ゴリラクリニックはAGA薬・薄毛治療専門クリニックです

AGA(薄毛)治療

AGA薬・薄毛治療の無料カウンセリング申し込み

AGA(エージーエー)と他脱毛症

AGAの一般的な症状としては、だんだんと額が後退し、頭頂部が薄くなるなどの症状が起こってくることが特徴です。このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女に脱毛の症状が現れるといわれています。 AGAには特徴的な脱毛パターンがあるとされ、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛へと進行していきます。発症年齢や進行は個人差があるとされますが、早い方では、10代で症状が現れることもあるとされます。



■AGA以外の脱毛症とは

AGA以外にも脱毛症があります。これらの脱毛症は、AGAの脱毛原因とは異なるため、治療法も異なります。判断がつかない場合は、医師に相談することをお勧めします。



■圧迫性脱毛症

圧迫性脱毛症(機械的脱毛症)とは、帽子やヘルメットによる脱毛によるとされています。これは、帽子やヘルメットなどを長時間かぶる事による圧迫などで、外的な要因が原因となって起こる脱毛症のことです。機械的脱毛症とも呼ばれています。圧迫性による脱毛は男性型脱毛症と同じく、頭頂部や前頭 部から始まるケースが多いとされています。



■円形脱毛症

次に一度は耳にしたことや、実際に経験された方もいらっしゃるかと思いますが、円形脱毛症です。この原因は、はっきりしたことはわかっていません。家族内発生が多いとされ、いわゆる子供(一卵性双生児)に約5割の発症が見られることから遺伝的な要因が考えられています。一方で、ステロイドが治療薬として有効なことから、自己免疫の一つとして考えられています。



■神経性脱毛症

神経性脱毛症とは、ストレスが多い人で精神的なものが影響して起こる脱毛症の事で、別名、ストレス性脱毛症とも呼ばれ ています。比較的新しい脱毛症の分類の一つとされ、神経性の血管障害ともいわれています。食生活やライフスタイルの不摂生などが重なってしまうと、症状が悪化してしまう可能性があります。



■脂漏性脱毛症

頭皮に多くのフケが発生することで引き起こされる脱毛症といわれ、人間の皮膚に存在するマラセチア菌という真菌 (カビの一種)の増殖が原因です。皮脂の過剰分泌によりマラセチア菌は、余分な皮脂をエサにして増殖するとされ、この菌が増殖すると頭皮にフケやかゆみな どの症状が出ます。さらに悪化すると毛穴がふさがってしまい、毛根部分が炎症を起こし、脱毛が始まります。



■粃糠(ひこう)性脱毛症

フケが原因で毛穴が詰まってしまい髪の毛の成長が妨げられる症状のことを指しています。発症の原因や抜け毛に至るプロセスは脂漏性脱毛症とよく似ており、場合によってはそれらが複合的に発症するケースもあります。ただ、脂漏性脱毛症と 粃糠性脱毛症のはっきりとした違いは、前者が過剰な皮脂の分泌によるものに対し、後者は頭皮の角質の異常により、角質が剥がれ落ち、大量のフケをともなう といったところにあります。粃糠性脱毛症はフケがカサブタのようになり、毛穴を塞いでしまうほど大量のフケが異常発生してしまう疾病ですので、非常に珍しいタイプとされています。



■その他脱毛症

他にも脱毛を誘発する薬剤の副作用として、抗ガン剤やインターフェロンなど薬剤などにより起こる脱毛症です。また、極端に短期間で広範囲におよんで脱毛す ることがあります。脂漏性脱毛症が酷くなると脂漏性皮膚炎に繋がってくることは間違いありませんが、他の部位の脂漏性皮膚炎とは違い、その根本原因がホルモンの作用によるものだけでないように思います。



▲ このページのトップに戻る

まずはトライアルしてみませんか? フリーダイヤル0120-963-866  営業時間:年中無休 午前11時〜午後8時まで メールでのお申し込みはこちら ※ご来院時に簡単なアンケートにご協力頂くことでカウンセリング料3,150円が無料となります。ご注意ください。