ゴリラクリニックはAGA薬・薄毛治療専門クリニックです

AGA(薄毛)治療

AGA薬・薄毛治療の無料カウンセリング申し込み

食事と薄毛の関係

食事の内容も抜け毛の理由として見逃せない要因です。偏食による栄養不足や、飲みすぎ食べ過ぎによる内臓器官の酷使などにより、薄毛が発生してしまうことがあります。

髪の抜け毛を止めたり、脱毛症を克服するためには、毎日の正しい食生活がとても大切です。逆に髪によくないものを食べ続けていることが原因で、抜け毛になってしまうこともあるので、抜け毛が気になる人はまず食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

■食べ物と薄毛の関係

髪の毛によい食べ物は,肌にも体にも良いものが多いという驚きの話があります。頭皮と肌はつながっていますので合点がいく話ですよね。基本的に偏った食事 は避け、バランスよく食事をとるようにしましょう。当然、ダイエットなどをしていれば髪の毛にも肌、体にも悪いです。また、食事は意識していないと、どうしても 炭水化物(糖質)や脂質が多くなってしまいます。

そこで、バランスのよい食事をするためには、肉中心から魚・野菜中心の食生活にすることがポイントになります。だからといって、肉類を全くとらないという ことではなく、多くなりがちな肉類は意識的に減らすということが大切です。例えば、1週間で肉中心の食事は週に2回ぐらいにして、夕食を避けて昼食にと る。残りの5日間は、たんぱく質や脂質を魚介類からビタミン・ミネラル・食物繊維を野菜やキノコ・海藻から摂るように習慣づけると実行しやすいと思います。

■髪の毛を作る栄養素

髪の毛はケラチンでできています。爪と同じように髪にもケラチンがあり、これを作るのにアミノ酸が必要となってきます。アミノ酸は広義でいえばたんぱく質 です。たんぱく質には人が生きていくために欠かせない働きがたくさんあります。体の機能を調節する各種ホルモンや酵素、神経伝達物質の構成成分で、体の中でアミノ酸となり、体の組織の原材料となるとされます。

また免疫力を維持・強化することや、治癒力を高めるため、髪のためにもはずせない栄養素です。よく運動をしている方は、高たんぱく質である低脂肪の鶏のサ サミをとる人も多いですが、そればかりを食べていてもNGです。同じ栄養素を補給するのでも、できるだけ多くの食材から摂取するというのがいい食事の仕 方。肉や魚、卵、そして牛乳などの動物性たんぱく質と同時に大豆や豆腐、納豆、味噌などの植物性たんぱく質を上手に組み合わせて補給するとアミノ酸バランスも整えやすくなるのです。

しかしながら、人によってはアトピーなどで,あわない場合は,、あなたにあうもので代用しましょう。お肉やお魚などにもこれらは含まれています。 人間の体にある細胞は常に細胞分裂をしています。その細胞分裂の糧で必要不可欠な栄養素の一つがたんぱく質(アミノ酸)なのです。細胞の一つ一つは足のつ ま先から頭のてっぺんの髪の毛一本一本に至るまで、すべてたんぱく質で出来ています。とても重要な成分なので厳しい食事制限などをしないで、バランスよく たんぱく質を摂取することが大切です。

また、ビタミン・ミネラルも必要です。フルーツや野菜などには、ビタミンはAやB、Cなど13種類、ミネラルは、ナトリウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛 などなどが含まれています。ビタミン類は、糖質、脂質、たんぱく質の3大栄養素の働きをスムーズにする潤滑油のような栄養素であり、体調を整えることや、 神経や筋肉などの働きもスムーズにする働きもあります。直接的に髪に関係がなくても、ビタミン類がないと、正常に働かないので、ぜひ食習慣にプラスしましょう。

また見逃せないのが、ほとんどのビタミンやミネラルは体内でつくることができないため、少量でよいのですが確実に摂取するようにしましょう。この事からも分かる様に食事がいかに髪の毛に重要であると言う事が分かると思います。

▲ このページのトップに戻る

まずはトライアルしてみませんか? フリーダイヤル0120-963-866  営業時間:年中無休 午前11時〜午後8時まで メールでのお申し込みはこちら ※ご来院時に簡単なアンケートにご協力頂くことでカウンセリング料3,150円が無料となります。ご注意ください。