げられてい ます。ミノキシジルはその人の体質もありますが、頭皮にかゆみなどを感じる事が報告されています。どのような薬も効果の反面こうした副作用も存在しますので、服用の際にはそこをしっかりと理解したうえで、治療を行うようにしましょう。

PAGE TOP